« ヨーロッパのトップ10、クリーン・テクノロジー企業とは? | トップページ | ブッシュ大統領、再生可能エネルギー関連の優遇税制法案に署名。2009年以降もOK »

『高出力208.4Wモジュール』 10月より市場投入 / プレスリリース 京セラ

0906_01
-----image(pop up ; ”公共・産業用 高出力新太陽電池モジュール”) & text : 京セラ、2008年09月29日
発表より

" 新型太陽電池セル”を採用した国内公共・産業用太陽電池モジュール
 京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、国内公共・産業向けの太陽電池モジュールとして、156mm×156mmサイズの新型太陽電池セルを採用した高出力モジュールを開発しました。国内で太陽光発電システムを販売する株式会社京セラソーラーコーポレーション(社長:角 秀男)を通じて、本年10月2日より市場投入してまいりますのでお知らせいたします。
出力208.4Wの新モジュールは、当社従来品比で1枚当り4.2%の出力向上を実現しており、当社が国内市場向けに展開するラインアップの中では最大となる高出力製品です。

地球温暖化問題への関心が高まる昨今、その対策として有効である太陽光発電システムは、世界的に需要の拡大が続いています。日本国内では、住宅用のみならず、官公庁や公共施設、企業などが大規模太陽光発電システムを積極的に設置導入するケースが増えてきました。特に近年、10kW台~100kW台という中規模システムの導入の拡大はもとより、メガソーラーといわれる1,000kW(1MW)クラスの設置例も続々と登場してきています。今回、京セラが投入する新モジュールは、従来よりさらに出力を高め、一定規模の設置面積を要する公共・産業用システムで、設置面積あたりでの効率的な導入を可能にします。
..........
■製品仕様
型式 KD2084X-PPE-S
寸法 縦1,500×横990×高36mm (54直)
公称最大出力 208.4W
変換効率 14.03%
..........
■新型太陽電池セルについて
今回の新製品には、従来の150mm×155mmサイズから156mm×156mmへと拡大した、新サイズのセルを採用しています。モジュール全体の出力向上に貢献する新型セルは、本年2月から米国向けに、本年5月から欧州向けに展開している製品に採用しています。国内向けの製品に採用するのは今回が初めてとなります。 "

コメント
 京セラが最新型156mm角セルを利用した太陽電池モジュールを国内でははじめて、公共・産業用として投入することを発表しました。
 大型の太陽光発電所などもターゲットにした商品ということで、一般家庭用ではないということです。しかし、セルの大型化もどんどん進みますね。多結晶セルで一番大きなものを量産ベースで作っている企業は? と考えて調べてみましたが、わかりませんでした。たぶん京セラが最大級のセルを製造していることは間違いありません。しかし、これだけの大きさの太陽電池となると、結構重量があるでしょうね。
 それにしても、最新のセルを利用した太陽電池は、まず米、欧州地区に投入されているようですね。最も太陽光発技術の評価が問えるのが両地域ということなのでしょうか? 以前、当ブログでも取り上げられたスペインのプロジェクト、さらに大型化し現在では、予定通り30MWの規模に拡大しています。


スペインに13.8MWの「超大規模太陽光発電施設」 / プレスリリース 京セラ-----ソフトエネルギー、2007/09/13

プレスリリース / www.kyocerasolar.eu,03 September 2008 ・Kyocera equips 30 MW photovoltaic power plant in Spain

 さらに、アメリカでは205Wのモジュールを使った太陽光発電プロジェクトが進行中ということが、ちょっと前にさかのぼりますが、リリースされています。

プレスリリース / www.kyocerasolar.com,July 16, 2008 ・Kyocera PV Modules Will Be Used in Arizona's Largest Solar Energy Initiative

 ラインナップとしては、北米市場にもっとも多くの機種を投入しているみたいですね。
 多結晶にこだわりをもった展開を中心にすえている京セラ、”セラミックス”へのこだわりをみせているのでしょうか。国内第3の太陽光発電メーカーの動向は、いろいろと興味深い情報を提供してくれそうです。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« ヨーロッパのトップ10、クリーン・テクノロジー企業とは? | トップページ | ブッシュ大統領、再生可能エネルギー関連の優遇税制法案に署名。2009年以降もOK »

コメント

追加情報
プレスリリース / 京セラ、2008年10月22日
・ 国内住宅市場向けに新製品を提案
モジュール出力を向上した京セラの住宅用太陽光発電システム
" 京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、太陽電池モジュールがより大きな出力を得られるよう、基幹デバイスである太陽電池セルを従来タイプ(150mm×155mm)よりひと回り大型化し、156mm×156mmサイズを標準タイプとして切り替えています。すでに、同セルを採用した公共産業用システムの新型太陽電池モジュール(208.4W)を10月より市場投入していますが、このたび、住宅用太陽光発電システム向けにも新型セルを採用したモジュールを製品化し、11月1日より順次、株式会社京セラソーラーコーポレーション(社長:角 秀男)を通じて販売していきますのでお知らせいたします。 "

http://www.kyocera.co.jp/news/2008/1003.html

投稿: 追加情報 モジュール出力を向上した京セラの住宅用太陽光発電システム | 2008/10/23 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『高出力208.4Wモジュール』 10月より市場投入 / プレスリリース 京セラ:

« ヨーロッパのトップ10、クリーン・テクノロジー企業とは? | トップページ | ブッシュ大統領、再生可能エネルギー関連の優遇税制法案に署名。2009年以降もOK »