« 波力発電のオーシャンパワー・テクノロジー Ocean Power Technologies、三井造船と出光興産、日本風力開発などと波力発電所建設計画に合意。日本初の本格的な海洋エネルギー発電プラント、2012年には登場か!? | トップページ | 大同特殊鋼の14KW集光型太陽光発電システム、宮崎大学に導入 »

フランスのEole Water社、大気から水を作る風力発電システムを開発

 RSSリーダーでいつものようにヘッドラインをチェックしていたら、水を作る風力発電についての次のようなヘッドラインが目に飛び込んできました。まあ、新型の風力発電で水を汲み上げて、浄化するシステムについてのニュースだろうなと思っていたら、「fresh water from moisture in the air 大気中の水分から新鮮な水」を作るシステムだといいます。それも、1日あたり500リットルの水を作ることが可能、その原理は大気中の空気に含まれる水分を風力のエネルギーを使って凝縮するものだということです。川や地下水さえない土地でも利用できるのだとすれば、アフリカやオーストラリア、中国などで飲料水の確保に利用できるかもしれません。

A wind turbine that pumps out drinkable water?-----Cleantech Group,October 14, 2009

 さっそく、同社のサイトを訪れてみることにします。

Eole Water(記事中では、Aeolus Waterとなっていますが、社名変更前のサイトしかまだあがっていないようです。この記事では”Eole Water”について書いてみました。)
Eole_water
-----image : Eole Waterサイト

 同社の技術開発のページにある図をみると、発電機で冷却用のコンプレッサーを稼動させ、直径8.5mのバックウィンド型の風車のタワートップ(ナセル)の空気取り入れ口から空気を吸い込み、熱交換器で急速に冷やし水分を凝縮させるしくみだということがわかりました。こんなしくみで、よく1日500リットルの水をと考えて、この風車の出力が少なくとも10数キロW規模であることに思いいたりました。それだけの電力があれば、かなり大掛かりなコンプレッサーを動かすことができます。
 今度は、お値段のことも気にかかりますが、水のまったくない土地で大気中に含まれる水を取り出すことができるとなれば、それはそれで値打ちのある技術となるのでしょうね。
 面白いアイディアが世界にはあります。(t_t)

関連
Ces eoliennes qui produisent de l’eau-----GreenUnivers,14 octobre 2009(仏)

追加情報
GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/5/1-2 版(Naverまとめ利用)

*フランスのEole Water社の風力・造水システム。GIZMODOで紹介されました。このシステムについては、ソフトエネルギーでも2009年にとりあげています。興味深いシステムです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 波力発電のオーシャンパワー・テクノロジー Ocean Power Technologies、三井造船と出光興産、日本風力開発などと波力発電所建設計画に合意。日本初の本格的な海洋エネルギー発電プラント、2012年には登場か!? | トップページ | 大同特殊鋼の14KW集光型太陽光発電システム、宮崎大学に導入 »

コメント

仁熊 義則さん
 コメントありがとうございます。

 ”結露”で空気中から水分を取り出すというので、こんなに大量の水が得られるとは、、、、私には意外なシステムでした。

 しな研 つねとうとうじ(t_t)

投稿: t_t | 2009/10/17 19:27

大きな自然力と小さな機械力の協同

中国か南米かで、高乾燥地域での夜の高山越え結露水を多量に採集し、
それなりに多くの植物を育てていると聞いたことがあります。
これに本件のような機械力を加え工夫すると、飛躍的に効率が上り、
まさに、分散型ソフトエネルギーの理想になると思います。

投稿: 仁熊 義則 | 2009/10/17 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスのEole Water社、大気から水を作る風力発電システムを開発:

« 波力発電のオーシャンパワー・テクノロジー Ocean Power Technologies、三井造船と出光興産、日本風力開発などと波力発電所建設計画に合意。日本初の本格的な海洋エネルギー発電プラント、2012年には登場か!? | トップページ | 大同特殊鋼の14KW集光型太陽光発電システム、宮崎大学に導入 »