« 国土交通省、港湾政策における再生可能エネルギー利用や省エネの促進を含めた答申内容を発表 | トップページ | 気候ネットワークと環境エネルギー政策研究所、日本型買取制度の問題点を指摘、国会主導の再生可能エネルギー拡大のための法律を提案 »

京セラ、アメリカの鉄道施設向け太陽光発電システムをラインナップ

 京セラが、アメリカの鉄道施設向けのバッテリーありの独立系の太陽光発電システムの提供をはじめるということです。未電化地域も多数かかえるアメリカならではのシステムと考えることもできますが、逆に世界にはまだまだ未電化の地域が広大な面積を占めていることを考えれば、こうした独立系のシステムが汎用といえる状況があります。

プレスリリース / KYOCERA,March 24, 2009
KYOCERA and TESSCO Announce Partnership to Launch and Distribute Standard Railroad Solar Power Systems

" Kyocera Solar, Inc. is pleased to announce that TESSCO Technologies Incorporated has become its official distribution partner for a new line of standard solar power systems targeted to the railroad market. Kyocera’s standard railroad solar power systems, RR 24/7, have undergone recent design enhancements providing even higher quality, ease of installation, and product performance longevity.

With over 20 years of railroad product design and installation experience, Kyocera Solar, Inc. developed the RR 24/7 product line to meet the unique demands of the railroad industry. These upgraded systems come as part of Kyocera’s market initiative, “Sunlight to Service,” to provide quality off-grid solutions for the industrial market. Kyocera’s solar panels and all components of the RR 24/7 product line are UL certified, backed by warranty, and specifically designed and engineered to ensure the quality and performance of the product. "

KYOCERA and TESSCO Announce Partnership to Launch and Distribute Standard Railroad Solar Power Systems-----TESSCO,03/24/09
Kyocerarailwaypv
-----image : TESSCO社商品資料”Railroad Solar Power Systems Kyocera's RR24/7 (Solar Power for Railroad...Made Simple)”より

コメント続き

 システムの概要は、130Wから1kWまでの太陽電池とコントローラー、そしてバッテリーシステムで構成され、信号などの鉄道用施設の電源として販売する方針のようです。
 写真でみるとコントローラーはXantrex社のC Seriesのようです。長らく独立系太陽電池の世界で使われてきた信頼の充電コントローラーです。
 システムは、単純ですが、24時間駆動信頼性が要求されるので日射条件と負荷容量に見合った太陽電池の選択を含めた慎重な設計が求められます。システムの容量は、”Solar Power for Railroad...Made Simple”のサイトに掲載されていました。
130Wp(17.6V-7.39A)の独立系の太陽電池1枚で、カリフォルニアのベイエリアなどBゾーンでは、22.17AH/dayの負荷容量をまかなうことができるということです。日本日射条件での平均が、16.8AH/day程度だと思われ、Bゾーンは日本では、最高に日射量の多い地域に相当しています。この上に、アリゾナ、ニューメキシコのAゾーンがあり、27.71AH/dayの負荷容量をまかなうことができるということです。これは、日本の平均の、1.64倍も太陽光発電にとっては日射条件が好条件となります。バッテリーのシステム容量が書かれていないので、日本のシステムと全体で比較できないのが残念です。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« 国土交通省、港湾政策における再生可能エネルギー利用や省エネの促進を含めた答申内容を発表 | トップページ | 気候ネットワークと環境エネルギー政策研究所、日本型買取制度の問題点を指摘、国会主導の再生可能エネルギー拡大のための法律を提案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京セラ、アメリカの鉄道施設向け太陽光発電システムをラインナップ:

« 国土交通省、港湾政策における再生可能エネルギー利用や省エネの促進を含めた答申内容を発表 | トップページ | 気候ネットワークと環境エネルギー政策研究所、日本型買取制度の問題点を指摘、国会主導の再生可能エネルギー拡大のための法律を提案 »