« 東京都、「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」施策化状況2010についてを公開 | トップページ | 地球温暖化対策基本法案が閣議決定。再生可能エネルギーの未来はどうなる? »

米Environment America、太陽光、太陽熱発電などのソーラーエネルギーで電力の10%を賄うことができるというリポートを発表 - Building a Solar Future

 米の環境団体Environment Americaは、太陽光、太陽熱発電などのソーラーエネルギーでアメリカの消費電力の10%を賄うことができるというリポートを発表しました。タイトルは、Building a Solar Future。リポートが設定するタイムテーブルでは、2030にその数値を達成しうるとし、すでに再生可能エネルギーの中でも太陽熱利用は、その価格、製造エネルギーにおいて、化石燃料を凌駕する”エネルギーの生産性”を獲得できるとしています。
 このリポートで取り上げられている内容は、大規模なものがどんどん計画されている太陽光、太陽熱発電(CSP)にとどまらず、太陽熱温水器、パッシブな太陽採光採熱システム、そして共生循環や換気、ヒートポンプなどを利用したアクティブなシステムなど、家庭から仕事場、工場などの建物で利用できる多様なシステムです。大小さまざまなシステムの現状のシステムの紹介、そして今後の可能性について報告されています。

プレスリリース / Environment America,2010-03-09
New Report Outlines Bold New Vision for Solar in America

Bildingasolarfuture
-----image : Building a Solar Futureカバー

" Senator Bernie Sanders (VT) and three solar business executives joined Environment America to lay out a bold new vision for solar energy in the United States. From laundromats and baseball stadiums, to homes and cars, generating energy from the sun is already enhancing energy security and reducing pollution in America. A new Environment America report outlines a vision for using the sun to meet 10 percent of the United States’ energy needs by 2030.

“Americans today import oil from a desert half a world away, in the most unsettled and dangerous region of the earth, just to power a trip to the grocery store,” said Sean Garren, “It would be much easier and more secure to harness the heat and light that strikes our rooftops every day,” he added.

“At a time when we spend $350 billion importing oil from Saudi Arabia and other countries every year, the United States must move away from foreign oil to energy independence,” Senator Sanders said. “A dramatic expansion of solar power is a clean and economical way to help break our dependence on foreign oil, reduce greenhouse gas emissions that cause global warming, improve our geopolitical position, and create good-paying green jobs.”

Building a Solar Future: Repowering America’s Homes, Businesses and Industry with Solar Energy examines a wide variety of solar technologies and tools, including photovoltaics, concentrating solar power, solar water heaters, solar space heating, and passive solar design. The report makes the case that there are many ways to take advantage of the sun’s energy. Solar energy can be converted to electricity, or used for lighting, heating and cooling. It can replace the fossil fuels we burn at electric power plants, in factories, in our homes, and even in our cars. While the report outlines this vision for the future, it also profiles various applications of solar energy currently in use, such as:

・Wal-Mart’s use of skylights in has cut energy costs in some stores by 15 to 20 percent by reducing the need for electric lighting;
・Laundry facilities, hotels, hospitals and even the Boston Red Sox have adopted solar water heating to reduce their consumption of natural gas for water heating; and
・A Frito-Lay plant in California uses solar concentrators to provide heat for cooking snack foods.

The report finds that getting 10 percent of our energy from solar energy within two decades is equivalent to the energy that the U.S. currently produces at nuclear power plants, more than half the energy currently consumed in American cars and light trucks, or nearly half as much energy as we currently obtain from burning coal. Solar energy can play a major role in weaning the nation from dangerous, polluting, unstable and, in many cases, increasingly expensive forms of energy.
.......... "

関連
Building a Solar Future: Repowering America’s Homes, Businesses and Industry with Solar Energy(こちらのリンクからPDFのフルリポートをダウンロードできます)

Solar power could provide 10% of US energy: report-----Physorg,March 10, 2010

参考
Nuclear Power: Not the Solution to Minnesota's Energy Problems-----Environment America,2009-02-13

コメント続き

 太陽光などの再生可能エネルギーにはベース電源としての信頼性がないという指摘が日本では繰り返されますが、話題のスマートグリッドは、天気予報と連動した発電量の把握と予測を高い信頼性で織り込むことができるので、小規模な分散型の積み重ね(カスケード)接続であっても、十分に変動や不安定さを調節できるという意見が欧米にはみられます。日本では、蓄電池などの安定化、平準化策の重要性が強調されていますが、調整ですめば、これらの安定化策への投資は少なくすることができます。このEnvironment Americaの発表してきたリポートはいずれも興味深いものが多いです。ベース電源の確保として、気候変動やエネルギー問題の解決のために、原子力発電の導入量、稼働率の増加を進める動きが、アメリカやヨーロッパにもみられ、原発回帰といわれていますが、この点でも原発はリードタイム、廃棄物、環境や住民などへの配慮を必要とすることから、信頼には足りないとする見方を発表し続けている点も見逃せません。(t_t)

Generating Failure: How Building Nuclear Power Plants Would Set America Back in the Race Against Global Warming-----Environment America,2009-11-17



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3しなやかな技術研究会のタイムライン4 ]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 東京都、「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」施策化状況2010についてを公開 | トップページ | 地球温暖化対策基本法案が閣議決定。再生可能エネルギーの未来はどうなる? »

コメント

 こんにちは・・・今日は土曜日!いい天気なんですが、もの凄い風です。家に居たら郵便で過去の:建築現場監督派遣会社:(法律事務所通して)記事の削除依頼が来て7記事も削除するハメに(>_・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。\(^o^)/・・恐縮にも、よろしければ:1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。

投稿: 智太郎 | 2010/03/13 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米Environment America、太陽光、太陽熱発電などのソーラーエネルギーで電力の10%を賄うことができるというリポートを発表 - Building a Solar Future:

« 東京都、「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」施策化状況2010についてを公開 | トップページ | 地球温暖化対策基本法案が閣議決定。再生可能エネルギーの未来はどうなる? »