« NTTファシリティーズ、青森県でコンテナ型データセンターの風力発電所由来の電力利用と接外気冷房の実証実験を開始 | トップページ | イーオン E.ON、風力発電による水素製造、いわゆる”R水素”の研究開発を行うと発表 »

三菱重工業、7MWの巨大洋上風力発電機開発のタイムテーブルを発表

 三菱重工業は、アムステルダムで開催されている(11/29-12/1)欧州最大の洋上風車展示会EWEA OFFSHORE 2011で、開発中の7MWの巨大洋上風力発電機を展示し、その開発のタイムテーブルを発表したということです。
 このローターの直径が165mを超える大型風力発電機は、ギアドライブに代えて、世界で初めて風車用油圧トランスミッションを採用、発電機はブラシレス同期発電機。2012年に計画する日本での国内検証の後、2013年に欧州において実証試験を行い、2015年からの商用量産を予定しているとのことです。

 この欧州最大の洋上風車に関するカンファレンスを受けて、主催者のEuropean Wind Energy Association(EWEA)は「Wind In Our Sails - the coming of Europe's offshore wind energy industry」というリポートを発表、現在建設中の洋上風車の見積もりが現行の設備容量4GWの実に4倍以上の17GWに達し、それらが稼動した段階では、ヨーロッパの電気の消費量の実に13%を稼ぐことになるという驚くべき数字をあげているということです。

Report Details Europe's Offshore Wind Ambition-----Renewable Energy World,2011/11/29

 厳しい経済状況や経済危機の中にあり、業界はその有効性と未来の姿を懸命に訴えています。業界の望むように、洋上風車が発展を遂げるなら、おそらく三菱重工業の7MW機にも商機がありそうです。海外の報道によるとこの風車には、すでに名前がついています。SeaAngelだそうです。ヨーロッパと考えると、エンゼルフィッシュというより”海の天使”という語感です。

プレスリリース / 三菱重工業、2011年11月28日
油圧ドライブトレインを採用した世界初の洋上風力発電設備概要を展示 欧州最大の洋上風車展示会EWEA OFFSHORE 2011で

111128
-----image(”三菱重工の洋上風力発電設備イメージ図”) : 同リリースより

" 三菱重工業は、欧州原動機事業統括会社であるMitsubishi Power Systems Europe, Ltd.(MPSE)とともに、開発中の洋上風力発電設備の概要を欧州の展示会で発表・展示する。これまでのギアドライブに代えて、洋上風車用油圧ドライブトレインを導入した最新鋭の洋上設備で、油圧ドライブトレインを採用した大型の洋上風力発電設備は世界で初めてとなる。

【三菱重工の洋上風力発電設備イメージ図】
 新型洋上風力発電設備の概要を展示するのは、29日から12月1日までの3日間、オランダの首都アムステルダムで開催される欧州最大の洋上風車展示会EWEA OFFSHORE 2011(European Wind Energy Association)。当社が開発中の洋上設備の概要を発表・展示するのは、この展示会が初めて。

 展示する洋上風力発電設備は出力7,000kWクラス。ドライブトレインに油圧トランスミッションを採用したのが特徴で、ローター径は165m超。

 当社とMPSEは2010年11月、英国の開発ベンチャーであるアルテミス社(Artemis Intelligent Power, Ltd.)を買収、同社の保有する優れた油圧トランスミッション技術を駆使して洋上風車用油圧ドライブトレインの開発に取り組むとともに、翼を含めた新型設備を現在開発中。
 今後、2012年に計画する国内検証の後、2013年に欧州において実証試験を行い、2015年からの商用量産を予定している。

EWEA OFFSHORE 2011には、洋上風車関連の事業者、電力会社、製造者、工事・輸送など関係者多数の出席が見込まれているが、当社とMPSEはこの場を利用して開発中の洋上設備の優れた特徴を広く訴え、英国を含む欧州での今後の商談に繋げていく方針。

111128p
-----image(”油圧ドライブトレインのイメージ図”) : 同リリースより

新型洋上風力発電設備の主な仕様

出力 7,000kWクラス
ローター径 165m超
Wind class IEC-Class S
ドライブシステム 油圧トランスミッション
発電機 ブラシレス同期発電機
インバーター 不要
.......... "

関連
EWEA OFFSHORE 2011: Moving ahead of the energy curve

Mitsubishi Power Systems Europe / Offshore Wind
- SeaAngel

"..........
Technical Specification

Rated Output: 7MW Class
RotorDiameter: Over 165m
Wind Class: IEC-Class S
Drive System: Hydraulic transmission system
Generator: Brushless synchronous generator
Inverter: Not required
More details are available in our SeaAngel Media Library

SeaAngelBrochure (6.1Mb download)

Artemis Brochure (3Mb download)
.......... "

三菱重工業 : 風力発電プラント

European Wind Energy Association - Wind In Our Sails - the coming of Europe's offshore wind energy industry(PDF.A4版p.90)-----New report available
Wind_in_our_sails
-----image : 「Wind In Our Sails」カバー


追加情報
三菱重工、7MWkW級の最新型の風力発電機開発に向けて、世界初の油圧ドライブトレインを開発-----ソフトエネルギー、2013/01/29


コメント続き

 さて、この三菱重工業製7MWの巨大洋上風力発電機開発の開発テーブルですが、2012年に計画する日本での国内検証とあります。どこに建設されるのか、今回の第三次補正の枠内での実現と考えられるタイミングです。となれば、福島沖ですかね、、、、

 三菱重工は、今年の1月に英国の開発エンジニアリング企業であるアルテミス社(Artemis Intelligent Power, Ltd.)の全株式を取得しています。同社が保有する独創的な油圧ドライブ技術を取得し、活発化する超大型洋上風車開発参画への足がかりとするためでした。

三菱重工、英国のベンチャーアルテミス社を買収。活発化する超大型洋上風車開発 Round 3 Project への足がかり-----ソフトエネルギー、2011/01/07

 こうなると、タイムテーブルの2013年に欧州において実証試験を行い、2015年からの商用量産を予定という日本の風車開発の進み方からすると飛躍的ともいえる今回の大型風力発電機開発は、入念な準備の上で、欧州市場での展開を狙ったものであることがわかります。そして、3.11の大震災と福島第一原子力発電所事故を承て、その開発が活発化したことにより、2020年、2030年といった、洋上風力発電機開発の世界の潮流へ、合流する機会が生まれたと考えられます。
 日本は、資源、暮らし、エネルギー、そして安全。いずれをとっても難しい状況にあります。その中で、大企業も小さな事業者も個人も、新しい文脈をつかむために動くチャンスがきていると思います。(2t)

参考エントリー
三菱重工、米アーカンソーで2.4MWの主力大型風力発電機のナセル(塔頂発電部)工場着工。生産開始は2011年秋-----ソフトエネルギー、2010年10月13日

-----Google GreenPost関連サイト横断検索 : 三菱重工業-----

お勧めエントリー
COP17で、GWEC 世界風力エネルギー協会は、気候変動問題における風力発電の実績をアピール。さらなる加速を訴えた-----しなやかな技術研究会、2011/12/02


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311

greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« NTTファシリティーズ、青森県でコンテナ型データセンターの風力発電所由来の電力利用と接外気冷房の実証実験を開始 | トップページ | イーオン E.ON、風力発電による水素製造、いわゆる”R水素”の研究開発を行うと発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/53382740

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱重工業、7MWの巨大洋上風力発電機開発のタイムテーブルを発表:

« NTTファシリティーズ、青森県でコンテナ型データセンターの風力発電所由来の電力利用と接外気冷房の実証実験を開始 | トップページ | イーオン E.ON、風力発電による水素製造、いわゆる”R水素”の研究開発を行うと発表 »