« 吹くか、オバマ風 アメリカの風力エネルギー | トップページ | 独Fraunhofer ISEが、変換効率41.1%のマルチジャンクションタイプの開発に成功 »

吹くか、オバマ風2 アメリカの海洋エネルギー、波力・潮汐・潮流発電

 2008年の後半の再生可能エネルギー分野への投資は、さすがにこの状況(経済危機と原油安)では、大幅に規模を縮小したようだが、オバマさん登壇で、2009年から2010年にかけてリスタート、それ以降への本格的な展開への期待感をあらわにしている。

 波力・潮汐・潮流発電の分野では、現状アメリカも含めてそれほどの投資を集めているわけではなかったが、ここにきて注目される動く、システムが現れています。
MITの研究者が取り組むOWC(oscillating water column)は、波の圧力で棒が振動する力を利用して発電しようとするもので、潜在的には1kmの海岸線で100 から200MWもの発電量をもっているというもの。現状ではそれほど発電効率が良くはないが、改良は可能ということ。今後は、より大きな装置で実験し実用化を進めるということです。

クリッピング / MIT News Office,December 17, 2008
Catch the wave
Researchers eye clean energy possibilities along Portuguese coast

Wavesportugal1enlarged
-----image(”Schematic of an oscillating water column. Waves enter through a subsurface opening into the chamber with air trapped above. The wave action causes the captured water column to move up and down, pushing the trapped air into an electricity-generating turbine. The turbine turns continuously, despite the changing direction of the air stream as the waves come in and out. ”) : 同リリースより。 MIT Energy Initiative

" MIT researchers are working with Portuguese colleagues to design a pilot-scale device that will capture significantly more of the energy in ocean waves than existing systems, and use it to power an electricity-generating turbine.

Wave energy is a large, widespread renewable resource that is environmentally benign and readily scalable. In some locations -- the northwestern coasts of the United States, the western coast of Scotland, and the southern tips of South America, Africa and Australia, for example -- a wave-absorbing device could theoretically generate 100 to 200 megawatts of electricity per kilometer of coastline. But designing a wave-capture system that can deal with the harsh, corrosive seawater environment, handle hourly, daily and seasonal variations in wave intensity, and continue to operate safely in stormy weather is difficult.
.....
The Portuguese plan is to integrate the OWC plant into the head of a new breakwater at the mouth of the Douro River in Porto, a large city in northern Portugal. Ultimately, the installation will include three OWCs that together will generate 750 kilowatts -- roughly enough to power 750 homes. As a bonus, the plant's absorption of wave energy at the breakwater head will calm the waters in the area and reduce local erosion.
..... "

 このMITのシステムは、特殊な護岸壁ともいう姿の装置に波を導き、その波の力で空気を圧縮することにより、OWCの水平的な動作を生んでいるということで、装置の駆動部分の海水による腐食などをふせぐ効果もあり、これまでの装置で不可能だった技術的な問題を解決できる可能性があるという。MITの設計でポルトガルで計画されている、実証実験では3基のシステムで750kwの発電の実証実験に取り組むという。

 さらに、以前何度か紹介したVortex Hydro Energyのシステムのほか、渦流による振動を利用して発電するシステムが注目を集めています。大規模なタービンでは、塩による腐食の問題を解決するのが大変だが、簡単な構造で発電できる渦流を生かした発電方法は、一定の発電効率が確保できた時点で本格的にデビューしてくる可能性もありそうです。

Vortex Hydro Energy
/ Markets

Detroit/Wayne County Port Authority : Detroit River Hydrokinetic Energy Project

 この技術を開発したミシガン大学のサイトには、この技術のさらなる展開が記されていました。非常に興味深い進展に思えます。

University of Michigan College of Engineering Marine Hydrodynamics Laboratories / Facilities / Marine Renewable Energy Laboratory
Mhlvivace_vortex
-----image : 上記サイトキャプチャー画像

" The MRELab is dedicated to developing technology to harness the abundant, clean, and renewable marine energy in an environmentally sustainable way and at a competitive cost. The current focus of the MRELab is to study the underlying science ... "

関連記事

U-M to tap Detroit River's current to create energy-----Detroit Free Press,JANUARY 13, 2009

関連エントリー
2009年を、自然エネルギーの飛躍の年に!-----ソフトエネルギー、2009/01/05

海流がバーに当たり引起す渦巻きの振動をエネルギーに変換する新機軸の発電システム Vortex Hydro Energy-----ソフトエネルギー、2008/11/17

[ VIVACE Vortex ]



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 吹くか、オバマ風 アメリカの風力エネルギー | トップページ | 独Fraunhofer ISEが、変換効率41.1%のマルチジャンクションタイプの開発に成功 »

コメント

T-Wave C.V. san~

Thank you for your coment.

>cean wave enrgy must be more attractive than it is considered by the people in the world.

I think so too.
By the way,which country do you
live?

投稿: t_t | 2009/01/30 16:02

Ocean wave enrgy must be more attractive than it is considered by the people in the world. Since the wave energy is similar to electro-magnetic wave of the tele-communication use, it would become one of the major renewable energies if a new technology will be developed which works with the antenna principle appropriately.

投稿: T-Wave C.V. | 2009/01/29 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹くか、オバマ風2 アメリカの海洋エネルギー、波力・潮汐・潮流発電:

« 吹くか、オバマ風 アメリカの風力エネルギー | トップページ | 独Fraunhofer ISEが、変換効率41.1%のマルチジャンクションタイプの開発に成功 »