« 独REpower Systems、6MWの大型風力発電機のウィンドファーム完成 | トップページ | 東大先端科学技術研究センターが泥を使った色素増感太陽電池で変換効率10.3%を達成 »

アメリカの風力と太陽エネルギー関連団体、リポートでグリーンパワー・スーパーハイウェイ建設を訴える

 風力エネルギー協会(AWEA)と、太陽エネルギー産業協会(SEIA)は、Electric Superhighway構想のメリットを訴えるリポート"Green Power Superhighways Building a Path to America’s Clean Energy Future"を発行しました。
 Electric SuperhighwayまたはGreenPower Superhighwayは、アメリカ大陸を高い電圧の送電線網で結ぶことで、送電コストとロスを小さくし、風力発電や太陽光発電で発電した電力を、遠くの州の人口密集地まで送電するという計画です。電圧が765KVということで、765-kilovolt (kV) 高圧送電網とよばれるシステムは、すでに建設が進められています。さらに、立地、建設計画が進められ、米東部を中心に部分的には具体化しそうです。それを全米に張り巡らせることができるか? アメリカの選択に注目です。

吹くか、オバマ風 アメリカの風力エネルギー-----ソフトエネルギー、2009/01/15

 上のエントリーに、資料があります。

プレスリリース / American Wind Energy Association (AWEA),Solar Energy Industries Association (SEIA),February 17, 2009
SOLAR, WIND INDUSTRIES RELEASE WHITE PAPER ON GREEN TRANSMISSION SUPERHIGHWAY

" he American Wind Energy Association (AWEA) and the Solar Energy Industries Association (SEIA) today released a white paper titled “Green Power Superhighways: Building a Path to America’s Clean Energy Future,” detailing current inadequacies of the U.S. electric transmission infrastructure and offering policy solutions to address them.

Inadequate transmission capacity is a significant barrier to renewable energy development in the U.S. Underscoring that fact, SEIA President and CEO Rhone Resch and AWEA CEO Denise Bode held a news conference with reporters today to announce publication of the white paper.

The release of the paper comes at a critical time. President Obama and Congress have made strong commitments to renewable energy as a driver for jobs creation and economic growth, but the nation’s renewable energy resources can not reach their full potential without renewed investment in our transmission infrastructure.
..........
The white paper is available at
http://www.awea.org/GreenPowerSuperhighways.pdf "


Gridsuperhighway
-----image : "Green Power Superhighways Building a Path to America’s Clean Energy Future"カバー

関連記事
[環境CSR]米国、再生可能エネルギー普及に向けた白書を発表-----ecool,2009年03月24日

米エネルギー省、2030年に電力の20%を風力で賄うことができるとのリポート、”20 Percent Wind Energy by 2030”を発表-----ソフトエネルギー、2008/05/14

吹いたオバマ風! グリーン・ニューディールで再生可能エネルギー枠に、投資促進1千億ドル-----ソフトエネルギー、2009/01/27

コメント続き
 765-kilovolt (kV) 高圧送電網の建設を進めるAmerican Electric Power社のサイトの情報によれば、この高圧送電網が中心となってもたらされるAEP Grid Smartプロジェクトにおいては、再生可能エネルギーだけでなく、高効率の火力発電所、徹底的な電力の見える化により無駄をはぶき、発電、送電、給電さらには、家庭の電力の消費や電気自動車の運用システムにまでいきわたったスマートグリッドという概念が語られています。


American Electric Power : Transmission: The Next Interstate System / AEP Interstate Project (I-765)

 AEP社はIBMのパートナーにも選ばれスマートグリッドはIT産業までも巻き込み大きな展開を見せようとしています。IBMの制作した動画は、よくこのあたりの様子を表現しています。このビデオを見て、気になってきたことがあります。送電中にどれだけの電力が失われるのか?(t_t)

An Exercise in Utility - IBM smart grid

(IBMSocialMedia,2008年11月23日)

ETA: Electric Transmission America

(AEPtv,2009年03月25日)

IBMがスマートグリッド省電力プログラムで2件の契約を獲得-----ZDNet Japan,2008年11月27日
 
MEMO 探索中、気になった情報です。

Harvest The Wind


(americanwindenergy,2009年03月27日)

プレスリリース / Solar Energy Industries Association (SEIA),MARCH 17, 2009
Solar Energy Research & Education Foundation, Google.org Release 'Solar Jobs Map' Projecting Economic Growth Across Nation

Solar Energy Research & Education Foundation (SEREF) : The SEREF Solar Jobs Map
Solarjobmap
-----image : Solar Jobs Maps、Google Earthレイヤーより

OCS Alternative Energy and Alternate Use Programmatic EIS



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 独REpower Systems、6MWの大型風力発電機のウィンドファーム完成 | トップページ | 東大先端科学技術研究センターが泥を使った色素増感太陽電池で変換効率10.3%を達成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの風力と太陽エネルギー関連団体、リポートでグリーンパワー・スーパーハイウェイ建設を訴える:

« 独REpower Systems、6MWの大型風力発電機のウィンドファーム完成 | トップページ | 東大先端科学技術研究センターが泥を使った色素増感太陽電池で変換効率10.3%を達成 »