« 欧州スーパーグリッド、洋上風車を中心にまずは九カ国で具体化に動き始めた | トップページ | アブダビ、MASDARとコスモ石油と東京工業大学の共同研究開発、ビームダウン型太陽集熱実証実験プラントが稼動 »

東芝、宮古島に沖縄電力の離島マイクログリッドシステム実証試験に関する設備を一括納入へ

 東芝、沖縄電力が資源エネルギー庁の「平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業」に採択された離島マイクログリッドシステム実証試験に関する設備を宮古島に一括納入へ。
 沖縄電力は、宮古島を含め与那国島、北大東島、多良間島などでマイクログリッドの実証事業を実施するということです。今回東芝が宮古島プロジェクトに納品予定なのは、4MWの太陽光発電、4MWの蓄電池などで、既設の風力発電システムと合わせて、電力系統へ与える影響を把握するとともに系統安定化対策に関する検証するということです。

プレスリリース / 東芝、2010年1月18日
沖縄電力株式会社からマイクログリッドシステムの受注について

100118miyakojima
-----image : 同リリースより

"当社は、沖縄電力株式会社(以下、「沖縄電力」)が、宮古島で2010年秋から実施する離島マイクログリッドシステム実証試験に関する設備の一括納入の契約を締結しました。本設備は、マイクログリッド及びスマートグリッド技術で制御する電力量が国内最大規模の設備であり、当社として初の受注となります。
 本実証試験は、経済産業省資源エネルギー庁が公募した「平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業」に採択されたもので、宮古島の独立型電力系統に、出力変動が大きい太陽光発電等の再生可能エネルギーを大量導入して連系した場合の電力系統へ与える影響を把握するとともに系統安定化対策に関する検証を行うものです。
 当社は、基本設計を含むエンジニアリング全般、監視制御システム・蓄電池等主要機器の納入、太陽光発電システムの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注しました。今回受注したプロジェクトには、東芝グループで開発した世界最高クラス注1の直交変換効率97.5%を誇るパワーコンディショナに加え、マイクログリッド用に開発した需給制御機能を持つμEMS(マイクロ・エネルギー・マネジメント・システム)を搭載した次世代監視制御システム、蓄電池の一部に新型二次電池SCiBTMを初採用する予定です。また、太陽電池モジュールはシャープ株式会社製の高効率多結晶パネルなどを採用する予定です。
 地球温暖化防止への世界的な環境意識の高まりの中、電力を効率良く運用するマイクログリッド・スマートグリッドの市場規模は、今後も拡大することが予測されております。
 このような市場環境下、当社は昨年10月にスマートグリッド事業の専任組織を設立し、同事業の拡大に向けた取り組みを強化・加速し、ワールドワイドでマイクログリッド・スマートグリッドシステムの受注拡大を図り、2015年度には売上高1000億円を目指していきます。
注1
2010年1月現在、定格出力250kWのパワーコンディショナにおいて

宮古島系統実証試験設備の概要

1.所在地 沖縄県宮古島
2.太陽光発電出力 4MW
3.太陽光パネル設置面積 約4.5ha
4.蓄電池 4MW
5.既設発電所 風力発電 900kW×4基、600kW×1基
火力発電 21,500kW、40,000kW
ガスタービン発電 15,000kW
6.着工 2010年5月
7.竣工 2010年10月  "

関連
沖縄電力プレスリリース / (H21.07.01) 平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業の採択について(PDF)

" ..........
【事業について】
(1) 工事開始:平成21 年8 月(予定)
(2) 実証試験場所:沖縄県宮古島、与那国島、北大東島、多良間島
(3) 太陽光発電システムの予定規模:宮古島4,000kW、与那国島150kW、北大東島90kW、
多良間島230kW

.......... "

Okidenmiyakojimamicrogrid
-----image : 上記リリースより

平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業費補助金に係る補助事業者の公募について-----資源エネルギー庁、平成21年6月9日

経済産業省、離島での新エネルギー導入促進のためのグランドデザインを策定。相談窓口も開設予定 / 島の自然エネルギー-----ソフトエネルギー、2009/08/27

経済産業省、10離島で太陽光発電のための次世代送配電ネットワーク、マイクログリッドの実証事業を開始-----ソフトエネルギー、2009/07/06


Twitter greenpost: 東芝 沖縄電力から小規模発電・供給の実験設備を受注

コメント続き

 注目の日本における離島における次世代送配電ネットワーク、マイクログリッドの実証事業が開始されます。これを機会に宮古島に観察旅行を企画している人たちもすでにおられます。確かに、実際に訪れて、みてみたいですね。(t_t)

参考
宮古島市 : エコアイランド宮古島視察ツアー / 風力発電・太陽光発電設備

追加情報
沖縄電力、宮古島マイクログリッドシステムの設置工事を完了。既設の多良間島、与那国島、北大東と合わせて実証実験を開始-----ソフトエネルギー、2010/10/20

沖縄電力、「宮古島メガソーラー実証研究設備」の設置工事を完了-----沖縄電力(日経プレスリリース)、2010/10/15



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3しなやかな技術研究会のタイムライン4 ]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 欧州スーパーグリッド、洋上風車を中心にまずは九カ国で具体化に動き始めた | トップページ | アブダビ、MASDARとコスモ石油と東京工業大学の共同研究開発、ビームダウン型太陽集熱実証実験プラントが稼動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝、宮古島に沖縄電力の離島マイクログリッドシステム実証試験に関する設備を一括納入へ:

« 欧州スーパーグリッド、洋上風車を中心にまずは九カ国で具体化に動き始めた | トップページ | アブダビ、MASDARとコスモ石油と東京工業大学の共同研究開発、ビームダウン型太陽集熱実証実験プラントが稼動 »