« 大阪ガス、生ごみ“まるごと”バイオガス化を可能にする生分解性ごみ袋とその高速分解方法の技術を開発 | トップページ | イベント 10/3 国際シンポジウム ローカル自然エネルギー・気候政策 東京会議2009 »

ナノソーラー、Nanosolar社が変換効率16.4%のCIGS薄膜太陽電池の製造に成功。この技術をもって、量産に入ると発表しました

 ナノソーラー社については、何度か断片的ですが情報をアップしてきました。かねてから、まるで太陽電池を印刷するように製造できる技術が注目されてきた太陽電池メーカーです。

Nanosolarが太陽電池製造動画公開 やっぱりプリンターだ、印刷してる!?-----ソフトエネルギー、2008/06/23

 上の記事の段階で、変換効率14%の太陽電池を毎分30m製造できる技術を開発中となっていました。そして、今回は、ナノソーラー、Nanosolar社は、変換効率16.4%のCIGS薄膜太陽電池の製造技術を確立したことを発表。この技術をもって、変換効率11%のローコストな太陽電池の量産に入ると発表しました。おそらく、製造しながら、より高い変換効率の太陽電池の製造に向かうということでしょう。

プレスリリース / Nanosolar,September 9, 2009
NREL Certifies 16.4% Nanosolar Foil Efficiency

" By Martin Roscheisen, CEO
It was May 2006 when we last released information about our power-conversion efficiencies to the public (for a cell sample on glass actually back then). We have made a lot of progress since then; so an update is appropriate.

Our lab and production teams have managed to make more progress on efficiency than we had planned on in any of our business plans. Recall that we print CIGS onto inexpensive metal foil, that is, something that some have been skeptical can work while others have been wondering whether it can deliver efficient cells.

So we are pleased to announce that our low-cost printed-CIGS-on-metal-foil cell stack and process produces quite efficient cells: Earlier this year, NREL independently verified several of our cell foils to be as efficient as 16.4%.

At 16.4% efficiency, our foil cells represent two world records in one: It's the most efficient printed solar cell of any kind (all semiconductor and device technologies) as well as the most efficient cell on a truly low-cost metal foil (with a material cost of only a cent or two per square foot and mil thickness).

In terms of our current baseline production process, our best production rolls now achieve higher than 11% median efficiency measured as equivalent to panel efficiency, with very tight cross- and down-web uniformity.

A comprehensive description of our cell technology platform as well as NREL's efficiency certifications can be found in our cell technology white paper.
.......... "

関連
Nanosolar Completes Panel Factory, Commences Serial Production-----Nanosolar,September 9, 2009

" ..........
The panel factory is automated to sustain a production rate of one panel every ten seconds, or an annual capacity of 640MW when operated 24x7. Nanosolar also today announced that serial production in its San Jose, California, cell production factory commenced earlier this year.

”Getting to the point of serial production with the unusual cost reduction involved in our technology is an accomplishment due to the incredible work and perseverance of our team,” said CEO Roscheisen.
..........
Production is presently set at approximately one MW per month. As Nanosolar's customers attain project financing from commercial banks for the new panel product, the company will increase its monthly production rate to deliver on its contractual customer commitments totaling $4.1 billion to date.
.......... "

Inside Nanosolar

(nanosolarblog,2009年09月06日)

Nanosolarline
-----image : 上記ビデオクリップよりキャプチャー画像

コメント続き

 安い材料に高速で、大型の輪転機のように太陽電池が作られていくというのですから、ラインが完成し製品がでてくるのが楽しみですね。
 日本では、すでにいくつかのメーカーがCISやCIGSの実用モジュールの量産に入っています。国際的な競争は、いよいよ1GWスケールの量産ラインのより早く、確実な立ち上げと運用という段階に入ってきました。
 ナノソーラー社も、品質に自信をもっているということですから、期待して今後の動きを待つことにしましょう。(t_t)

関連エントリー
太陽電池がプリンターで印刷できたとしたら? / YouTubeから-----自然エネルギー、2008/12/11

Nanosolar Ships First Panels / クリッピング Nanosolar Blog(世界初! 薄膜ローコスト太陽電池セルの出荷がはじまった)-----ソフトエネルギー、2007/12/20

Silicon vs. CIGS: With solar energy, the issue is material / クリッピング CNET News.com (シリコン系 vs CIGS 薄膜系太陽電池の戦い)-----ソフトエネルギー、2006/10/09

薄膜太陽電池の新興企業、大量生産に向け資金獲得 / クリッピング CNET Japan-----ソフトエネルギー、2006/06/26

追加情報
ナノソーラー Nanosolar、やっぱり印刷している! 2-----ソフトエネルギー、2010/07/23



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 大阪ガス、生ごみ“まるごと”バイオガス化を可能にする生分解性ごみ袋とその高速分解方法の技術を開発 | トップページ | イベント 10/3 国際シンポジウム ローカル自然エネルギー・気候政策 東京会議2009 »

コメント

三洋太陽光発電の専門店さん

 コメントありがとうございます。CIS、CIGSの小規模なものを試していますが、現状はよく発電してくれます。最大出力追尾型の充電コントローラーの性能も申し分ありません。
 住宅用を手がける仲間の太陽電池屋たちにも評判がいいです。

 性能についての評価は、1年未満の評価しかなく、カタログ以上のデーターがありません。情報をこちらも収集しているところです。

グリーン・ポスト t_t
 
 

投稿: t_t | 2009/09/27 22:30

はじめまして。以前から拝見させていただいています。

薄膜太陽電池も、着実に性能が上がってきてるみたですね。性能はけっこう良いという噂を聞きます。日本では、昭和シェルさん、ホンダさんが有名ですかね。

まだまだ改良すべきところは多いと思いますが、カナリ期待できる電池ですよね。ただ、耐久性はどうなんでしょうか?情報が少ないので、色々と気になるところです。

投稿: 三洋太陽光発電の専門店 | 2009/09/22 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナノソーラー、Nanosolar社が変換効率16.4%のCIGS薄膜太陽電池の製造に成功。この技術をもって、量産に入ると発表しました:

« 大阪ガス、生ごみ“まるごと”バイオガス化を可能にする生分解性ごみ袋とその高速分解方法の技術を開発 | トップページ | イベント 10/3 国際シンポジウム ローカル自然エネルギー・気候政策 東京会議2009 »