« 分子科学研究所、真空蒸着法の新手法を開発。より効率よい有機薄膜太陽電池と有機トランジスタの開発に道 | トップページ | 米国電気電子学会(IEEE)、太陽光発電の化石燃料代替エネルギーとしての次10年の発展と、高い将来性を評価 »

アベンゴア Abengoa、メキシコ Agua Prieta に12MWの太陽熱発電所(CSP)を含むガス火力発電の複合発電 ISCC 建設へ

 スペインのアベンゴア Abengoa社は、メキシコのアグアプリエタ Agua Prieta に、12MWのパラボラ型トラフ式太陽熱発電所(CSP)を建設する計画をメキシコ政府と合意、22ヶ月の工期により2013年の完成を目指すと発表しました。さらに第二段階の計画として、アベンゴア Abengoa社は、ガス火力発電所を建設し、合計464.4MWの太陽熱&ガス火力の複合発電施設を建設するということです。

 太陽熱&ガス火力発電の複合発電は、Integrated Solar Combined Cycle (ISCC)と呼ばれ、パラボラ型トラフ式太陽熱発電所以外にもタワー式太陽熱発電と組み合わせることも可能だということです。アベンゴア Abengoa社の太陽熱とガス火力発電の複合発電 ISCC 発電は、これまでにモロッコ(470MW ISCC)アルジェリア(150 MW ISCC)で実績があり、今回のメキシコで三番目となります。

プレスリリース / Abengoa,June 9, 2011
Abengoa to develop concentrated solar power (CSP) plant in Agua Prieta, Mexico

" ・This will be the first hybrid solar-gas plant in Mexico, integrated with a combined cycle plant.

Abengoa, the international company that develops innovative technology solutions for sustainable development in the energy and environment sectors, is to develop the new solar field of the Agua Prieta II plant located in the town of Agua Prieta, in the state of Sonora, Mexico.

The project, the first in Mexico, has been promoted by the Mexican Federal Electricity Commission (CFE) and supported by the Global Environment Facility (GEF) of the United Nations’ Development Program. It is expected to come into operation within approximately 22 months.

Abengoa will carry out the engineering, design and start-up of the innovative solar-gas hybrid technology in the new Agua Prieta II concentrated solar power (CSP) plant, comprised of a 12 MW solar field of parabolic trough collectors.

The second phase of the project will be completed with a combined cycle plant capable of producing up to 464.4 MW of power, which will comprise two gas turbines, one steam turbine, a heat exchanger; cooling, condensing and power systems; and auxiliary equipment and systems.

The Agua Prieta II CSP plant is the first hybrid solar-gas plant in Mexico and the third that Abengoa has undertaken in the world. The first two, located in Morocco (470 MW) and Algeria (150 MW), are already in service and are the first and the largest plants to use Integrated Solar Combined Cycle (ISCC) technology.

This new project consolidates Abengoa’s position in developing efficient technologies in the environment and energy sectors, and as a leader in the design and management of CSP plants in Mexico, where the firm has been implementing innovative and sustainable solutions since 1979.

.......... "-----Concentrating Solar Power

関連
Abengoa to Develop Mexico’s First Solar-Thermal Power Plant in Agua Prieta-----bloomberg.com,2011-06-09

Abengoa Solar / ISCC Plants
/ ISCC (Integrated Solar Combined Cycle)
Tec13
-----image: 上記サイトより

Abengoa Solar

(AbengoaSolarSA)

Wikipedia : Agua Prieta / 3.1 Proyecto Termico Solar Agua Prieta II

Abengoa selected by the Federal Electricity Commission to develop an electricity generation plant in Baja California, Mexico-----Abengoa,June 16, 2011

Wikipedia : 太陽熱発電

コメント続き

 赤道直下の国々で太陽のエネルギーの利用が広がっています。とはいえ、本格的な評価はこれからです。さらに拡大するには、まだまだ工夫が必要です。とはいえ、世界の取り組みの活発さには刺激されます。(2t)

太陽熱発電 / 自然エネルギーの世界

参考エントリー
米エネルギー省、アベンゴア・ソーラー Abengoa Solarの世界最大規模250MW太陽熱発電所 Solana 建設計画に融資保証、建設へ!-----ソフトエネルギー、2011/01/11

アベンゴアソーラー Abengoa Solar、マスダール Masdarと中東地域最大となる太陽熱発電施設 Shams -1 建設の共同開発へ-----ソフトエネルギー、2010/06/18

伊藤忠商事、スペインのアベンゴア・ソーラー Abengoa Solar とLogrosanに50MWの太陽熱発電所2基を建設へ-----ソフトエネルギー、2010/12/21

日揮、スペインのアベンゴア・ソーラー Abengoa Solar と共同でCordobaに50MWの太陽熱発電所2基を建設へ-----ソフトエネルギー、2010/09/08

集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP) / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2011/01/29

-----GreenPostサイト横断検索 : Abengoa-----



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





・東北関東大震災、福島原子力発電所事故対応サイト : crisis311 #disaster_kit311


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« 分子科学研究所、真空蒸着法の新手法を開発。より効率よい有機薄膜太陽電池と有機トランジスタの開発に道 | トップページ | 米国電気電子学会(IEEE)、太陽光発電の化石燃料代替エネルギーとしての次10年の発展と、高い将来性を評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベンゴア Abengoa、メキシコ Agua Prieta に12MWの太陽熱発電所(CSP)を含むガス火力発電の複合発電 ISCC 建設へ:

« 分子科学研究所、真空蒸着法の新手法を開発。より効率よい有機薄膜太陽電池と有機トランジスタの開発に道 | トップページ | 米国電気電子学会(IEEE)、太陽光発電の化石燃料代替エネルギーとしての次10年の発展と、高い将来性を評価 »