« 三井造船、六ケ所村に風力発電設備のメンテナンス強化のための風力発電トレーニングセンター建設 | トップページ | 川崎重工、稲わらから熱水式バイオエタノール製造技術によりバイオエタノールを製造。秋田県潟上市 »

沖縄電力、宮古島マイクログリッドシステムの設置工事を完了。既設の多良間島、与那国島、北大東と合わせて実証実験を開始

 沖縄電力は、年頭から導入を進めていた宮古島のマイクログリッドシステムの設置工事を完了したと発表しました。これにより、同社が取り組む、多良間島、与那国島、北大東、そして今回の宮古島にの完成により、今後3年間の太陽光発電設備を大量導入した場合の実系統へ与える影響を把握するための系統安定化対策に関する実証試験が開始されました。
 

東芝、宮古島に沖縄電力の離島マイクログリッドシステム実証試験に関する設備を一括納入へ-----ソフトエネルギー、2010/01/19

 この事業に関する人々の関心は高く、今年のなつぐらいから当ソフトエネルギーの人気記事ランキングで1位の記事となっています。
 宮古島に新設されたのは、4MWpの太陽電池と4000kWのNAS電池と200kWhのリチウムイオンキャパシターです。宮古島の最大電力需要は、約 50,000 kWということすから、太陽電池のピークパワーで計算すると8%程度に達します。また、これだけ大きな蓄電池による電力の需給調整実験というのも我が国初なのではないでしょうか。数年後の成果が期待されます。他の島では最大需要電力に対する太陽光発電導入比率が22%に達する多良間島などの結果も興味深い数字です。宮古島の既存発電所は、風力発電900kW×4基、600kW×1基。火力発電 21,500kW、40,000kW。ガスタービン発電 15,000kWです。化石燃料、風力そして太陽光発電。宮古島のエコアイランドとしての内容は、さらにグレードアップした感じだと思いませんか。いってみたい! エコアイランド宮古島。

プレスリリース / 沖縄電力、平成22年09月29日
沖縄電力 / 「宮古島メガソーラー実証研究設備」の設置工事の完了について(PDF)

Okidenmidrogrid1
-----image : 同リリースより-----
Okidenmidrogrid2

" 当社では、経済産業省資源エネルギー庁の離島独立型系統新エネルギー導入実証事業として進めている 4 離島(多良間島、与那国島、北大東島、宮古島)のマイクログリッドシステム構築のうち、8 月 26 日の多良間島、9 月 8 日の与那国島、9 月 29 日の北大東に続き、宮古島における工事が本日完了しました。今後、平成 26 年 3 月までの 3 年間、太陽光発電設備を大量導入した場合の実系統へ与える影響を把握するとともに系統安定化対策に関する実証試験を実施します。

1.実証試験の概要
 宮古島の系統需要は最大で約 50,000kW であり、今回の太陽光発電設備(4,000kW)を系統連系した際の系統安定化対策として、ナトリウム硫黄電池(NAS 電池)等による系統安定化装置を設置し、以下の項目について実証試験を行います。
 1)太陽光発電の急峻な出力変動を平滑化するための制御機能を検証する。
 2)既存電源の周波数制御に加え、太陽光発電と蓄電池との組合せによる周波数調整機能(周波数制御を積極的に支援する手法)を検証する。

3)太陽光発電の予測手法を検討し、予測された太陽光発電結果及び蓄電池残存電気量から発電計画を作成し、計画に基づいた出力運転の実現を目指す。

4)模擬の配電線路においては、模擬配電線路に連系されている蓄電池と太陽光発電の最適制御階層に関する検証を行う。

2.導入設備の概要
宮古島
用地面積 98,089 ㎡(平方メートル)
PV 面積 28,771 ㎡(平方メートル)
太陽光発電設備 ※1 4,000kW
安定化装置※2 4,000kW (NAS 電池)
        200kWh(LiB)
最大需要電力に対する太陽光発電導入比率 8%
工事完了日 平成 22 年 10 月 15 日

※1:太陽光パネルについて、結晶系太陽電池が全体の 9 割以上を占め、一部薄膜系太陽電池で構成
※2:安定化装置の蓄電装置は、ナトリウム硫黄電池(NAS 電池)及びリチウムイオン電池(LiB)を採用

3.設置工事および実証試験のスケジュール
平成 22 年 1 月 測量・土質調査完了
平成 22 年 4 月 土木建築工事開始
平成 22 年 10 月 設置工事完了
平成 22 年 10 月 ~ 平成 26 年 3 月 実証試験実施

4.宮古島の概要
・沖縄本島の南西約 300km に位置する島
・面積:約 205k㎡
・世帯数・人口:約 23,000 世帯・約 55,000 人
・最大電力:約 50,000 kW
5.宮古島の発電設備の概要
Okidenmidrogrid3_5
-----image : 同リリースより

6.宮古島メガソーラー実証研究設備系統図
Okidenmidrogrid4_6
-----image : 同リリースより

8.その他マイクログリッド導入設備の概要
.....多良間島※4 太陽光発電設備 250kW
安定化装置 250kW
最大需要電力に対する太陽光発電導入比率 22%
工事完了日 平成22年8月26日

.....与那国島※4 太陽光発電設備 150kW
安定化装置 150 kW
最大需要電力に対する太陽光発電導入比率 7%
工事完了日 平成22年 9月 8日

.....北大東島※4 太陽光発電設備 100kW
安定化装置 100kW
最大需要電力に対する太陽光発電導入比率 16%※3
..........
※1:太陽光パネルについて、9割を結晶系太陽電池、1割を薄膜系太陽電池で構成
※2:安定化装置の蓄電装置は、リチウムイオンキャパシターを採用
※3:太陽光発電導入比率については、既設の太陽光発電設備40 kWを含む
※4:(参考)プレスリリース
・「平成22年 8月26日多良間島マイクログリッドシステムの設置工事の完了について」
・「平成22年 9月8日与那国島マイクログリッドシステムの設置工事の完了について」
・「平成22年 9月29日北大東島マイクログリッドシステムの設置工事の完了について」
.......... "

関連
沖縄電力プレスリリース / (H21.07.01) 平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業の採択について(PDF)

" ..........
【事業について】
(1) 工事開始:平成21 年8 月(予定)
(2) 実証試験場所:沖縄県宮古島、与那国島、北大東島、多良間島
(3) 太陽光発電システムの予定規模:宮古島4,000kW、与那国島150kW、北大東島90kW、
多良間島230kW

.......... "

Okidenmiyakojimamicrogrid
-----image : 上記リリースより

平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業費補助金に係る補助事業者の公募について-----資源エネルギー庁、平成21年6月9日

経済産業省、離島での新エネルギー導入促進のためのグランドデザインを策定。相談窓口も開設予定 / 島の自然エネルギー-----ソフトエネルギー、2009/08/27

経済産業省、10離島で太陽光発電のための次世代送配電ネットワーク、マイクログリッドの実証事業を開始-----ソフトエネルギー、2009/07/06


追加情報
旭化成FDKエナジーデバイス、世界最小クラスの15V(500F)リチウムイオンキャパシタを開発-----ソフトエネルギー、2013/10/25

コメント続き

 日本のマイクログリッドやスマートグリッドには、最初から蓄電池を前提に進められているところが、日本の電力会社や電力事情を表す特異な点だと指摘する人もいます。
 海外では、総需要の瞬間値ですが半分程度を発電した例があります。蓄電施設などは設備されていません。
 ただ、ここに来て一定の導入に達した海外の先進国では、総需要に対して数割の再生可能エネルギーの出力となった段階にきて、蓄電池などへの研究も始まっています。ただ、やはりコストを押し上げる蓄電池への導入には消極的な例も多く、別の手段による需給調整が電気自動車や関連のインフラを利用したVehicle to Grid(V2G)や大型の冷蔵庫群に夜間の余剰な電力を熱の形で”貯める”夜氷なども研究されているようです。
 宮古島で採用されたリチウムイオンキャパシターについては、いま情報をあたっているところです。(t_t)

追加情報
宮古島の離島マイクログリッド、世界初の成果が続々-----日本経済新聞、2012/4/30(GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/5/1-5 版 P.3)

参考
米国立再生可能エネルギー研究所 National Renewable Energy Laboratory、電力網は従来の研究よりも不安定化の恐れなく大量の再生可能エネルギーを受け入れることができるという研究成果を発表-----ソフトエネルギー、2010/07/09

CALMAC社、オフピークの電力で作った夜氷で、昼間に建物を冷やす空調システム IceBank(R)16基をフロリダの高校に導入し10%の省エネを実現-----ソフトエネルギー、2010/04/01

風力発電で発電し、"冷やす"= 電気の削減 オランダの「大型冷蔵システム運用プロジェクト」-----ソフトエネルギー、2007/03/08

Beacon Power社のフライホィールという”蓄電”システム 2: ソフトエネルギー-----ソフトエネルギー、2009年8月7日

日本ガイシ、メガソーラーと風力発電用NAS電池を仏で約150MWの大型-----自然エネルギー、2009/05/08



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク


|

« 三井造船、六ケ所村に風力発電設備のメンテナンス強化のための風力発電トレーニングセンター建設 | トップページ | 川崎重工、稲わらから熱水式バイオエタノール製造技術によりバイオエタノールを製造。秋田県潟上市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄電力、宮古島マイクログリッドシステムの設置工事を完了。既設の多良間島、与那国島、北大東と合わせて実証実験を開始:

« 三井造船、六ケ所村に風力発電設備のメンテナンス強化のための風力発電トレーニングセンター建設 | トップページ | 川崎重工、稲わらから熱水式バイオエタノール製造技術によりバイオエタノールを製造。秋田県潟上市 »