« 洋上風車などの再生可能エネルギーの開発、そして電気自動車を都市作り電力供給計画にまで活用するVehicle-to-Grid (V2G)が米デラウェア州ニューアークで開始 | トップページ | 吹くか、オバマ風4 アメリカの自然エネルギー »

日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース

 日本TIが太陽電池搭載の無線センサーネットワークの構築を可能にするクレジットカード大の「ソーラー・エナジー・ハーベスト」開発キットの販売を開始しました。

プレスリリース / 日本TI,2009年1月20日
日本TI、無線ネットワーク向けに、外部からの電源供給が不要な「ソーラー・エナジー・ハーベスト」開発キットを発表
Scj_09_005
-----image : 同リリースより

" 最先端のフィルム・タイプ充電池にTIの超低消費電力『MSP430』マイコンと無線技術を搭載した『eZ430-RF2500-SEH』キット
 日本テキサス・インスツルメンツ(本社:東京都新宿区、社長:山崎俊行、略称:日本TI)は本日、産業、輸送、農業、および通信アプリケーション向けに、光エネルギーを電力に変換する「ソーラー・エナジー・ハーベスト(注)(SEH)」開発キット『eZ430-RF2500-SEH』を発表しました。無線ネットワークシステム設計においては、各種の代替エネルギーが注目されており、今回は光エネルギーを活用したものです。この「ソーラー・エナジー・ハーベスト(SEH)」開発キット『eZ430-RF2500-SEH』はクレジットカードほどの大きさで、米国Cymbet社製の最先端フィルム・タイプの固体リチウム二次電池(EnerChip?)に、TIの『MSP430』マイコン(MCU)と『CC2500』RFトランシーバを搭載した『eZ430-RF2500開発ツール』を組み合わせました。これにより開発者は、光エネルギーによる自己発電を用いた無線センサーネットワークの設計を容易に行うことができます。このシステムでは一次電池を使用しないため、遠隔地や作業が行いにくい環境下で時間、費用、危険が伴っていた定期的な電池交換作業が一切不要となります。
『eZ430-RF2500-SEH』開発キットは19,800円(税込み:希望小売価格)にて、2月以降TIおよび販売特約店より販売開始の予定です(www.tij.co.jp/ez430-RF2500-SEH)。

遠隔地や作業が行いにくい環境下での作業改善に向けて、無線センサーはますます集積化と小型化が進んでいます。従来、無線機器の駆動にはコイン電池や乾電池が必要だったため、電池のスペースが必要でした。今や、この電池スペースにこの度の「ソーラー・エナジー・ハーベスト(SEH)」モジュールを組み込むことで、明暗いずれの環境下でも「エナジー・ハーベスト」技術を用いた効率的な充電、処理および送信が可能となりました。

注)エナジー・ハーベスト:熱、光、振動などの周囲の環境にあるエネルギーを電気に変換し、一次電池や外部電源を使わずに電子部品を駆動する技術


『eZ430-RF2500-SEH』開発キットの主な特長
.......... "

コメント
 無線通信用のユニットが太陽電池で運用できると電源の供給回路や電源の配線が不要となりセンサー網の多用とネットワーク化が可能になります。太陽電池に限らず、独立電源を搭載したこうしたデバイスを開発し、エネルギーの収穫というネーミングをつけたことが、どこかピンとくるところがある商品でしたので、紹介します。
 ちなみに、小社グリーン・ポストでは扱っておりませんので、販売店にどうぞ。(t_t)

参考
東京エレクトロン デバイス TED、INFINITE POWER SOLUTIONS社の低自己放電率の全固体薄膜2次電池 THINERGYの取り扱いを開始-----しなやかな技術研究会、2010/08/04

Wireless sensor networks, energy harvesting and RFID in Asia-----Energy Harvesting Journal,29 Jul 2010



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 洋上風車などの再生可能エネルギーの開発、そして電気自動車を都市作り電力供給計画にまで活用するVehicle-to-Grid (V2G)が米デラウェア州ニューアークで開始 | トップページ | 吹くか、オバマ風4 アメリカの自然エネルギー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース:

« 洋上風車などの再生可能エネルギーの開発、そして電気自動車を都市作り電力供給計画にまで活用するVehicle-to-Grid (V2G)が米デラウェア州ニューアークで開始 | トップページ | 吹くか、オバマ風4 アメリカの自然エネルギー »