« 北海道電力、1MWpの太陽光発電所、伊達ソーラー発電所の営業運転を開始 | トップページ | 大阪ガスグループ、日本風力開発から由良風力発電所を取得 »

IEA、再生可能エネルギーの導入可能性と市場および送電網の各国評価を発表。実現可能性への評価を高めた

 国際エネルギー機関 International Energy Agency(IEA)は、再生可能エネルギーの導入可能性と市場および送電網の各国評価を発表。今回発表されたリポートは、「Harnessing Variable Renewables」で、意訳しちゃうと”再生可能エネルギーを乗りこなせ”的な意味が含まれている。素直に訳せば、「自然条件で変動する再生可能エネルギーを効率的に利用する」かな。
 太陽光や風力などの再生可能エネルギーは、これまでは自然条件により発電量が変化することで、マイナスとされてきたば、気象の予報と日々の需給予想などの総合的な分析技術も進み、ちゃんとできる国ならば信頼できる発電ソースとしての価値を高めているところです。
 IEAは、「世界エネルギー展望 World Energy Outlook 2011 」の中で、気候変動およびエネルギー(ピークオイル)対策として2035年までに世界の電力供給の45%を再生可能エネルギーで賄うことが必要と分析しています。ただ、これまで国際エネルギー機関(IEA)は、その再生可能エネルギーの評価には慎重だったような気がします。理由は、再生可能エネルギーの変動、日和見性です。

 そして、今回のこのリポートでは、再生可能エネルギーにおける、自然エネルギーを利用するということで発生する出力変動は、電力システムの柔軟性や情報統合能力により向上させることができるとしました。電力システムや市場が適切に整備されれば、再生可能エネルギーの導入拡大は十分実現可能だとの分析です。

 しかし残念なことに、日本人が3.11の大震災以降、原子力発電だけでなく、日本の電力にかかわる全体に対していだくことになった不信感は、さらにこのリポートでも裏付けられる結果になりました。

日本の送電網「低い柔軟性」 自然エネルギーへの対応、最低水準-----MSN産経ニュース、2011.5.27

" IEAは報告書の中で、8つの主要先進国・地域の電力市場を評価。風力や太陽光など変動の大きい再生可能エネルギーについて、将来達成可能な電力全体に占める割合は日本が最も低く、19%と試算した。 "

 もっとも柔軟性が高かったのがデンマークで63%です。日本が柔軟でない理由は、化石燃料と原子力発電への依存が高かったことによるようです。日本の電力の安定、品質は最高クラスといわれて久しいですが、世界が再生可能エネルギーにシフトしようとする段階に来て、その評価は180度変わったものにもなりうるということです。

 このあたりの分析については、もう少し方法やら、考え方を知りたいところです。さらに、読み進めたいと思います。

 ただ、その日本でさえ、19%も導入の可能性があるということなのです。そこがポイントです。

Vre_deployment_potentials_today_fro
-----image(”
Figure ES.2- VRE deployment potentials today from the balancing perspective”) : 「Harnessing Variable Renewables-Summary」より

プレスリリース / International Energy Agency (IEA),24 May 2011
Challenges of using ‘variable’ renewables in power systems are surmountable, IEA report says Analysis of eight case studies shows that greater technical potential exists than is commonly assumed

Harness_renewables
-----image : 「Harnessing Variable Renewables-Summary」カバー

" A new book from the International Energy Agency (IEA), Harnessing Variable Renewables: a Guide to the Balancing Challenge, presents a novel method of assessing the resources needed to balance supply and demand in power systems with large shares of ‘variable’ renewables, such as solar photovoltaic, wind and tidal energy. The report, which features case studies of eight geographic regions with sharply different power attributes, shows that there is a greater technical potential for balancing variable renewable energy output than is commonly assumed.

Wind and solar energy have been growing at double-digit rates for at least five years - a trend that must continue if a more secure, diverse and sustainable energy mix is to be achieved. The IEA World Energy Outlook, for example, foresees that 45% of global electricity supply will need to come from renewable sources by 2035 if the level of carbon dioxide in the atmosphere is to be limited to 450 parts per million ? roughly consistent with a global temperature rise of no more than 2 degrees C. Under this scenario, around 17% of electricity would need to come from variable renewables, up from 1% in 2008.

But this raises a host of important challenges, particularly because of the uncertainties that are inherent in variable electricity supply. How can such large shares of variable electricity best be integrated without jeopardising the stability of existing power systems? What is the maximum share of electricity that can come from variable sources?

The answer to these questions is that it depends on the flexibility of the power system in question. The new IEA book provides a tool to assess this flexibility, and in the process serves to reassure policy makers that the challenges of integrating large shares of variable renewables in power systems are far from insurmountable.

Assessing flexible resources

Harnessing Variable Renewables: a Guide to the Balancing Challenge lays out a four-step method for assessing existing flexible resources, which can then be used to balance increasingly variable supply and demand. Step one of this Flexibility Assessment (FAST) method assesses the ability of the different flexible resources to change their production or consumption; step two examines the aspects of the power system that will constrain them from doing so; step three calculates the maximum requirement for flexibility of a given system resulting from fluctuating demand and output from wind plants and the like; and step four identifies how much more variability can be balanced with existing flexible resources.

The book features eight case studies in which the FAST Method is applied to eight geographic areas with very different characteristics. The resulting analysis shows that each region has the technical resources to balance large shares of variable renewable energy.

Potentials range from 19% in the least flexible area assessed (Japan) to 63% in the most flexible area (Denmark). The IEA also assessed the resources of the British Isles (Great Britain and Ireland together), 31%; the Iberian Peninsula (Spain and Portugal together), 27%; Mexico, 29%; the Nordic Power Market (Denmark, Finland, Norway and Sweden), 48%; the Western Interconnection of the United States, 45%; and the area operated by the New Brunswick System Operator in Eastern Canada, 37%.
.......... "

関連
IEA Publications Bookshop : Harnessing Variable Renewables
 -Summary(PDF)
Figure_1_variable_renewable_energy_
-----image(”Figure 1 -Variable renewable energy shares in ETP BLUE Scenarios, 2050”) :「Harnessing Variable Renewables-Summary」より

IEA : World Energy Outlook 2011

IEA: Wind and Solar Intermittency NOT a Big Deal!-----CleanTechnica,June 1, 2011

A 'Big Thumbs Up' for Renewable Energy?-----nytimes.com,June 3, 2011

コメント続き

 それにしても再生可能エネルギーの導入可能性に関する柔軟性評価で、1位63%スウェーデン、2位48% ノルディックマーケット、3位45%西部アメリカ、4位37%カナダのNBSOエリア、5位31位イギリスとアイルランドまでは納得できますが、6位メキシコ29%はびっくりです。7位27%にスペインとポルトガル。そして8位が19%日本です。それぞれの国の歴史、電力をめぐる事情、そして政策努力が反映してのことでしょうが、ドイツ、フランス、スイスなどのデーターがないことに驚きました。(本原稿にはあるのでしょうか?)

 欲意的に考えると、日本をわざわざこの位置で分析に加えたのは、いや加えてくれたのは、日本の未来、再生可能エネルギーを選ぶ未来へ、エールを送ってくれたのかもしれないなどと、考えました。どうでしょうか? 田中さん?(2t)

参考エントリー
大いなる転換点(脱炭素社会へ) / クリッピング Our World 2.0-----しなやかな技術研究会、2010/11/16
" World Energy Outlook 2010 "

IEA、太陽電池(PV)と集光型太陽光発電システム(CSP)により、2050年には世界の20-25%の電力を得ることができるという試算を公開-----ソフトエネルギー、2010/06/23

IEA、World Energy Outlook 2009の先行梗概判をリリース。金融危機のエネルギーセクターへの影響と中国の”ようす”-----しなやかな技術研究会、2009/10/09

MEMO
コラム 十市勉の『資源Wars』 : 再生可能エネルギーへの期待[前編]IEAシナリオが導き出した再生可能エネルギーの重要性-----ECO JAPAN,2008年6月26日

日本記者クラブ : 2010年11月15日 国際エネルギー機関(IEA)事務局長 田中伸男 世界エネルギー展望2010について

IEA Publications Bookshop : Harnessing Variable Renewables

" A Guide to the Balancing Challenge, 200 pages, ISBN 978-92-64-11138-7, paper -100, PDF-80 (2011)
Type: Studies
Subject: Electricity ; Energy Market Reform ; Renewable Energy ; Energy Security
Power systems must be actively managed to maintain a steady balance between supply and demand. This is already a complex task as demand varies continually. But what happens when supply becomes more variable and less certain, as with some renewable sources of electricity like wind and solar PV that fluctuate with the weather? To what extent can the resources that help power systems cope with the challenge of variability in demand also be applied to variability of supply? How large are these resources? And what share of electricity supply from variable renewables can they make possible?

There is no one-size-fits-all answer. The ways electricity is produced, transported and consumed around the world exhibit great diversity. Grids can cross borders, requiring co-ordinated international policy, or can be distinct within a single country or region. And whether found in dispatchable power plants, storage facilities, interconnections for trade or on the demand side, the flexible resource that ensures the provision of reliable power in the face of uncertainty likewise differs enormously.

Written for decision makers, Harnessing Variable Renewables: a Guide to the Balancing Challenge sheds light on managing power systems with large shares of variable renewables. It presents a new, step-by-step approach developed by the IEA to assess the flexibility of power systems, which identifies the already present resources that could help meet the twin challenges of variability and uncertainty.
Illustrations:
......... "

本日のおすすめエントリー
三菱自動車 Mitsubishi Motors UK、ロンドン市のEV都市計画 Source Londonに参加-----しなやかな技術研究会、2011/06/09



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« 北海道電力、1MWpの太陽光発電所、伊達ソーラー発電所の営業運転を開始 | トップページ | 大阪ガスグループ、日本風力開発から由良風力発電所を取得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IEA、再生可能エネルギーの導入可能性と市場および送電網の各国評価を発表。実現可能性への評価を高めた:

« 北海道電力、1MWpの太陽光発電所、伊達ソーラー発電所の営業運転を開始 | トップページ | 大阪ガスグループ、日本風力開発から由良風力発電所を取得 »