« 世界の太陽電池市場の動向を調査 / プレスリリース 富士経済 | トップページ | 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(8月号)338号 »

NREL Solar Cell Sets World Efficiency Record at 40.8 Percent / プレスリリース NREL- U.S.DOE -(宇宙空間用太陽電池セル変換効率40.8%を達成)

" Scientists at the U.S. Department of Energy's National Renewable Energy Laboratory (NREL) have set a world record in solar cell efficiency with a photovoltaic device that converts 40.8 percent of the light that hits it into electricity. This is the highest confirmed efficiency of any photovoltaic device to date.

The inverted metamorphic triple-junction solar cell was designed, fabricated and independently measured at NREL. The 40.8 percent efficiency was measured under concentrated light of 326 suns. One sun is about the amount of light that typically hits Earth on a sunny day. The new cell is a natural candidate for the space satellite market and for terrestrial concentrated photovoltaic arrays, which use lenses or mirrors to focus sunlight onto the solar cells.

The new solar cell differs significantly from the previous record holder ? also based on a NREL design. Instead of using a germanium wafer as the bottom junction of the device, the new design uses compositions of gallium indium phosphide and gallium indium arsenide to split the solar spectrum into three equal parts that are absorbed by each of the cell's three junctions for higher potential efficiencies. This is accomplished by growing the solar cell on a gallium arsenide wafer, flipping it over, then removing the wafer. The resulting device is extremely thin and light and represents a new class of solar cells with advantages in performance, design, operation and cost.
.......... "

-----U.S. Department of Energy's National Renewable Energy Laboratory (NREL) ,August 13, 2008

関連記事(ソース)
USA: NREL solar cell sets world efficiency record at 40.8 percent-----The Solarserver -Solar News,2008-08-19

-----イメージ(pop up : ”虹2” )


Niji2

-----photo by Rina 2008-----

コメント

 米エネルギー省の再生可能エネルギー関連の研究機関であるNRELの研究者が、非常に高い発電効率の太陽電池セルを開発したと発表しました。複数のタイプのことなる化合物系の薄膜太陽電池の積層構造により、地上に降り注ぐ晴天時の日射量を1Sunとした場合、その326倍もの日射量に相当するエネルギーを照射した実験においての記録だということです。宇宙開発、また宇宙における太陽光発電所などで利用することを前提に開発したようです。
 具体的には、GIP(gallium indium phosphide)とGIA(gallium indium arsenide )化合物系の薄膜を組み合わせ異なるスペクトルを効率よく利用することを可能としたようです。多接合型化合物系太陽電池とよばれるセルのようです。(ぜんぜん詳しくないので、Wikipedia : Multijunction photovoltaic cellでもご覧ください。)

 ちなみにこれまでの世界最高の変換効率は、やはりアメリカエネルギー省(DOE)関連機関の研究チームの集光型太陽電池における、40.7%が最高のようです。

New World Record Achieved in Solar Cell Technology / プレスリリース 米エネルギー省(集光式太陽光発電で40.7%の世界記録変換効率を達成-----ソフトエネルギー、2006/12/13

参考エントリー
----------Google サイト内検索 : 太陽電池 変換効率 世界----------

 現在の日本のメーカーの通常太陽電池での20%越えの変換効率がいかに高い数字かと逆に関心もしています。(t_t)

MEMO
青山学院大学 半導体工学研究室 : 平成 13 年 10 月 国立再生可能エネルギー研究所(NREL)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





--- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク


|

« 世界の太陽電池市場の動向を調査 / プレスリリース 富士経済 | トップページ | 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(8月号)338号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NREL Solar Cell Sets World Efficiency Record at 40.8 Percent / プレスリリース NREL- U.S.DOE -(宇宙空間用太陽電池セル変換効率40.8%を達成):

« 世界の太陽電池市場の動向を調査 / プレスリリース 富士経済 | トップページ | 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(8月号)338号 »