« 千代田線 北綾瀬駅「太陽光発電システム」を稼動いたします。 / プレスリリース 東京メトロ | トップページ | 薄膜太陽電池の本格市場投入は、2010年。そして各社変換効率アップも目指す »

サービスエリアに100%自然エネルギーを活用する『エコトイレ』が誕生 / プレスリリース 西日本高速道路

01
-----image(pop up) & text : 西日本高速道路、平成20年8月25日発表より

" お客様満足度を追求したトイレリニューアルにも環境配慮の取り組み
NEXCO西日本(大阪市北区、代表取締役会長CEO:石田 孝)は、山陽自動車道 龍野西サービスエリア(上下線)トイレリニューアル事業において、使用するエネルギーの全てを自然エネルギーで賄い、使用水量も概ね半減させる「エコトイレ」を実現させます。NEXCO西日本では、5年間で約70箇所程度のSA・PA のトイレを4C( Clear (明るさ)・Clean(清潔)・Comfortable(快適) ・Charming(魅力的) )を目標にお客様に満足していただける施設に改修しております..........
今回導入するエコトイレ(山陽道 龍野西サービスエリア(上・下線)の概要)
(1)使用エネルギーを100%自然エネルギーで賄います。
(国内の高速道路トイレでは初)
従来型同規模施設の消費電力量は、238,000kwh(一般家庭の約65世帯分)
節電仕様機器等の採用、運転管理により138,000kwh(58%)削減
◇年間削減エネルギーの内訳
・太陽熱給湯システム+エコ給湯(ヒートポンプ)
・LED照明
・インバータ換気扇
・その他(人感センサー、節電洗浄便座など) 68,000kwh
61,000kwh
6,000kwh
3,000kwh 年間消費電力量を全て賄える規模(最大発電量100kw級)の太陽光発電施設を導入
節電仕様機器等による削減後の年間使用電力量100,000kwhを賄うため、導入する太陽光発電の年間発電量を100,000kwhの規模として、トイレで消費する年間消費電力量を差し引きゼロとすることを目指した。
(2)水道水使用量を概ね半減します。
..........

Ecotoilet
-----image(pop up) : 添付資料「山陽自動車道 龍野西SA(上下線)トイレリニューアル計画 (505KB)」よりキャプチャー画像 "

関連記事(ソース)
高速初のエコトイレ、サービスエリアに100%自然エネルギーを活用-----Bisiness Media 誠、2008/09/18

コメント
 西日本高速道路の山陽自動車道、龍野西サービスエリアのトイレに、太陽電池、太陽熱利用、そして省エネ仕様の快適なトイレが誕生。ヒートポンプ式給湯設備、LED照明、省エネ換気扇や節電便座などに加え、雨水利用と節水まで総合的なエコ性能を追求したトイレが誕生するということです。
 明るく、快適で清潔な高速道路のサービスエリアのトイレ、なかなかよさそうです。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« 千代田線 北綾瀬駅「太陽光発電システム」を稼動いたします。 / プレスリリース 東京メトロ | トップページ | 薄膜太陽電池の本格市場投入は、2010年。そして各社変換効率アップも目指す »

コメント

コメントありがとうございます。
「リニューアル以前の龍野西サービスエリアの消費電力量は、238,000kwhなんて全然無かったらしいです。」

 そうですか、、、真実は、どの程度の量を使うのでしょうか? トイレ、まあ大型のトイレにおいて、
”従来型同規模施設の消費電力量は、238,000kwh(一般家庭の約65世帯分) ”
は、確かに大きすぎる数字です。利用人数なども関係してくるので、評価事態よくわかりません。真実は、どこから出てきた情報なんですか?

投稿: t_t | 2008/12/27 03:06

100%自然エネルギーで賄うって言ってるけど本当?

「年間削減エネルギーの内訳」
では無くて各設備の電気容量を書いて欲しいな。
それから、リニューアル以前の龍野西サービスエリアの消費電力量は、238,000kwhなんて全然無かったらしいです。
そこを従来型同規模施設という書き方にして、無理やり238,000kwhという数字をもってきて、結果を100%にもっていくというからくり。

投稿: 真実 | 2008/12/24 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスエリアに100%自然エネルギーを活用する『エコトイレ』が誕生 / プレスリリース 西日本高速道路:

« 千代田線 北綾瀬駅「太陽光発電システム」を稼動いたします。 / プレスリリース 東京メトロ | トップページ | 薄膜太陽電池の本格市場投入は、2010年。そして各社変換効率アップも目指す »