« JFEエンジニアリング、福島県土湯温泉における温泉バイナリー発電の事業化調査に着手 | トップページ | ヴァーダントパワー Verdant Power、ニューヨークで30基合計1MWの米初の商用潮流発所建設へ »

英Highview Power Storage社の新”蓄電”システム。余剰、再生可能エネルギーで液体空気を製造

 英Highview Power Storage社が、Rushlight Energy Environmental Awardという初めて聞く技術に関する賞を受賞したというニュースを見て、同社のユニークな蓄電方法を知ることになりました。

UK energy storage company picks up awards-----renewableenergyfocus.com,07 February 2012

 同社が開発した電気エネルギーの貯蔵システムは、工業的には確立している技術である、圧縮空気-液体空気を作る技術を利用しています。作られた液体空気は、貯蔵タンクに蓄えられ、必要に応じて気化させ、その爆発的な膨張エネルギーを利用して発電タービンを回転させるというものです。液体空気を製造し、再利用するまでのエネルギー効率は、投入した電力に対して、半分以下となるようですが、確立した技術により安価にシステム全体を運用できるということで、メリットがあるとのことです。(熱回収などを入れた総合効率は、50-70+)
 同社は、より大型のパイロットプラントの運用を始めており今後の展開に英国では期待が集まっているようです。(2t)

Highview Power Storage
/ Cryo Energy System
/ Phase 2: a fully integrated Cryo Energy System

関連
Highview Power Storage - BBC South East Today

(CryoEnergySystem,2012/02/06)

・Wikipedia : Liquid air



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« JFEエンジニアリング、福島県土湯温泉における温泉バイナリー発電の事業化調査に着手 | トップページ | ヴァーダントパワー Verdant Power、ニューヨークで30基合計1MWの米初の商用潮流発所建設へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英Highview Power Storage社の新”蓄電”システム。余剰、再生可能エネルギーで液体空気を製造:

« JFEエンジニアリング、福島県土湯温泉における温泉バイナリー発電の事業化調査に着手 | トップページ | ヴァーダントパワー Verdant Power、ニューヨークで30基合計1MWの米初の商用潮流発所建設へ »