« 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース | トップページ | イベント 東京2/10-12 大阪2/19-21 ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 »

吹くか、オバマ風4 アメリカの自然エネルギー

 オバマ大統領の就任演説をみなさんはどう聞き、どう考えましたか? 日本では真夜中のライブ中継だったので聞いていない人もいるようです。最初は地味な印象でしたが、何度か聞くと感動がこみあげてきました。ガッツの感じられる深い内容だと思いました。議論から機能する政府へ、また国民一人一人が負う課題と義務と権利に関して、学ぶところが大でした。日本では、政治家の言葉が軽くなりすぎている気がしますが、かの地では真剣になるときには、響く言葉が発せられることを知って、あらためて希望と課題を意識することができました。

 みなさんも是非、お聞きください。

オバマ米大統領の就任演説 YouTube版 whitehouse 発信!-----GreenPost -Heuristic Life -,2009/1/22

関連(追加情報、1/24)
U.S. Department of Energy / U.S. Department of Energy's Office of Energy Efficiency and Renewable Energy (EERE)

The White House THE AGENDA • ENERGY & ENVIRONMENT
-----

 さて、「吹くか、オバマ風」も4回目、地熱の情報を集めていましたが、これまでのエントリーで結構扱ってきているので、地熱については別の機会にします。今回は、今後のアメリカの温暖化防止政策とエネルギー問題への今後の取り組みについて、ホームページで公開されている情報をたよりに少しみていきたいと思います。

 まず、下のchange.orgのサイト。ここは、今後有力な情報ソースとなりそうです。アメリカの抱えるさまざまな問題に対して、政府とNGOやNPO、そしてアメリカ国民、そして関心のある世界の人々をつなぐ架け橋のとして設置されたchange.orgがそのサイトです。その中で最大のメンバー数を誇るStop Global Warmingです。アメリカの市民が温暖化問題にどんな考え方とアプローチをとっていくのか大いに注目されます。

おすすめサイト / change.org
Changeorggwsite
-----image : change.org Globalwarming キャプチャー画像

 このサイトにあげられたテーマ(原因、Causes)には、Stop Global Warmingがトップにあります。他にも、それを含む18のテーマがそれぞれのサイトを割り当てられて、選挙運度の動きそのままに、動いていこうとしています。

Causes
/ Globalwarming
/ Tell Us: How can Americans lead in stopping global warming?-----globalwarming.change.org,JANUARY 21, 2009

Steven Chu Reacts to the Citizen's Briefing Book

(ChangeDotGov,2009年01月15日)

 現在このサイトでは、エネルギー長官に就任したスティーブン・チューさんが「どうやってアメリカが温暖化防止策で世界をリードするか?」という問いに答えています。オバマ政権誕生1日目にしてこの情報量は、見事なものです。国、NGO&NPO、そして関心のある市民の対話、情報発信という連携を模索する政治課題をより多くの参加を促しながら行おうという民主主義の実験に見えます。
 このスティーブン・チューさんのコメントを見ても、独善的なアメリカという姿は見ることができません。自然エネルギー、再生可能エネルギーを3年で倍にするという計画を進めることは間違いないようです。

再生可能エネルギー、"オバマ大統領"は、3年で倍にする計画を発表-----ソフトエネルギー、2009/01/14

 さらに、一般からの投票から選ばれたテーマのなかには、一般の投票から得ればれた10のテーマがあります。
ideas
 

" Develop & Implement a National Strategy for Sustainability.....Make the grid green in 10 years..... "

 持続可能な開発と、再生可能エネルギーの利用を拡大しつつ次世代の送電網の拡充を目指す、スマートグリッド的なアイディアが含まれています。送電網、スーパーハイウェイ構想を業界の建設を電力、再生可能エネルギー業界が強く意識する中でグリーン・ニューディール政策ともいわれる内容の中でどう予算付けされていくのか気になるところです。以下のエントリーにスーパーハイウェイ構想についての情報があります。

吹くか、オバマ風 アメリカの風力エネルギー-----ソフトエネルギー、2009/1/15

 今後どのようにこのサイトが生かされ参考にされていくのか大いに気になります。このサイトのユニークな点は、アメリカ国民でなくとも、メンバーになれることです。選挙献金とさらにはNGOへの寄付がこのサイトからできるようになっている点もユニークです。オバマさんが求める行動とはあくまでも具体的なもののようです。登録すると、自分の”My Change.org URL”が割り当てられ、コメントなども可能になります。選挙戦、移行チーム、就任後までよどみなく続くインターネットを利用したサイト運営、こちらも大いに注目されます。(t_t)

www.change.org/profiles/greenpost

参考

【提言】グリーン・ニューディールが新規雇用創出、炭素排出削減、石油輸入量削減を実現する-----WorldWatch-Japan,2009-1

オバマさんがエネルギーと気候変動への閣僚人事を発表。スティーブン・チュー氏がエネルギー長官-----しなやかな技術研究会、2008/12/17

-----Google GreenPostサイト横断検索 : オバマ-----

-----Google GreenPostサイト横断検索 : グリーン・ニューディール-----

[オバマ] [グリーン・ニューディール]



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース | トップページ | イベント 東京2/10-12 大阪2/19-21 ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹くか、オバマ風4 アメリカの自然エネルギー:

« 日本TI、太陽電池を組み込んだ無線ネットワーク向けユニットをリリース | トップページ | イベント 東京2/10-12 大阪2/19-21 ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 »