« JR東日本、東京駅のホームの屋根に435kWpの太陽電池を設置。進むエコステ化!? | トップページ | シャープ、電気自動車のバッテリーを住宅用蓄電池として利用できる太陽光発電用パワーコンディショナを開発 »

沖縄電力、波照間島に続き南大東島にて、仏ベルニエ社の可倒式245kW2基の運転を開始

 沖縄電力、波照間島に続き南大東島にて、仏ベルニエ Vergnet 社の可倒式245kW2基の運転を開始したと発表しました。ベルニエ Vergnetの可倒式の245kWは、タワーヘッドまでの高さが38m、二枚翼で直径は32mです。現場に据え付けられた20tクレーンにより、台風などの強風時に倒すことができ、またそのごすぐに建てることができる点が厳しい沖縄の離島にはうってつけの仕様となっています。
 参考にあげた、製造から建柱工事までを紹介したビデオクリップを見ると、倒せることでメンテナンスや修理が非常に楽そうです。大型風力発電機全盛の時代ですが、このサイズがいい、充分、都合がいいという立地条件がたくさんみつかりそうな風力発電機です。
 
プレスリリース / 沖縄電力、平成23年3月3日
ホームページ / 南大東可倒式風力発電設備の営業運転開始について(PDF)

Okidenminamidaitoujima245vergnet
-----image : 同リリースより

" ..........低炭素社会実現に向けた二酸化炭素排出量抑制策および離島発電所の燃料コスト低減策として可倒式風力発電設備を南大東島に 2 基建設しておりましたが、2月 28 日(月)に営業運転を開始しました。
当社はこれまで、地球温暖化対策、離島発電所燃料費低減の観点から風力や太陽光による新エネルギー発電設備を自家用発電設備として導入してまいりましたが、当該設備は、当社初の電気事業用風力発電設備となります。

可倒式風力発電設備の導入は昨年度の波照間島に次いで 2 地点目であり、また当該設備は台風などの強風を避けることができる設計となっており、強風対策としての強度レベルの向上、強風による被害の復旧費用増大及び島嶼地域ゆえの復旧期間長期化などの課題を解決することが期待されております。
なお、本事業は、国の補助事業「平成 21 年度、平成 22 年度新エネルギー等事業者支援対策事業」にて実施したものです。
添付:南大東島と可倒式風力発電設備の概要
○南大東島の概要
1.概要:沖縄本島の東、約 400km に浮かぶ南北からなる太平洋上の島。
台風の常襲地域でもある。
2.面積:30.57km2
3.人口:1292 人(平成 22 年 3 月 1 日現在)
4.世 帯 数:609 世帯(平成 22 年 3 月 1 日現在)
5.最大電力:2,083kW(平成 17 年)
6.発電設備:300kW×2 基

(ディーゼル )
500kW×1 基
750kW×1 基
790kW×1 基
1,000kW×1 基

○可倒式風力発電設備の概要
1.製造メーカー/国名:ベルニエ/フランス
2.定格出力:245kW
3.設置台数:2 基
4.定格・起動・停止風速:13m/s・4m/s・20m/s
5.ブレード枚数/直径:2 枚/32m
6.ハブ高さ:38m
.......... "

関連
Vergnet SA / WIND / GEV MP C - 275 kW
/ downloads / JAPAN Hateruma Wind Farm(PDF)

Hateruma_wind_farm-----image : 上記資料より

" Technical characteristics:
WTG number :2 GEV MP
Rated power :275 kW
Total power :550 kW
Rotor diameter :32 m
Tower height :38 m
Tower Type :lattice

Wind speed average: 6.5 m/s
Energy produced: 1 200 000 kWh "

沖縄電力が、台風対策として日本初の可倒式245kW風力発電機二基を波照間島に導入-----ソフトエネルギー、2009/05/07

参考動画
VERGNET Wind Turbine.WMV

(bunhukhou,2010/06/04)

コメント続き

 仏ベルニエ Vergnetのラインナップには、1MWのGEV-HPもあります。タワートップまでが72mでローターの直径は60mです。こちらは、倒れこそしないものの、風車自体にメンテナンス用のクレーンが取り付けられ、メンテナンスや強風が予想される場合には、翼をハブやノーズコーンごと地面まで下ろすことができます。工夫し、独自のマーケットを開拓している風力発電機メーカーだと思いました。(t_t)

1mw_gevhp
-----image : directindustry.com :1MW GEV-HP(PDF)より

参考
directindustry.com : Wind turbine - 1MW - VERGNET / PDF



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2---

[PR]

|

« JR東日本、東京駅のホームの屋根に435kWpの太陽電池を設置。進むエコステ化!? | トップページ | シャープ、電気自動車のバッテリーを住宅用蓄電池として利用できる太陽光発電用パワーコンディショナを開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄電力、波照間島に続き南大東島にて、仏ベルニエ社の可倒式245kW2基の運転を開始:

« JR東日本、東京駅のホームの屋根に435kWpの太陽電池を設置。進むエコステ化!? | トップページ | シャープ、電気自動車のバッテリーを住宅用蓄電池として利用できる太陽光発電用パワーコンディショナを開発 »