« 米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ / クリッピング EE Times Japan | トップページ | 環境省「温室効果ガス2050年80%削減のためのビジョン」で2050年に太陽光発電140倍などを構想 »

太陽電池業界の熾烈な競争と業界の拡大。ファースト・ソーラーの太陽電池?

 今日は、記事のクリッピングにコメントをつけて、おおくりします。

世界の太陽電池生産能力、2009年に56%拡大へ=調査-----ロイター、2009年 08月 12日

" 報告は、米ファースト・ソーラー(FSLR.O: 株価, 企業情報, レポート)を生産能力1ギガワット超の太陽電池生産最大手と位置づけている。 "

 太陽電池の在庫は世界的にはだぶついているので、それらがどこに向かうのか気になるところです。日本の太陽光発電業界は好調のようですので、世界の太陽電池メーカーがこの市場に来るということも多いに考えられます。サンテックの太陽電池も大手家電量販店で販売されるようなので、日本のメーカーもなかなか大変です。それにしても世界一の太陽電池メーカーへ躍り出たファーストソーラーはどんな会社なのでしょうか? あまり知られていないし、情報がありません。

企業紹介:First Solar (ファースト・ソーラー)-----クリーンテック(CleanTech)、2009-08-08

 タイミングよく、企業の紹介の記事を見つけました。今度、ここソフトエネルギーでも独自のファーストソーラーについての記事を企画してみたいです。

 世界的な経済危機や欧州の状況から太陽電池はよくて横ばいかと思っていましたが、先のロイターの記事では、2009年も拡大するということです。驚くべきことです。記事の元になった発表には、さらにさまざまな情報があり興味深いです。

Previously Committed Capacity Expansions Cause Solar Cell Manufacturing Capacity to Surge 56% in 2009 Despite Falling End Market-Demand-----DisplaySearch,August 11, 2009

" ..........
Of the 3.58 GW of thin film capacity available in 2009, more than 30% use 600 × 1200 mm glass substrates, the standard CdTe glass size used by First Solar. Gen 5-equivalent substrates, ranging from 1000 × 1200 to 1100 ×1400 mm, are the second most common glass size, used for 18% of available thin film capacity.
.......... "

 ファーストソーラーのCdTe薄膜太陽電池、どれほどのものかわかりませんが、コストも安く、ライフサイクルのリサイクルも確立しているということですから、その販売戦略も含めて調べてみる価値がありそうです。(t_t)

参考
First Solar / Product Overview

Stephan Hansen (First Solar) - Thin Film Future 2008 - Part 1/3

(solarplaza,2009年04月05日)

関連エントリー
ファーストソーラー、first solar 世界第二位の規模53MWの太陽光発電所をドイツで完成-----ソフトエネルギー、2009/09/08

太陽電池の今、そして今後。最近のリポートから-----自然エネルギー、2009/8/27

中国サンテック、躍進。世界の太陽電池の過剰在庫、2012年まで継続-----しなやかな技術研究会β、2009-08-11

追加情報
ファーストソーラー、全従業員の30%にあたる2000人を削減。ドイツ工場の閉鎖も-----自然エネルギー、2012/04/18

ファーストソーラー First Solar 、ネバダ州で250MWの大規模太陽光発電所の建設計画を開始-----ソフトエネルギー、2011/2/16

ファーストソーラー First Solar、第二四半期業績発表。2012には、2GWp体制確実とのこと!-----自然エネルギー、2010/08/26

ファーストソーラー First Solar のリサイクルシステムと同社のCdTe太陽電池の展開。2009年度1GWp越えNo.1の実績-----ソフトエネルギー、2010/06/08



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ / クリッピング EE Times Japan | トップページ | 環境省「温室効果ガス2050年80%削減のためのビジョン」で2050年に太陽光発電140倍などを構想 »

コメント

meseyanさん

 株をやっている人も大変ですね。とはいえ、面白いんでしょうね。

しな研 t_t

投稿: t_t | 2010/04/24 01:21

ファーストソーラーと
サンテック迷ったんですよ
どっちの株買うか
でサンテック買ったら
どっちも下落したとw

投稿: meseyan | 2010/04/20 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽電池業界の熾烈な競争と業界の拡大。ファースト・ソーラーの太陽電池?:

« 米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ / クリッピング EE Times Japan | トップページ | 環境省「温室効果ガス2050年80%削減のためのビジョン」で2050年に太陽光発電140倍などを構想 »