« 吹くか、オバマ風3 アメリカの太陽エネルギー | トップページ | 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース »

洋上風車などの再生可能エネルギーの開発、そして電気自動車を都市作り電力供給計画にまで活用するVehicle-to-Grid (V2G)が米デラウェア州ニューアークで開始

 風力発電、太陽光発電などの再生可能エネルギーの開発が進むアメリカで、デラウェア大学の研究グループが電気自動車を使って電力の蓄電、ひいては平準化、安定化を試みるVehicle-to-Grid (V2G)の実証実験を開始しました。デラウェア州ニューアークで開始された店舗を使った実験を皮切りに、やがては都市全体のエネルギーの利用形態を再生可能エネルギーにシフトさせる壮大な実験となります。
 都市と大学研究機関をまきこんだエネルギーと気候変動問題への具体的な取り組みとして、カーボン・フリーな地域、都市の電力利用とビジネスの展開として大いに注目を集めています。
 システムとしては、電気自動車、ハイブリッド車(Plug-In)、燃料電池車などの蓄電池に蓄えた電力を、送電網に逆潮させるというダイナミックな電力マネージメントシステムの構築を目指すということです。

プレスリリース / City of Newark,Delaware,January 12, 2009
Press Releases / City of Newark, Delaware, First in Nation to License Electric Cars to Provide Power(PDF)

" On Friday, January 9, 2009, the City of Newark became the first electric
utility in the United States to approve the use of an electric vehicle to store and provide power for the
local electric grid.
The vehicle, which runs on electricity alone, is specifically designed to store energy and improve grid
reliability. University of Delaware researchers helped develop the concept, called Vehicle-to-Grid (V2G),
by working with a consortium of industry partners over the past decade to establish the
communications protocol between the vehicle and the grid operator. Industrial partners in the
consortium include Delmarva Power and its parent company Pepco Holdings Inc; PJM, the regional grid
operator; California-based electric vehicle manufacturer AC Propulsion; and others.
With the City of Newark’s approval, the UD team is now conducting V2G testing at two outlets within
the City’s service territory.
Associate Professor of Marine Policy Willett Kempton explained how the technology benefits the grid
operator. Currently, there is no energy storage built into the electric grid system, meaning that
electricity usage and electricity generation must be simultaneous. As fluctuating, non-dispatchable
renewable sources, such as solar and wind power, become a larger fraction of our electric generation,
energy storage will help grid operators smooth power output fluctuations.
“Wind tends to blow stronger at night when the electric load is low,” he said. “If electric vehicles
charged at night with wind power, the grid operator could use the energy in the batteries, when vehicles
aren’t needed for driving and are plugged in, to help maintain grid reliability. The vehicle owner would
then be paid for providing these energy services at a greater value than what they paid for the
electricity.”
.......... "

関連
Center for Carbon-free Power Integration

University of Delaware :V2G: Vehicle to Grid Power / Kurze Neuigkeiten uber V2G in deutscher Sprache(日本語訳”V2G コンセプト:電源確保の新しいモデル”pdfが用意されています。)
V2gjapanease-----image : 日本語資料の表紙

University of Delaware College of Marine and Earth Studies : Offshore Wind Power / Delaware Offshore Wind Project

V2G car generates electricity--and cash-----University of Delaware News,Nov. 28, 2007

関連記事
City Of Newark, Delaware First US Electric Utility to Approve Use of V2G-----Green Car Congress,18 January 2009

YouTube : SeaTalk - Electric Car Technology-----DESeaGrant,2008年08月29日

コメント
 この実験のことは、以前から聞いていたのですが、電気自動車の蓄電池を再生可能エネルギーにおける大規模な蓄電池配備の代わりとして利用しようというアイディアを実際に都市レベルで考えていることは、資料を何度読んでも興味深いものです。発想の自由さと、アメリカのグリーンな産業の実験的な先進性を垣間見る思いです。
 電気自動車、燃料電池車に搭載される能力は、利用頻度やタイミングしだいで、蓄電装置、水素発電装置として機能する可能性があります。デラウェア州の洋上風力発電は、計画通りならば2011年に着工し、66基の洋上風車、合計200MWの規模で建設がはじまります。他の地域の洋上風車も、次々と計画が進んでいますので、オバマ風は間違いなく吹いているようです。(t_t)

YEAR IN REVIEW: Offshore wind farm gets the OK-----The Daily Times, DECEMBER 31, 2008

BLUEWATER WIND / Wind Park Visualizations
Bluewaterwind
-----image : 同社サイト画像

関連記事

Offshore wind power park announced for Delaware-----Barking Moonbat,06/24/2008

参考
Delaware Energy Office / Delaware's Best Response to Climate Change

吹くか、オバマ風 アメリカの風力エネルギー-----ソフトエネルギー、2009/1/15

スマートグリッド とりあえずの情報集積場 / ブックマーク-----自然エネルギー、2009/05/30



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« 吹くか、オバマ風3 アメリカの太陽エネルギー | トップページ | 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース »

コメント

追加情報
・アメリカ、デラウェア州ニューアークの電気自動車の蓄電池を利用した電力平準化実験の続報-----自然エネルギー、2009/2/1
http://greenpost.way-nifty.com/k/2009/02/post-001e.html

投稿: 追加情報 アメリカ、デラウェア州ニューアークの電気自動車の蓄電池を利用した電力平準化実験の続報 | 2009/02/01 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋上風車などの再生可能エネルギーの開発、そして電気自動車を都市作り電力供給計画にまで活用するVehicle-to-Grid (V2G)が米デラウェア州ニューアークで開始:

« 吹くか、オバマ風3 アメリカの太陽エネルギー | トップページ | 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース »