« 環境省、Google Earthを使って閲覧できる再生可能エネルギーの導入ポテンシャルマップのデーターを公開 | トップページ | 環境省、風力発電のバードストライク問題に対応するための手引きを公開 »

アラブ首長国連邦のザーイド未来エネルギー賞が最終候補上位6件を発表

追加情報
・Twitter : The finalists of the #ZFEP awards are @E+Co and @AmoryLovins. The winner for 2011 is @Vestas!-----ZFEP,2:04 AM Jan 19th

 2011年のザーイド未来エネルギー賞は、Vestasが受賞したと発表されました。

2011/01/13のエントリーは以下


アラブ首長国連邦の再生可能エネルギーやエネルギー分野でのさまざまな貢献を称えるために設立された、ザーイド未来エネルギー賞のファイナリストが発表されています。昨年は、トヨタが企業として選ばれました、今年は、RMIのエイモリー・B・ロビンスさんがノミネートされています。企業としては、ファーストソーラーやヴェスタスの名前があがっています。発表は、2011年1月18日に開催される世界未来エネルギーサミット(WFES)でおこなわれ、賞金150万米ドルなどが受賞者に授与されるということです。

プレスリリース / Zayed Future Energy Prize,December 23, 2010
ザーイド未来エネルギー賞が賞金220万米ドルの獲得を目指す最終候補上位6件を発表-----( E )

" ザーイド未来エネルギー賞は、2011年度に本賞を競うことになる上位6件の最終候補を発表しました。この賞はアラブ首長国連邦の建国の父である故シェイク・ザーイド・ビン・スルタン・アル・ナヒヤンのビジョンと環境に対する取り組みに基づいて設立されたもので、再生可能エネルギーと持続可能性の分野における目覚ましい活躍を評価し、讃えるものです。

最終候補の6件は69カ国から寄せられた計391件のエントリーから、長期的ビジョン・イノベーション・リーダーシップという3つの主要な基準に基づき、非常に厳格かつ透明な評価プロセスを経て選出されました。本賞は4段階の評価プロセスから成っています。まず高い信頼を得ている調査・分析会社が本賞の基準に基づき、提出された391件すべてにデューデリジェンスを適用し、上位100件の候補を選びました。その100件のエントリーから審査委員会が上位40件を絞り込み、今度は選考委員会がその中から審査員団に提示する最終候補6件を決定しました。

 今年度の本賞を目指す6件のエントリーは次の通りです。

・エイモリー・B・ロビンス氏は、コロラド州にあるロッキー・マウンテン研究所の会長兼主任研究員を務めており、エネルギー効率に優れたビルの「統合的設計」に関する取り組みが評価されました。ロビンス氏は「統合的設計」について、石油・石炭から効率的で再生可能なエネルギーへと迅速に移行する上で、強力かつ世界規模で適用可能な新しいツールだと説明しています。

・ベアフット・カレッジはインドで唯一、すべての電力をソーラー発電でまかなっているカレッジで、農村部の女性がソーラーエネルギー開発に貢献できるよう、研修を行っていることが評価されました。このカレッジは信念として、非常に貧しい者も生活向上のために最も高度な技術にアクセスし、その技術を統制下に置き、管理・所有するためのあらゆる権利を持っていると考えています。

・E+Coはニュージャージー州に拠点を置く投資会社で、開発途上国における先駆的なクリーンエネルギー投資が評価されました。E+Coは開発途上国の小規模な成長中のクリーンエネルギー企業に支援と投資を行なうことで、気候変動とエネルギーに関する貧困に影響を与えることを目指しています。

・ファースト・ソーラーはアリゾナ州に拠点を置くソーラーモジュールの製造会社で、ソーラーエネルギーとより効率的な薄膜ソーラーモジュールの開発に対する尽力が評価されました。ファースト・ソーラーは手頃な価格と持続可能性に力点を置いた革新的な太陽電池モジュール技術を開発し、世界の主要なPVプロジェクトにおいてモジュールの推奨サプライヤーとして認められています。

・テリー・タミネン氏はセブンス・ジェネレーション・アドバイザーズを設立し、現在最高経営責任者(CEO)を務めており、カリフォルニア州で再生可能エネルギーソリューションの開発に取り組んだことが評価されました。タミネン氏は20年以上にわたって、カリフォルニア州でコンセプト実証モデルを試しながら、再生可能・持続可能エネルギーの効果的なソリューションの開発・適用・普及に取り組み、、米国内外の大市場で参入を拡大していきました。

・ヴェスタスはデンマークの風力タービン技術のメーカーで、開発途上国にクリーンエネルギーをもたらしたことが評価されました。ヴェスタスは30年以上、革新的なアイディアの紹介を通じて、クリーンで再生可能な風力を世界の主流電力ソリューションの1つとして推進しています。同社は風力を石油・ガスに代わる大規模で持続可能な選択肢として確立すべく、たゆまぬ努力を続けています。
..........
受賞者はアブダビで2011年1月18日に開催される世界未来エネルギーサミット(WFES)で発表され、賞金150万米ドルが授与されます。さらに持続可能・再生可能なエネルギー分野で目覚ましい活躍をした次点者2名に、それぞれ最大35万米ドルが贈呈されます。

2011年度の審査員団を率いるのは、2007年ノーベル平和賞受賞者で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で議長を務めているR・K・パチャウリ博士です。
.......... "

関連
Zayed Future Energy Prize
/ About the Zayed Future Energy Priz
/ 2010 Winner & Finalists

・Titter : ZFEP

World Future Energy Summit 2011

・Titter : WFES2011

Masdar prize Winner Ad 30

(zayedfep,2009年08月26日 )

Energy: A Prize in the Desert Aims to Become the Cleantech Nobel-----Times,December 14, 2010

コメント続き

 アブダビのフューチャープロジェクト、資金難なども昨年報じられましたが、Masdar Cityプロジェクトは、持続可能な省エネおよび再生可能エネルギーを利用した大規模なエコシティプロジェクトとして、徐々にその姿を現しつつあります。(t_t)

Masdar City

参考
Masdar City (A Fonte / The Source)

(thyagomathias,2010年09月28日)

Infinity Tower interior and view,Dubai Marina , 26 April 2010

(ImreDubai、2010年04月26日 )

マスダール・シティ / ブックマーク-----自然エネルギー、2009/07/03



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2---掲示板

[PR]

|

« 環境省、Google Earthを使って閲覧できる再生可能エネルギーの導入ポテンシャルマップのデーターを公開 | トップページ | 環境省、風力発電のバードストライク問題に対応するための手引きを公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラブ首長国連邦のザーイド未来エネルギー賞が最終候補上位6件を発表:

« 環境省、Google Earthを使って閲覧できる再生可能エネルギーの導入ポテンシャルマップのデーターを公開 | トップページ | 環境省、風力発電のバードストライク問題に対応するための手引きを公開 »