« 世界で”再”注目される地熱発電、何故日本は地熱を熱心にやらないの? | トップページ | 今後拡大が期待される国内市場に対応 太陽電池モジュール化工場の新拠点「滋賀工場」が稼動 / プレスリリース 三洋電機 »

NAS電池を年産150MWに増強 / プレスリリース 日本ガイシ

0728_030728_04
-----image(pop up ; ”<添付資料>NAS電池の写真(風力発電用34MW:青森県六ヶ所村)”) & test : 日本ガイシ、2008年07月28日発表より

" 日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)は本日、電力貯蔵用NAS(ナトリウム硫黄)電池の生産能力を年間90MW(メガワット、1MW=1,000kW)から150MWに増強することを決定しました。高騰する化石燃料からの脱却とCO2排出削減による地球温暖化防止に向けて風力や太陽光などの自然エネルギー発電の急速な拡大に伴い、国内外で大容量蓄電池の需要が見込めることから、生産能力を増強し、世界的に高まりつつあるニーズに応えていきます。

NAS電池は近年普及が進む風力や太陽光などの自然エネルギー発電による電力の供給安定化に貢献できることから、大規模な風力や太陽光発電所などに向けた需要が見込まれます。特に海外では自然エネルギー発電を促進する料金制度が確立されているため急拡大しています。また米国、欧州、中東などの各国で負荷平準化(ピークカット)、非常用電源、電力の需給調整(アンシラリー)、系統安定化などのさまざまな用途でニーズが高まっており、今後、大容量蓄電池の需要が世界的に拡大していくと見ています。これらのニーズに応えていくため、現在フル稼働を続けるNAS電池の工場を大幅に増強することを決定しました。

<NAS電池増産計画の概要>
1) 増強後の生産能力: 150MW/年(現在90MW/年)
2) 設備投資額: 113億円
3) 設備増強概要: 建屋増築18,500m2(現在10,500m2)
設備増設(一部、名古屋事業所から移設)
4) 設備稼働時期: 2010年6月
5) 設備投資場所: 小牧事業所(愛知県春日井市・小牧市)
..........


0728_02
-----image(pop up ; ”図2:NAS電池による負荷平準のイメージ”) : 同リリースより
.......... "

関連
日本ガイシ : NAS電池
 / 「やるじゃんNAS編」

プレスリリース / ミツカンサンミ、08/07/31
ミツカンサンミ栃木工場「NAS電池システム」稼動

参考
プレスリリース / 東京電力、平成13年10月19日
NAS(ナトリウム-硫黄)電池の直接販売の開始について~高品質の電気をお求めのお客さまへ、来年度からワンストップでサービス開始~

" ..........
NAS電池は、鉛蓄電池に比べて電力貯蔵能力が約3倍と高く、コンパクトで長寿命であるという優れた性能を有しており、当社の施設には研究用として約1.9万kWを設置してまいりました。これまでは、負荷平準化に寄与するシステムとして実用化をめざしておりましたが、最近ではインテリジェントビルや半導体工場のように、品質や信頼度の高い電気を求めるお客さまを中心に、無停電電源や非常用電源としての活用にも評価が高まってまいりました。
 当社はこのようなお客さまニーズに加えて、営業活動の本格化によるコストダウンにメドがついたことから、お客さまにNAS電池を販売することといたしました。

 お客さまに設置していただいた場合は、電力使用量の少ない夜間に充電し、昼間のピーク時に使用することになるため、これまでより安い料金メニューをご活用いただけることになります。加えて、契約電力を低減できることから、エネルギーコストの削減が可能になります。 "

Wikipedia : ナトリウム・硫黄電池

コメント


 NAS(ナトリウム硫黄)電池については、風力発電など”発電量の変動する電力”の運用における負荷平準の他、工場などで夜間電力による蓄電によりコストと非常電源の確保というかたちで普及が進められているようです。
 確かに、大規模な発電施設となりつつある風力発電は、風がなければまったく発電しません。電力の安定供給のために、蓄電池は必要だということになります。
 ただし、この不安定さを解決する方法としては、さまざまなものがあり、コストのかかるNAS電池を闇雲に導入し、いたずらに風力発電の導入コストをあげることは問題です。大型風力発電の発電量の予測技術も進み、発電量の変動を抑える集合、分散設置といったヨーロッパのような手法も日本でも可能な地域があると思われます。
 また、自然エネルギーの変動そのものを吸収してあまりある新たな技術も研究されています。眉唾なものも多いですが、確かな研究機関も動いていますので、将来にも期待していきたいですね。(t_t)

参考
Wikipedia : 風力発電

追加情報
東北電力、H24年1月に能代火力発電所構内に2千kW*40台 合計8万kWの大容量「NAS電池」を設置する計画発表-----しなやかな技術研究会、2011/06/17



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 世界で”再”注目される地熱発電、何故日本は地熱を熱心にやらないの? | トップページ | 今後拡大が期待される国内市場に対応 太陽電池モジュール化工場の新拠点「滋賀工場」が稼動 / プレスリリース 三洋電機 »

コメント

追加情報
・日本ガイシ、メガソーラーと風力発電用NAS電池を仏で約150MWの大型受注 300億-400億円-----自然エネルギー、2009/5/8
http://greenpost.way-nifty.com/k/2009/05/300400-nikkei-n.html

投稿: 追加情報 日本ガイシ、メガソーラーと風力発電用NAS電池を仏で約150MWの大型受注 300億-400億円 | 2009/05/08 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NAS電池を年産150MWに増強 / プレスリリース 日本ガイシ:

» 経産省、大型蓄電池開発を後押し。大型NAS、リチウムイオンの開発が進む [自然エネルギー]
・大型蓄電池開発を後押し 経産省、30社と研究会-----FujiSankei Business i,2009/5/29 ・主役つかめ! NASvsリチウム 蓄電池バトル-----イザ!、2009/05/18  大型蓄電池の開発競争で日本は大きな役割を果たす可能性があります。NASは、”日本ガイシ、メガソーラーと風力発電用NAS電池を仏で約150MWの大型受注 300億-400億円”ということでし... [続きを読む]

受信: 2009/06/02 10:15

« 世界で”再”注目される地熱発電、何故日本は地熱を熱心にやらないの? | トップページ | 今後拡大が期待される国内市場に対応 太陽電池モジュール化工場の新拠点「滋賀工場」が稼動 / プレスリリース 三洋電機 »