« 住友商事がスペインカナリー諸島にて大型太陽光発電事業を開始 / プレスリリース | トップページ | 登場するのか? 他のエネルギーとも競合できる SUNRGI社の集光型太陽電池! »

米エネルギー省、2030年に電力の20%を風力で賄うことができるとのリポート、”20 Percent Wind Energy by 2030”を発表

 米エネルギー省は、American Solar Energy Societyなどの団体がかねてから発表していた、2030年を目標にする案にそった、再生可能エネルギーを大幅に強化、風力は全電力需要の20%を賄えるとする風力の強化策を主な内容とするリポートを5月12日付けで発表しました。単なる数字ではなく、この背景には、風力発電が実際に使える技術としての高い評価、そして十分投資の対象となってきたという裏づけがあるだけに、風力エネルギー業界にとっても、次期大統領候補選びの政治的な時期としてもタイムリーなものになっています。

プレスリリース / U.S. Department of Energy,May 12, 2008
Wind Energy Could Produce 20 Percent of U.S. Electricity By 2030

" DOE Report Analyzes U.S. Wind Resources, Technology Requirements, and Manufacturing, Siting and Transmission Hurdles to Increasing the Use of Clean and Sustainable Wind Power
WASHINGTON, DC ? The U.S Department of Energy (DOE) today released a first-of-its kind report that examines the technical feasibility of harnessing wind power to provide up to 20 percent of the nation’s total electricity needs by 2030. Entitled “20 Percent Wind Energy by 2030”, the report identifies requirements to achieve this goal including reducing the cost of wind technologies, citing new transmission infrastructure, and enhancing domestic manufacturing capability. Most notably, the report identifies opportunities for 7.6 cumulative gigatons of CO2 to be avoided by 2030, saving 825 million metric tons in 2030 and every year thereafter if wind energy achieves 20 percent of the nation’s electricity mix. As part of President Bush’s Advanced Energy Initiative announced in 2006, clean, secure and sustainable wind energy has the potential to play an increasingly important role in the Bush Administration’s long-term energy strategy to make investments today to fundamentally change the way we power U.S. homes and businesses and to help reduce greenhouse gas emissions growth by 2025.
.......... "

20% Wind Energy by 2030 (PDF 4 MB)は、DOE's Wind Programよりダウンロードできます。
203020percentwind
-----image(pop up ; ”20% Wind Energy by 2030 ”) : カバー

" ..........
20% Wind Scenario: Wind Energy Provides 20% of
U.S. Electricity Needs by 2030 Key Issues to Examine:

Does the nation have sufficient wind energy resources?
What are the wind technology requirements?
Does sufficient manufacturing capability exist?
What are some of the key impacts?
Can the electric network accommodate 20% wind?
What are the environmental impacts and benefits?
Is the scenario feasible?
..........
The 20% Wind Scenario presented here would require U.S. wind power capacity to grow from the current 11.5 GW to more than 300 GW over the next 23 years .........."

関連記事
風力で電力の20%可能に 米エネルギー省報告書-----東京新聞、2008年5月13日

 A4版248ページにもおよぶこのリポートでは、風力の可能性、問題点、さらには他のエネルギーとのかねあいの分析を経て、目指すは2030年に300GWの設備容量の風力発電所、現在の26倍以上の容量を実現するための方策についても分析されています。このシナリオが次期大統領のもとでどのように扱われるのか? アメリカの風力発電が大きな関心を呼ぶことになりそうです。時を同じくして、中国の風力発電への取り組みが加速しています。大型風力発電機の分野での日本のメーカーの動向にも注目です。(t_t)

参考エントリー
American Solar Energy Societyが、リポート「Tackling Climate Change in the U.S.」を発表しました / 資料-----ソフトエネルギー、2007/02/07

【Solar Power】主要メーカーのCEOが太陽電池市場の今後を議論 / クリッピング Tech-On!-----ソフトエネルギー、2007/09/28



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン2Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 住友商事がスペインカナリー諸島にて大型太陽光発電事業を開始 / プレスリリース | トップページ | 登場するのか? 他のエネルギーとも競合できる SUNRGI社の集光型太陽電池! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米エネルギー省、2030年に電力の20%を風力で賄うことができるとのリポート、”20 Percent Wind Energy by 2030”を発表:

« 住友商事がスペインカナリー諸島にて大型太陽光発電事業を開始 / プレスリリース | トップページ | 登場するのか? 他のエネルギーとも競合できる SUNRGI社の集光型太陽電池! »