« 大和ハウス工業、愛媛県松山市に太陽光発電、さらにはリチウムイオン電池システムやEMSを完備したローソン松山東石井六丁目店を施工 | トップページ | イベント 7/14-16 クリーン発電&スマートグリッドフェア(CSF・シーエスエフ)2010 »

砂漠から太陽熱発電でエネルギーと作物が! サハラ・フォレストプロジェクト Sahara Forest Project

 今年の1月に公開されたこんな記事を目にしました。アフリカ北部、地中海沿岸地域などでは、Mediterranean Solar Plan(MSP)デザーテック DESERTEC などが計画され、再生可能エネルギーの一大供給地になる可能性のある地域です。

砂漠緑化計画:集光型太陽熱発電-----ナショナルジオグラフィック ニュース、January 25, 2010

 しかし、北アフリカや中東などの経済的にも恵まれず、生活インフラの整備や水や食料などの確保さえおぼつかない地域が存在します。これらの地域に暮らす人々の生活になんらかの恩恵がなければ、これらの計画もヨーロッパ主導ですから、新植民地主義と揶揄される結果になっては、話になりません。国やこれまでの地域の枠組を超えて、対象国や地域に暮らす人々に広く恩恵を拡大する内容になってほしいと考えます。ではいかに? 検索してみると、英語版には別のイラストが利用されていました。こちらのほうが現実のイメージがつかみやすいです。

High-Tech Energy "Oasis" to Bloom in the Desert?----- National Geographic News,January 22, 2010-----Photos

 太陽熱発電装置があり、周囲にオアシスと記事で表現されている”作物工場”があります。
 このSahara Forest Projectは、砂漠で発電し、海水から水を作り、作物を作ることができる技術により、砂漠で作物を作るために、いくつかの企業が合同で取り組むんでいるようです。

Sahara_forest_project
-----image : Sahara Forest Project - Where 掲載のプロジェクト資料より

 具体的には下のような企業がそれぞれ保有する技術を提供しています。

Sahara Forest Project (SFP)
 この企業は、海水から水を作り、温室の中で作物を作る技術を保有しています。サハラとは、アフリカのサハラ砂漠だけを指すのではなく、もともとの意味”サハラ=砂漠”という意味で、世界の砂漠、乾燥地帯で展開可能な技術であるということです。

Seawater Greenhouse Australia on Souther Cross News with the Mayor

(SeawaterGreenhouse,2010年05月07日

Exploration Architecture / The Sahara Forest Project
 こちらの企業は、世界のさまざまな地域で再生可能エネルギーのプロジェクトを手がけています。このプロジェクトでは、エネルギーの核として、太陽熱発電(Concentrated Solar Power - CSP ) が検討されています。建物、敷地など総合的なプロジェクトを担当するようです。

Max Fordham / Sahara Forest Project
 こちらは、コンサルタント。

Bellona / Sahara Forest Project / 15/12-2009 Sahara Forest Project receives international endorsement
 こちらは、再生可能エネルギーの専門企業。


 これらの企業が協力して、まずは実証プラントを建設する計画だということです。世界の赤道近くの太陽熱のエネルギー利用が有望とされる地域で海水から水を作り、電力とともに作物も作る。
 ”Seawater Greenhouse”システム的には面白い。しかし、砂漠にぽつんとあるだけ、なんか新植民地主義は、土地や資源ではなく、太陽のエネルギーのポテンシャルだった、、、みたいな囲い込みのイメージをどう払拭できるのか?
 そのあたりに注目して、計画を眺めていきたいです。(t_t)

参考
砂漠の太陽をヨーロッパに?-----swissinfo.ch,2010-04-04

Renewable energy 'oases' to green the desert-----Green Futures,13 April 2010

Sahara Forest Project Converts Desert into Oasis-----Inhabitat, 09/04/08

PART 1 - Michael Pawlyn debate with Bjorn Lomborg at the BCO 2009 conference

(BiomimicryArch,2009年06月03日)-----Ref : Exploration Architecture-----PART 2 - Michael Pawlyn debate with Bjorn Lomborg at the BCO 2009 conference-----PART 3 - Michael Pawlyn debate with Bjorn Lomborg at the BCO 2009 conference (Part2の冒頭に太陽熱発電、海水から水に関する講演)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 大和ハウス工業、愛媛県松山市に太陽光発電、さらにはリチウムイオン電池システムやEMSを完備したローソン松山東石井六丁目店を施工 | トップページ | イベント 7/14-16 クリーン発電&スマートグリッドフェア(CSF・シーエスエフ)2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠から太陽熱発電でエネルギーと作物が! サハラ・フォレストプロジェクト Sahara Forest Project:

« 大和ハウス工業、愛媛県松山市に太陽光発電、さらにはリチウムイオン電池システムやEMSを完備したローソン松山東石井六丁目店を施工 | トップページ | イベント 7/14-16 クリーン発電&スマートグリッドフェア(CSF・シーエスエフ)2010 »