« 富士通研究所、光(太陽電池)と熱(熱電素子)から電気を作る有機材料の発電素子を開発 | トップページ | NEDO、チュニジアと5MW規模の集光型太陽熱発電とガスタービンコンバインドサイクル発電(GTCC)の複合発電プラント建設に合意。またモロッコとも系統安定化技術を重点に太陽エネルギー分野における共同プロジェクト推進へ »

アメリカ内務省、スマートグリッド推進の一貫として、洋上風車導入手続きの緩和を発表。ロードアイランド州ブロックアイランド Block Island 沖で1000MWの大規模風力発電所建設へ

 アメリカ内務省は、スマートグリッド推進の一貫として、洋上風車導入手続きの緩和を発表。ロードアイランド州ブロックアイランド Block Island 沖で計画され、建設手続きが進んでいた大規模風力発電所建設計画は、当初の倍の1000MW規模に拡張されることも伝えられています。

 12月9日ニューヨークタイムズのGreen Blogに、関連記事が掲載されました。場所は、ロードアイランド州ブロックアイランド Block Island 沖。大西洋での洋上風力発電所建設が加速されそうです。

Wind Farm Would Link Northeastern Grids-----NYTimes.com,December 9, 2010

 アメリカの洋上風力発電所建設計画としては、サチューセッツ州東端のケープコッドの洋上ウィンドファームの360MW、そして今回規模が拡大され進められることになった、ロードアイランド州ブロックアイランド Block Island 沖のディープウォーター Deepwater Wind社のロードアイランド州ブロックアイランドの1000MW Block Island Wind Farm。こちらは、5MWの洋上風車がが200基という規模での展開のようです。

Blockisland_windfarmmap
-----Google Maps:「Block Island Wind Farm」より

プレスリリース / U.S. Department of the Interior,11/23/2010
Salazar Launches ‘Smart from the Start’ Initiative to Speed Offshore Wind Energy Development off the Atlantic Coast

関連
Deepwater Wind Energy Center
" DWEC is planned as a 200 turbine project with an approximate nameplate capacity of 1,000 MW. "
/ Deepwater Wind : Block Island Wind Farm

Twitter : DeepwaterWind

Offshore Wind Power Will Create More Jobs and Produce Cheaper, Cleaner Energy off the U.S. Atlantic Coast than Offshore Oil & Gas-----Oceana,September 28, 2010

Salazar: ‘Smart from the Start’ to speed offshore wind farms-----Block Island Times,2010/12/4

参考
Block Island Wind Farm

(bustercloud288,2010年01月23日) -----Block Island Wind Initiative(Vimeo)

Bureau of Ocean Energy Management, Regulation and Enforcement : Offshore Energy and Minerals Management (OEMM)-Introduction- Renewable Energy

アメリカ中部大西洋岸における大規模洋上風力発電用海底送電網整備計画 Atlantic Wind Connection (AWC) HVDC にGoogle、丸紅らが参画を発表-----ソフトエネルギー、010/10/15

ケープウィンド Cape Wind、米国初となるケープコッドの洋上ウィンドファームに130基のシーメンス製3.6MW風力発電機を採用-----ソフトエネルギー、2010/04/22

コメント続き

 メキシコ湾の原油流出事故は、アメリカの石油、エネルギー政策に大きな影響を与えました。深海での掘削のためのさまざまなコストは値上がりし、規制も強化されています。海上、深海からの石油の掘削の問題を緩和しそうなのが、地上の天然ガスの新たな開発ということですが、それでも”資源国”アメリカは、洋上風車の開発の手を緩めるどころか、先行するヨーロッパに今なら追いつけると考えています。エネルギーをめぐる世界のこの真剣さが非資源国の日本の政府に感じられないのは、かなり大変な事態だと思います。現在の電力の発電と供給体制のままで、たんに原子力だけ強化するという政策では、とうてい世界の流れについていくことはできないのです。国全体の生活と産業のことを10年、そして20年、30年、そして50年、100年先まで考えた議論を行うタイミングが今です。(t_t)

参考
米政府、天然ガス採掘の情報公開を検討-----ナショナルジオグラフィック、December 2, 2010

シェールガス、2010年ハイライト-----ナショナルジオグラフィック、December 9, 2010

プレスリリース / U.S. Department of the Interior,12/07/2010
Salazar: IG Report Affirms Direction, Urgency of Interior’s Offshore Energy Oversight Reform Agenda

BP、メキシコ湾原油流出事故 続報-クリッピング #oilspill_bp-----自然エネルギー、2010/06/13



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2---掲示板

[PR]

|

« 富士通研究所、光(太陽電池)と熱(熱電素子)から電気を作る有機材料の発電素子を開発 | トップページ | NEDO、チュニジアと5MW規模の集光型太陽熱発電とガスタービンコンバインドサイクル発電(GTCC)の複合発電プラント建設に合意。またモロッコとも系統安定化技術を重点に太陽エネルギー分野における共同プロジェクト推進へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ内務省、スマートグリッド推進の一貫として、洋上風車導入手続きの緩和を発表。ロードアイランド州ブロックアイランド Block Island 沖で1000MWの大規模風力発電所建設へ:

« 富士通研究所、光(太陽電池)と熱(熱電素子)から電気を作る有機材料の発電素子を開発 | トップページ | NEDO、チュニジアと5MW規模の集光型太陽熱発電とガスタービンコンバインドサイクル発電(GTCC)の複合発電プラント建設に合意。またモロッコとも系統安定化技術を重点に太陽エネルギー分野における共同プロジェクト推進へ »