« 住友化学の技術とUCLAの研究、有機薄膜太陽電池の変換効率10.6%を達成 | トップページ | 首都圏生活クラブ4生協、発送電の分離、再生可能エネルギーの優先接続、市民が電気の種類を選択できるしくみへの転換などを求め、国に意見書を提出 »

ソーラーリザーブ SolarReserve、ネバダ州で建設中の110MW太陽熱発電所用の高さ162mの中心塔をお披露目

 米太陽熱発電のベンチャー、ソーラーリザーブ SolarReserveは、ネバダ州で建設中の110MW太陽熱発電所用の高さ162mの中心塔をお披露目しました。この大型集熱式の太陽熱発電所の正式名称は、Crescent Dunes Solar Energy Plantです。ネバダ州のTonopahで2011年の9月に工事が開始されました。今回、完成した高さ162mは、これから配置される太陽を追尾する自動制御された鏡、1000にもおよぶヘリオスタットによって集められた太陽のエネルギーが集められる重要な施設です。この大型太陽熱発電所の最大のメリットは、得られた熱を貯蔵できる溶融塩エネルギー貯蔵設備を備えていることです。集められた熱は、すべて溶融塩に集め、熱交換システムを経て適宜蒸気をつくり発電タービンを回転させることができます。この循環により、安定した発電が可能になります。完成予定は、2013年末です。

完成すれば、世界一の規模であることは間違いなさそうです。鏡で太陽のエネルギーをタワーの一点に集める姿はきっと輝いていることでしょう。

 ソーラーリザーブ SolarReserve社は、2007年より全世界で25以上3000MWに達する集熱型太陽熱発電の提案を行い、1990年には、10MWのパイロットプラントを運用、その成果を受けて、世界中で太陽熱発電を展開しようとしています。すでに、1000MW程度の規模での集光型太陽熱発電 CSP のプロジェクトを運営する世界屈指の太陽エネルギー会社となっています。太陽光発電も1100MW程度手がけているということです。

プレスリリース / SolarReserve, Feb. 9, 2012
SOLARRESERVE REACHES MAJOR CONSTRUCTION MILESTONE IN COMPLETING TOWER FOR WORLD’S LARGEST MOLTEN SALT SOLAR TOWER PLANT

Solarreserve
-----image : 同リリースの動画より
SolarReserve Tower Completion Movie

(SolarReserveTV,2012/02/09)

" Nevada project represents leading solar thermal technology worldwide - integrated energy storage provides predictable and zero-emissions electricity day or night to meet peak demands

a U.S. developer of large-scale solar power projects, today announced completion of the 540-foot solar power tower for its 110 megawatt (MW) Crescent Dunes Solar Energy Plant located near Tonopah, Nev. Utilizing the most advanced solar thermal technology worldwide, the Crescent Dunes Plant will be the nation’s first commercial-scale solar power facility with fully integrated energy storage and the largest power plant of its kind in the world.

“Completion of the solar power tower is a significant milestone not only for SolarReserve and our plant, but also for the solar energy industry as a whole. This project is on track to bring American innovation to fruition and is already creating jobs,” said Kevin Smith, CEO of SolarReserve. “Our U.S.-developed technology has the ability to store energy for 10-15 hours and solves the issue of intermittent power generation to the grid, the number one limitation to other solar and wind renewable energy technologies. We can deliver electricity ‘on demand’ the same way a coal, natural gas or nuclear fueled plant does ? but without emitting any harmful pollution or hazardous materials ? providing a genuine alternative to conventional power generation.”

The flagship project is jointly owned by SolarReserve, ACS Cobra, a worldwide leader in the engineering and construction of power plants and solar thermal facilities, and Santander, a global financial services and banking leader. ACS Cobra’s Nevada-based affiliate, Cobra Thermosolar Plants Inc., is the general contractor for the project and is utilizing Nevada and regional subcontractors to perform the work.
...........
Construction of the facility began in September of 2011 and currently has over 100 workers on site. More than 70 percent of the construction workers are local Nevadans and 80 percent of the subcontractors are Nevada-based, including union and non-union firms. Construction is expected to peak at more than 600 jobs on site during the 30-month construction period and is estimated to create more than 4,300 direct, indirect and induced jobs at companies throughout the U.S. that provide engineering, equipment supply and manufacturing, transportation and other value-added services. To date, orders for the project have been placed for equipment and services in more than 20 states.
.......... "

関連
SolarReserve / Crescent Dunes

" The Crescent Dunes Solar Energy Project is a 110 MW plant located near Tonopah, Nevada. Once constructed, it will power up to 75,000 homes during peak electricity periods.

Project Overview
110 MW solar thermal power tower plant utilizing the advanced molten salt power tower technology with integrated storage. "

Tonopah Solar Energy
How_to_solar_thermal_plant_works
-----image : 上 - ”How a Solar Thermal Plant Works”、下 - ””。いずれも「Fact Sheet Crescent Dunes」より----Heliostats

World's Biggest Solar Tower Now Complete-----Solar Feed,

・Wikipedia : Crescent Dunes Solar Energy Project

参考動画
SolarReserve Concentrated Solar Power Technology Animation

SolarReserve Concentrated Solar Power Technology Animation

(SolarReserveTV,2012/02/09 )

参考エントリー
集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP) / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2011/01/29

太陽熱発電 / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/15

[ カテゴリー : 太陽熱利用 ]



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« 住友化学の技術とUCLAの研究、有機薄膜太陽電池の変換効率10.6%を達成 | トップページ | 首都圏生活クラブ4生協、発送電の分離、再生可能エネルギーの優先接続、市民が電気の種類を選択できるしくみへの転換などを求め、国に意見書を提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーリザーブ SolarReserve、ネバダ州で建設中の110MW太陽熱発電所用の高さ162mの中心塔をお披露目:

« 住友化学の技術とUCLAの研究、有機薄膜太陽電池の変換効率10.6%を達成 | トップページ | 首都圏生活クラブ4生協、発送電の分離、再生可能エネルギーの優先接続、市民が電気の種類を選択できるしくみへの転換などを求め、国に意見書を提出 »