« 吹くか、オバマ風2 アメリカの海洋エネルギー、波力・潮汐・潮流発電 | トップページ | 吹くか、オバマ風3 アメリカの太陽エネルギー »

独Fraunhofer ISEが、変換効率41.1%のマルチジャンクションタイプの開発に成功

 マルチジャンクション(多接合型)タイプという太陽電池は、利用波長の異なる太陽光発電素子を複数組み合わせることで、高い変換効率を実現しようとする太陽電池で、GaAs系などが宇宙開発に利用されてきました。こうした特殊な太陽電池の分野で高い変換効率を実現することが、将来的には化合物系の薄膜太陽電池の開発研究に大きな可能性をもたらすと思われます。
 今回、ドイツのFraunhofer ISEが開発に成功した5mmの大きさのマルチジャンクション太陽電池は、GaInP/GaInAs/Geの多接合型太陽電池で、変換効率は41.1%で、米Spectrolabのこれまでの世界記録の40.7%を抜き世界一となったということです。

プレスリリース / Fraunhofer ISE,14.01.2009
World Record: 41.1% efficiency reached for multi-junction solar cells at Fraunhofer ISE
Image_isepopupview
-----image(”Photo of the new world record solar cell made of Ga0.35In0.65P/Ga0.83In0.17As/Ge with a cell area of 5.09 mm2.”) : 上記リリースより

" Researchers at the Fraunhofer Institute for Solar Energy Systems ISE have achieved a record efficiency of 41.1% for the conversion of sunlight into electricity. Sunlight is concentrated by a factor of 454 and focused onto a small 5 mm2 multi-junction solar cell made out of GaInP/GaInAs/ Ge (gallium indium phosphide, gallium indium arsenide on a germanium substrate).

“We are elated by this breakthrough,” says Frank Dimroth, head of the group “III-V ? Epitaxy and Solar Cells” at Fraunhofer ISE. “At all times the entire team believed in our concept of the metamorphic triple-junction solar cells and our success today is made possible only through their committed work over the past years.”
..........
The high efficiency multi-junction solar cells are used in concentrating photovoltaic systems for solar power stations in countries with a large fraction of direct solar radiation.
.......... "

関連記事
World Record: 41.1% efficiency reached for multi-junction solar cells at Fraunhofer ISE-----Solarserver,2009-01-15

参考動画
EnergyAsia: VDE - Fraunhofer (1)

(EnergyContents,2008年10月15日)

コメント
 変換効率40%越えで宇宙などの特殊用途ということですが、価格は高いもののその半分の20%程度のマルチジャンクションの太陽電池が市販されていて、集光型太陽電池の発電素子として注目されています。宇宙用ですが、集光型太陽電池であれば、素子の大きさは小さくてすむので、コスト的に一般の太陽電池を凌駕するものも可能ということで急速に注目され、開発が進んでいる分野です。

 前のマルチジャンクションの太陽電池の記録ホルダーのSpectrolabのサイトに資料があがっているマルチジャンクションタイプは、20%前後で、特注ですが入手可能ということです。(t_t)
 
参考情報、エントリー
NREL Teams Up with Boeing Spectrolab to Win R&D 100 Award-----U.S. Department of Energy, Office of Energy Efficiency and Renewable Energy,July 2007

NREL's High Performance PV Concentrator Research program : Multijunction Concentrators

New World Record Achieved in Solar Cell Technology / プレスリリース 米エネルギー省(集光式太陽光発電で40.7%の世界記録変換効率を達成)-----ソフトエネルギー、2006/12/13

追加情報
集光型太陽光発電 / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/07/15



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 吹くか、オバマ風2 アメリカの海洋エネルギー、波力・潮汐・潮流発電 | トップページ | 吹くか、オバマ風3 アメリカの太陽エネルギー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独Fraunhofer ISEが、変換効率41.1%のマルチジャンクションタイプの開発に成功:

« 吹くか、オバマ風2 アメリカの海洋エネルギー、波力・潮汐・潮流発電 | トップページ | 吹くか、オバマ風3 アメリカの太陽エネルギー »