« Local Renewables Web Portal -地域のための地域の再生可能エネルギーの情報サイト / おすすめサイト | トップページ | US Solar Energy Industries Association(SEIA)、2009年の太陽光発電の設備容量で日本はドイツ、イタリアに次三位に »

東京都下水道局、江戸川区の葛西水再生センターに独自開発の自動追尾装置付きの490kWpの太陽光発電所を完成

 東京都下水道局は、シャープと共同研究を続けてきた一軸タイプの自動追尾装置(ソーラートラッカー)付きの490kWpの太陽光発電所を完成ささせ、稼動したと発表しました。太陽電池は”従来の多結晶型に比べシリコンが100分の1に削減できる「薄膜太陽電池」”を採用した。
 おそらく自動追尾では日本一の規模だと思います。


プレスリリース / 東京都下水道局、平成22年4月8日
太陽の向きに合わせてパネルが動く 新型太陽光発電設備の稼働-----東京都リリース

01_1
-----image : 同リリースより

" 発電効率の向上などを目指して開発した、新型太陽光発電設備を葛西水再生センターに我が国で初めて本格導入します。
施設概要
・3,836枚の太陽光パネルが490kWの電力を発電 (一般家庭 約160世帯分に相当)
・温室効果ガスの発生を年間220トン削減 (代々木公園の面積の森林が吸収する量に相当)

◆ 新型太陽光発電設備の特徴
発電効率が向上-太陽の向きに合わせてパネルが動く「一軸追尾架台」
省資源-従来の多結晶型に比べシリコンが100分の1に削減できる「薄膜太陽電池」

場所
葛西水再生センター 南系処理施設上部 (江戸川区臨海町6-1-1)
.......... "

関連
葛西水再生センター

東京都が新型太陽光発電設備を公開-----MSN産経ニュース、2010.4.13
" 建設費は7億7400万円 "

「新型太陽光発電システムの共同研究」の開始 / プレスリリース 東京都下水道局-----ソフトエネルギー、2008/05/19

Tokyokasaisyorijyoupvmap
-----image : Googleマップ : 江戸川区臨海町6-1-1付近より

コメント続き

 追尾装置付きの架台を設備して効率がどれくらい上がるのか、実測のデーターを是非知りたいところです。今回の東京都下水道局のものは、一軸タイプで仰角のみの制御です。方位角の制御をしないのは、案外賢いのかもしれません。複雑になるとコストとメンテナンスの手間が増え、そしてなによりもエネルギーのロスが生じます。どのぐらいの値なのか、是非公開していただきたいと思います。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

|

« Local Renewables Web Portal -地域のための地域の再生可能エネルギーの情報サイト / おすすめサイト | トップページ | US Solar Energy Industries Association(SEIA)、2009年の太陽光発電の設備容量で日本はドイツ、イタリアに次三位に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都下水道局、江戸川区の葛西水再生センターに独自開発の自動追尾装置付きの490kWpの太陽光発電所を完成:

« Local Renewables Web Portal -地域のための地域の再生可能エネルギーの情報サイト / おすすめサイト | トップページ | US Solar Energy Industries Association(SEIA)、2009年の太陽光発電の設備容量で日本はドイツ、イタリアに次三位に »