« 鳥翼型垂直軸風力タービン? さらに風力発電用の集風器? | トップページ | エネルギーは、地中海を経てアフリカからEUへとやってくる? »

アル・ゴア元米副大統領、10年で再生可能エネルギー100%の"夢"を語る

 地上に降り立つ太陽のエネルギーの、ほんのわずかな量を捕らえることができれば、、、、沿岸部に吹く強い風、火山地帯などの膨大な地下の地熱を生かせれば、、、、
 すべてのエネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを選択する世界も”夢物語”ではない。

 確かに人間は、アル・ゴアさん、元副大統領の7/17日の演説のように非常に短い期間で、自然エネルギーを利用する道を選ぶことはできる。

AL's Journal / http://www.algore.com/ ,July 17, 2008
A Generational Challenge to Repower America

" There are times in the history of our nation when our very way of life depends upon dispelling illusions and awakening to the challenge of a present danger. "

AL GORE: Green Energy by 2018 (7/17 Speech)

(EnergyEnvironmentTV,2008年07月17日)


"Today I challenge our nation to commit to producing 100 percent of our electricity from renewable energy and truly clean carbon-free sources within 10 years. "

関連
we can solve the climate crisis

" Join 1,434,464 people and support repowering America....."

関連記事
ゴア元副大統領演説:世代の挑戦:米国の電力を新エネルギーでまかなう-----日刊 温暖化新聞、2008/2/28

コメント続き

 アメリカの大統領が代わる年。この国の選択が世界に与える影響を考えると、ゴアさんのキャンペーンが集めつつある150万人におよび人々の賛同の意思もか細く見えます。大きな数ですが、それでアメリカの産業、社会がエネルギー、気候変動問題にどのように変化していくのか、単なる興味を超えて危機感すらおぼえます。かの国の年末からの動き、一歩に注目したいです。

 とはいえ、世界的な資源獲得戦がすでにはじまり、あらたなエネルギー覇権国家、地域が生まれるなかで、資源をもたない日本の動向こそ、もっともウルトラC(古いね、失礼)的な舵取りが必要なのですが、、、、(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 鳥翼型垂直軸風力タービン? さらに風力発電用の集風器? | トップページ | エネルギーは、地中海を経てアフリカからEUへとやってくる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アル・ゴア元米副大統領、10年で再生可能エネルギー100%の"夢"を語る:

« 鳥翼型垂直軸風力タービン? さらに風力発電用の集風器? | トップページ | エネルギーは、地中海を経てアフリカからEUへとやってくる? »