« 三洋電機、ポータブルの太陽電池とリチウム電池パックなどのセットを発表 | トップページ | 太陽電池業界の熾烈な競争と業界の拡大。ファースト・ソーラーの太陽電池? »

米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ / クリッピング EE Times Japan

米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ-----EE Times Japan,2009/07/21-----Analyst: Solar approaching grid parity in U.S.

 2015年に「太陽光発電で生成した電力のコストが、一般の送電網から供給される電力のコストと同等かより安価に供給できる状態を指す。」グリッドパリティという状況が、米国の電力供給量の3分の2において実現するというリポートがアメリカででたようです。日本でもだいたいそんな状況が予想されていますので、あと5年で太陽光発電をめぐる状況は、離陸期に突入すると考えることができます。

関連
Countdown to “Grid Parity”-----Good,July 20, 2009

参考
Wikipedia : Grid parity

PV Analyst Warns of Marooned Megawatts-----PV Society.com,October 6, 2008

Energy Revolution 2.0

(inovajon,2009年03月04日)

America’s Electrical Grid, Present and Future-----Good,May 5, 2009

コメント続き
 この2015年までの時間が国の施策的には非常に大切です。この間の努力を怠ったり、間違うと日本の太陽電池業界にとってあまりに大きな損失となりそうです。
 上のビデオクリップは、楽観的な未来ではありません。公共交通網として鉄道が走り、その電力は再生可能エネルギーによって、より多くを賄うことができます。その前提が、グリッド・パリティの成立です。そうした状況になれば、地震国であえて原子力発電を積極的に推進する理由はなくなると考えています。危険な原発からお引取り願えます。楽観的かもしれませんが、実現できる可能性のあるエネルギーの革命の余地が残されています。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 三洋電機、ポータブルの太陽電池とリチウム電池パックなどのセットを発表 | トップページ | 太陽電池業界の熾烈な競争と業界の拡大。ファースト・ソーラーの太陽電池? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ / クリッピング EE Times Japan:

« 三洋電機、ポータブルの太陽電池とリチウム電池パックなどのセットを発表 | トップページ | 太陽電池業界の熾烈な競争と業界の拡大。ファースト・ソーラーの太陽電池? »