« 台湾が黒潮での発電計画を推進 | トップページ | CIS太陽電池第2工場の建設について / プレスリリース 昭和シェル石油 »

国内エネルギー関連システム9分野91品目市場の調査結果を公開しました / クリッピング 富士経済

" シリコン太陽電池の2012年度予測 3,400億円超、2006年度比90%増 2008年度以降のシリコン供給が需要に対応、省シリコン新技術開発で -------------------------------------------------------------------------------- 総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 阿部英雄 代表取締役)は、2007年4月から6月にかけて、新エネルギーシステムの実用化が急速に進み、注目される国内エネルギー関連機器9分野91品目についてその動向調査を行なった。その結果を調査報告書「2007 電力・エネルギーシステム新市場 上巻」と「2007 電力・エネルギーシステム新市場 下巻」の2巻にまとめた。

「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)」の対象となる新エネルギーのうち、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、小水力発電の動向を詳細に分析した結果を上巻、エネルギー関連91品目の市場を俯瞰した報告を下巻にまとめた。

エネルギーの生産・消費全般の市場から主要91品目を対象に選び、自家発電システム、新エネルギーシステム、電力貯蔵・電源品質対策機器、パワーエレクトロニクス、照明機器、熱源機器、空調・冷暖房機器、厨房関連機器、そして新燃料の9分野に分けて分析を行なった。

◆今後の成長が注目される市場
..........
(2)シリコン太陽電池(太陽光発電)
2006年度 1,795億円  2012年度(予測) 3,402億円 06年度比189.5%
..........
(3)家庭用エコキュート
2006年度 1,150億円  2012年度(予測) 2,060億円 06年度比179.1%
.......... "

-----富士経済 マーケット情報、2007/07/23

コメント
 世界的に次世代の太陽電池へのニーズは高まっているが、CISにしろCIGSにしろ薄膜系の太陽電池は、数年様子見状態た続くと思われます。その先の次世代については、まだまだ本当のところはわかりません。ということで、結晶系については、新製法、新加工法がいろいろとでてきて、まだまだ活況が続きそうです。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

|

« 台湾が黒潮での発電計画を推進 | トップページ | CIS太陽電池第2工場の建設について / プレスリリース 昭和シェル石油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国内エネルギー関連システム9分野91品目市場の調査結果を公開しました / クリッピング 富士経済:

« 台湾が黒潮での発電計画を推進 | トップページ | CIS太陽電池第2工場の建設について / プレスリリース 昭和シェル石油 »