« ファーストソーラー、first solar 世界第二位の規模53MWの太陽光発電所をドイツで完成 | トップページ | SolarBee ソーラー水浄化システム »

京都大学、佐世保重工業など、浮体式洋上風力発電プラットフォームの10分の1モデルの実海域実験を実施

 京都大学、佐世保重工業など、長崎県佐世保市において浮体式洋上風力発電プラットフォームの10分の1モデルの実海域実験を実施し成功したということです。鋼とPCコンクリートを用いた構造による浮体により、洋上に浮かぶ大型のフロート風力発電の実用化に大きな成果を上げたようです。モデルの全長は12.5m(水中部分7m)ということですから、実機のサイズは、全長125mで、洋上に出る部分は、55mとなる計算でしょうか? 発表によれば、2MW級の大型風力発電機を想定しての実験だということです。日本の洋上風車の実用化に大きく道を開きそうな実験です。

プレスリリース / 京都大学、2009年9月8日
ハイブリッドスパー型 10分の1モデルによる浮体式洋上風力発電プラットフォーム実海域実験に成功

01
-----image(”実験の様子”) : 同リリースより

" 京都大学、佐世保重工業株式会社(社長:森島 英一)、戸田建設株式会社(社長:井上 舜三)、日本ヒューム株式会社(社長:野村 静夫)は、長崎県佐世保市において、世界で初めて、鋼・PCコンクリートのハイブリッドスパー構造による、浮体式洋上風力発電施設用プラットフォームを共同で開発し、10分の1モデルの実海域実験によりその有効性を確認しました。
..........
 そこで、構造的、水理的安定性とコストパフォーマンスに優れたスパー形状を採用し、京都大学2次元水槽による100分の1モデル(2007年)、海上技術安全研究所深海水槽による20分の1モデル(2008年)と実験を重ねた結果、我が国の海域条件には、水深50m程度の比較的浅い海域から100m以深の海域まで、広い海域で対応可能な形式が有効と考え、鋼とPCコンクリートを用いたハイブリッド構造による浮体を開発し、10分の1モデルによる実海域実験により検証しました。
..........
 本実験の成功により、設計、建造などの技術的課題を土木技術と造船技術の融合により克服したことから、洋上風力発電プラットフォームは実物大モデルでの実用化を残すだけとなり、実用化に向け新たな段階を迎えることになります。
..........

03_1
-----image[”実物大モデル完成イメージ(2MW級)”] : 同リリースより
.......... "

関連
ハイブリッドスパー型1/10モデルによる 浮体式洋上風力発電プラットフォーム実海域実験に成功!-----戸田建設、2009年9月8日
20090908_02
-----image(”実験モデル(1/10) 全長12.5m 吃水7m(水中部分)”) : 上記リリースより

佐世保重工業 / お知らせ(2009.9.8) ハイブリッドスパー型 1/10モデルによる浮体式洋上風力発電プラットフォーム実海域実験に成功

海にプカリ 風力発電 SSKや京大、国内初成功 浮体式、設置海域広く 3年後の実用化目指す-----47News,2009年9月9日


コメント続き

 先月には、銚子沖で東京電力などが洋上風車の実験を開始するとの発表がありました。いよいよ、日本での洋上風車の実用化に向けた動きが活発化してきたのでしょうか? 陸上の風車が環境や住環境への悪影響が懸念され、風力発電の立地計画がむずかしくなっていると言われる現状において、海は新天地となってくれるでしょうか。

東京電力と東大、千葉県銚子市沖合で洋上風力発電の開発のための基礎研究を開始-----ソフトエネルギー、2009/08/19

 洋上風車のうちフローティングタイプは、海外でもようやく実機が建設され、運用されはじめた段階です。海洋国家として海洋エネルギー立国を大きな柱として、海と共存できる国としての生き方を作っていきたいものです。(t_t)

参考エントリー
世界初! ノルウェー、フローティング・ウィンドファームの実証実験が始まった!-----ソフトエネルギー、2009/07/02

洋上風車建設にむけて、国内そして海外での動き-----ソフトエネルギー、2008/07/18


追加情報
京大、戸田建設ら、環境省の五島沖の浮体式風力発電実証試験の第一段階100kW基によるテストを開始-----ソフトエネルギー、2012/06/14

洋上風力発電の試験機浮かぶ-----長崎新聞、2012/6/10

GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/6/10-11日版(Naverまとめ利用)

"*五島列島沖での浮体式風力発電機のテストがいよいよはじまりました。2MW機の開発のために、まずは100kWの小規模試験機を実施海域に設置し、環境影響や安全性に関する情報を収集するということです。実験機の直径は、70m。京都大学と佐世保重工業などが共同開発したハイブリッドスパー型です。"

環境省、国内初の浮体式風力発電の実証地として五島沖を選定、実証実験へ。2016年の実用化を目指す-----ソフトエネルギー、2010/12/24

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/24


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


-----グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----


|

« ファーストソーラー、first solar 世界第二位の規模53MWの太陽光発電所をドイツで完成 | トップページ | SolarBee ソーラー水浄化システム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都大学、佐世保重工業など、浮体式洋上風力発電プラットフォームの10分の1モデルの実海域実験を実施:

« ファーストソーラー、first solar 世界第二位の規模53MWの太陽光発電所をドイツで完成 | トップページ | SolarBee ソーラー水浄化システム »