« 大規模風力発電が愛され、適正なエネルギーとして認められるには? | トップページ | アルバック、太陽光発電とEV急速充電器を組み合わせたシステムを開発。茅ヶ崎市へ納品へ »

シャープ、イタリアEnel greenpowerなどと薄膜太陽電池の生産事業および地中海における太陽光発電事業の合弁会社設立の契約締結へ

 シャープは、イタリアEnel社傘下の再生可能エネルギー企業Enel greenpower(EGP)などと薄膜太陽電池の生産事業をイタリアのシチリア州カターニア県で2011年中の稼動をめざして合弁契約の手続きに入ったということです。また、太陽光発電事業に関する合弁会社ES Solar Farms S.r.l.をEGPと設立、地中海沿岸国を中心に、イタリア、フランス、スペイン、ギリシャなど地中海地域へ発電事業を展開を行うということです。

プレスリリース / シャープ、2010年1月4日
イタリアにおける薄膜太陽電池の生産事業および太陽光発電事業に関する合弁契約締結について-----(it)

" シャープは、エネル・グリーン・パワー社※1(以下、EGP)、STマイクロエレクトロニクス社※2(以下、STM)と薄膜太陽電池の生産事業に関する3社合弁契約を、またEGPと独立発電事業(IPP※3)に関する2社合弁契約を1月4日に締結しました。

 各社は、生産・発電の両事業分野における合弁に関して欧州委員会の承認を得て、各々の合弁会社を2010年3月末までに設立する予定です。

生産事業に関しては、当社、EGP、STMは合弁会社を設立後、イタリア共和国シチリア州カターニア県にあるSTMの工場を活用し、薄膜太陽電池の生産を2011年初めから開始する予定です。当事業では、年間生産能力480MW規模までの拡張を視野に入れ、第1次展開として年間生産能力160MWの生産体制を整えます。事業資金については、銀行融資等に加えて、3社は、それぞれ最大7,000万ユーロまで均等に出資します。生産された薄膜太陽電池は、当社とEGPの販売網を通じて、主に欧州および地中海エリアにて販売される予定です。

また独立発電事業に関しては、当社、EGPの両社で合弁会社ES Solar Farms S.r.l.(以下、ESSF)を設立後、2016年12月末までに合計500MW以上の規模となる複数の太陽光発電所を建設します。ESSFは、カターニア県の工場で生産される薄膜太陽電池を活用し、イタリア、フランス、スペイン、ギリシャなど地中海地域へ発電事業を展開します。
..........
<薄膜太陽電池の生産事業に関する合弁会社の概要>
■所在地:イタリア共和国シチリア州カターニア県
■出資比率:シャープ33.3%、EGP33.3%、STM33.3%
■工場予定地:イタリア共和国シチリア州カターニア県
■稼動時期:2011年初
■生産品目:薄膜太陽電池
■生産能力:年間160MW(第1次展開)

 <太陽光発電事業に関する合弁会社の概要>
■社名:ES Solar Farms S.r.l.
■所在地:イタリア共和国ローマ
■出資比率:EGP 50%、シャープ 40%、シャープエレクトロニクスイタリア※4 10%
■発電所予定地:イタリア、フランス、スペイン、ギリシャなど地中海地域
■発電規模:2016年12月末までに合計500MW以上

※1 イタリア最大の電力会社エネル社のグループ会社。イタリア及び世界各国の再生可能エネルギーの発電事業を展開している。
※2 欧州を代表する半導体生産会社。1987年に半導体メーカーとして、イタリア「SGS Microelettronica」とフランス「Thomson Semiconducteurs」との合弁により設立。
※3 IPP(INDEPENDENT POWER PRODUCER)とは、発電施設を設置して発電した電気を販売すること。
※4 イタリアの当社販売会社Sharp Electronics(Italia)S.p.A.。 "

関連
シャープ : 太陽光発電システム/ソーラー発電システム

Enel greenpower
Egpit
-----image : 同サイト画像

シャープ、イタリアで太陽電池生産へ 現地2社と合弁-----asahi.com,2010年1月5日

Sharp to sign joint venture agreement for production of thin-film solar cells and photovoltaic power generation business-----The Solarserver,2010-01-04

参考動画
"Why SHARP believes in Solar PV?": Solar PV.TV Interview with Peter Thiele, Sharp

(SolarPVTV,October 21, 2009)

追加情報
シャープ、イタリア現地合弁会社で5ヶ所の合計約14.4MWの大規模太陽光発電所を稼動-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-12

イタリアでの「薄膜太陽電池の生産事業」および欧州・中東・アフリカでの「太陽光独立発電事業」に関する合弁会社設立について-----シャープ、2010年8月2日

コメント続き

 Enel greenpower社のサイトを見ると、地熱、風力、太陽光、水力、バイオマスなどを世界中でてがけていることがわかります。特にアメリカでの展開にはびっくりしました。日本にここまで本格的な再生可能エネルギー企業が未だに生まれていない現実を思い知るとともに、原子力偏重という日本のエネルギー政策上での選択がただ非常に残念です。
 今後日本がこの遅れを取り戻すチャンスは、海洋にあると考えています。2010年は、海洋エネルギーの利用に関する情報の収集に時間を割いてみたいと思っています。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3しなやかな技術研究会のタイムライン4 ]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 大規模風力発電が愛され、適正なエネルギーとして認められるには? | トップページ | アルバック、太陽光発電とEV急速充電器を組み合わせたシステムを開発。茅ヶ崎市へ納品へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャープ、イタリアEnel greenpowerなどと薄膜太陽電池の生産事業および地中海における太陽光発電事業の合弁会社設立の契約締結へ:

« 大規模風力発電が愛され、適正なエネルギーとして認められるには? | トップページ | アルバック、太陽光発電とEV急速充電器を組み合わせたシステムを開発。茅ヶ崎市へ納品へ »