« 電源開発、NEDOと北九州市で洋上風力発電システムの実証共同研究事業を実施 | トップページ | 物質・材料研究機構、新規材料(増感促進剤)の開発により色素増感太陽電池で世界最高効率を5年ぶりに更新。変換効率11.4% »

オランダのBlue H Group Technologies 、2008年に世界初のフローティング(浮体式)風力発電機を洋上実験

 世界初のフローティング 浮体式風力発電は、2009年9月から実証運転されたノルウェー沖のシーメンス 2.3MW機を採用したHywindプロジェクトだと考えていましたが、それより1年ほど前に、イタリアでBlue H(オランダ)が行った洋上実験が世界初だったようです。

ノルウェー Hywindプロジェクト -浮体式洋上風力発電 Floating wind turbine-----自然エネルギー、2010/12/22

Bilde 
-----image(”World's First Floating Wind Turbine Blue H Technologies BV”) : Photo courtesy Blue H

" A floating wind turbine deployed off the coast of southern Italy by offshore, deep water wind power developer Blue H Technologies. Blue H's subsidiary, Blue H USA, LLC has a floating wind farm off the coast of Massachusetts. "

 具体的には、2007年に南イタリアの海岸から21.3km沖合いの水深113mの場所にフローティング 浮体式風力発電機を設置し、実験を行い。現在は、フェーズ2に入り、Blue H独自の浮体式風力発電機用のプラットフォーム Submerged Deepwater Platform (SDP) の開発に入っているようです。さらに、計画通りに進めば同海域に3.5MWの風力発電機26基からなる92MWのTricase洋上風力発電所の建設計画を進める方針のようです。

関連
Blue H / Blue H - Products - Phase 1

" As proof of concept, Blue H built and successfully launched into the water towards the end of 2007 a large-scale 75% size prototype SDP. In the summer of 2008 this was installed along with a small wind turbine in 113 meter deep water at a distance of 11.5 nautical miles (21.3 km) off the coast of Southern Italy,..... "

Phase1
-----image : 上記サイトより

/ Phase 2
/ Phase 3

4coffshore.com : Tricase

The Wind Power : Tricase windfarm (Italy)

First floating turbine-----Wind Power Monthly,01 January 2008

" The first large scale prototype of a floating wind turbine was due to be installed last month ten miles off the coast of southern Italy. Dutch firm Blue H Technologies BV says the water depth at the site for its tension-legged wind energy converter is 108 metres. The lightweight tower and 2 MW two-blade turbine, made in Italy, are designed specifically for deep sea use and will be mounted on a submerged deepwater platform. The... "

Float on: Floating offshore wind opens up the deep-----Renewable Energy World,2008/04/24

参考
BLUE H: nuovo prototipo

(http://youtu.be/mqu-C66oL5I,2008/03/31)

BLUE H


(ilmiotg 2007/12/04)

Interior Department Moves Ahead on Offshore Renewable Energy-----EERE News,July 16, 2008

コメント続き
 実は、この計画参加会社のURLへのリンクが切れていたり、情報も更新されていなかったで、実際に洋上風力発電所建設にまでこぎつけるのも結構大変そうな感じなのです。しかし、実際に大規模な実験機を作ったことは確かなので、どこかで実を結ぶことをお祈りしております。(2t)

参考
Deep Water Offshore Wind Energy-----True Progress,JUNE 9TH, 2008

Offshore Energy and Minerals Management (OEMM) : Renewable Energy / Technology Assessment & Research (TA&R) Project Categories - Renewable Energy Research (REnR) / 669 Floating Wind Turbines - Floating Wind Turbines Contract M11PC00004 TA&R Project 669(May 2011,PDF)

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/24




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« 電源開発、NEDOと北九州市で洋上風力発電システムの実証共同研究事業を実施 | トップページ | 物質・材料研究機構、新規材料(増感促進剤)の開発により色素増感太陽電池で世界最高効率を5年ぶりに更新。変換効率11.4% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/52597695

この記事へのトラックバック一覧です: オランダのBlue H Group Technologies 、2008年に世界初のフローティング(浮体式)風力発電機を洋上実験:

« 電源開発、NEDOと北九州市で洋上風力発電システムの実証共同研究事業を実施 | トップページ | 物質・材料研究機構、新規材料(増感促進剤)の開発により色素増感太陽電池で世界最高効率を5年ぶりに更新。変換効率11.4% »