« MITソーラーカー、三輪のEleanorは巡航速度88km/時の高速車。10月の2009 World Solar Challengeに出場予定 | トップページ | 京セラ 中国へ。60MW/yearから240MW/yearの太陽電池生産量増大を目指して »

ドイツの再生可能エネルギーアカデミーが研修生を受け入れ、再生可能エネルギーの技術移転のためのプログラムを開始 tree -transfer renewable energy & efficiency -

 ドイツの再生可能エネルギーアカデミー(Renewables Academy)が再生可能エネルギーの技術移転のためのプログラムを開始、中国やアフリカの各国から研修生を招いて技術移転のためのプログラムを始めたということです。気候変動そのプログラムの名前は、tree -transfer renewable energy & efficiency - その名も再生可能エネルギーと省エネの技術移転プログラム。昨年に世界にむけて、募集をかけたところ多数の応募があり、今期14カ国200名を越える奨学生が太陽光発電、風力発電、太陽熱利用、バイオマス、地熱、そして省エネ技術などの講義を受講しているということです。

プレスリリース / Renewables Academy,2008/12/08
Renewables Academy offers Transfer of German Know-How to Combat Climate Change

" Renewables Academy offers Transfer of German Know-How to Combat Climate Change
International decision makers and engineers from 14 countries are being invited to the RENAC Renewable Energy Training Center in Berlin
Berlin, 08.12.2008 - As part of the TREE scholarship program engineers and decision makers from a total of 14 countries in South America, Asia and Africa are being invited by the German Renewables Academy (RENAC) to seminars on renewable energy and energy efficiency technologies and climate protection. The objective of the TREE project is to disseminate knowledge with the aim of advancing global climate protection, in line with the agreements of the Kyoto Protocol process. The project was initiated by RENAC and is being supported by the German Federal Ministry for the Environment.
......... "

Federal Environment Ministry promotes capacity building for sustainable energy supply-----Federal Environment Ministry,19.02.2009

関連
Project TREE - Transfer Renewable Energy Efficiency / TREE picture gallery
Treerenewableenergytransferpr
-----image : 同サイト画像

関連記事
ドイツ 再生可能エネルギーや省エネに関する知識の移転を推進-----EICネット 海外ニュース、2009.02.19

コメント続き
 treeプログラムの画像集を見ると、内容や雰囲気が理解できます。日本では、海外の研修生を受け入れる政府の施設どころか、再生可能エネルギーや省エネ技術を計画立案、具体的な技術、マネージメントまで広範に教えてくれるような公共的な組織はありません。日本でやると、また天下り法人を作ってしまうので頭が痛いですが、本気でエネルギーの転換を考えるようになった場合には、日本でも技術者、施工者、経営者が足りません。知識を育て共有する場が必要だと思います。


 ドイツは、再生可能エネルギーの分野で世界に積極的に働きかけています。再生可能エネルギーは、大規模集中型のシステムとしての利用も有効ですが、もっとも本質的な違いは小規模分散型の地域エネルギーの利用と管理を行うことができる点です。その技術は、民間や市民にも広く理解され、技術者も支援者としてサポートできる民主的な技術です。そのあたり、そもそも自然環境に依存したエネルギーという点を前面に、地域での新たな暮らしという側面に光をあてると、日本の風土が輝きだすという世界なのですが、、、、。まだ、日本ではそれほど力をもった人の理解者がいないようで、、、。(t_t)

参考エントリー
再生可能エネルギー促進のための国際機関創設へ / クリッピング 日刊 温暖化新聞-----ソフトエネルギー、2008/12/02

-----Google GreenPostサイト横断検索 : 再生可能-----

-----Google GreenPostサイト横断検索 : IRENA-----



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« MITソーラーカー、三輪のEleanorは巡航速度88km/時の高速車。10月の2009 World Solar Challengeに出場予定 | トップページ | 京セラ 中国へ。60MW/yearから240MW/yearの太陽電池生産量増大を目指して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの再生可能エネルギーアカデミーが研修生を受け入れ、再生可能エネルギーの技術移転のためのプログラムを開始 tree -transfer renewable energy & efficiency -:

« MITソーラーカー、三輪のEleanorは巡航速度88km/時の高速車。10月の2009 World Solar Challengeに出場予定 | トップページ | 京セラ 中国へ。60MW/yearから240MW/yearの太陽電池生産量増大を目指して »