« ドイツの再生可能エネルギーアカデミーが研修生を受け入れ、再生可能エネルギーの技術移転のためのプログラムを開始 tree -transfer renewable energy & efficiency - | トップページ | オーストラリアで太陽電池セルを印刷機で試し刷り! »

京セラ 中国へ。60MW/yearから240MW/yearの太陽電池生産量増大を目指して

 世界的な経済危機の中でもまったく恐れを知らないのが、世界の太陽光発電業界です。自国がだめなら、有望なところへ、市場にかげりがでたら、それ以外の地域へと、太陽電池業界が旺盛に動いています。京セラが、天津に新工場を作り、現在60MW/年から、2011年以降に最終的な生産能力240MW/年を目指して確実に結晶系太陽電池の生産増強に動いています。

プレスリリース / 京セラ、2009年2月20日
京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司新工場棟建設について
000937_2
-----image(”京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司 新工場棟完成予想図”) : 同リリースより

" アジア市場向け太陽電池モジュールの生産体制拡充へ
京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、中国・天津市にある太陽電池モジュールの生産拠点、京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司において、生産能力を拡充するため、新工場棟を建設いたします。
このたびの新工場棟建設は、京セラが太陽電池セルの生産量を650MW(2011年度)へと増産していくことにあわせ、モジュール生産についても生産体制の拡充をおこなうものです。アジア市場向けを中心とした太陽電池モジュールの生産を行う同社の生産能力は、現在60MW/年ですが、2011年以降に最終的な生産能力240MW/年を目指し、設備を増強してまいります。
新工場棟は、本年4月に着工し、2010年春頃に竣工する予定です。完成後は、京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司の現在の生産機能を順次新工場棟に移管し、最終的には全面移管する予定です。
なお、本年2月18日、新工場棟の着工式を実施しましたので併せてお知らせいたします
.......... "

関連記事
京セラが太陽電池戦略 生産体制の拡充に乗り出す-----MSN産経ニュース、2009.3.1

Kyocera to build new Chinese solar PV module plant, will quadruple capacity at site-----PV Tech.org,20 February 2009

コメント続き

となると気になるのは他社の動き、、、しかしこのところ時間があまりなく、情報をチェックできていません。ということで、有望な情報や興味深い話題にたどりつくための確度をあげたいと思って、ブックマークを整備しはじめました。(t_t)

Google site : 自然エネルギー / Rnewable Energy News / Bookmarks



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« ドイツの再生可能エネルギーアカデミーが研修生を受け入れ、再生可能エネルギーの技術移転のためのプログラムを開始 tree -transfer renewable energy & efficiency - | トップページ | オーストラリアで太陽電池セルを印刷機で試し刷り! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京セラ 中国へ。60MW/yearから240MW/yearの太陽電池生産量増大を目指して:

« ドイツの再生可能エネルギーアカデミーが研修生を受け入れ、再生可能エネルギーの技術移転のためのプログラムを開始 tree -transfer renewable energy & efficiency - | トップページ | オーストラリアで太陽電池セルを印刷機で試し刷り! »