« EU、バイオ燃料の取引・生産で国際ルール提案 / クリッピング 日経Ecolomy | トップページ | イベント 自然エネルギー学校・京都 2007(8/25より全5回) »

通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(7月号)325号

Img325
-----市民エネルギー研究所の記事 2007-7-3 より----imageも

" <目次>
今、湛山翁を偲んで 國弘 正雄

資料・本紹介 ボリビアの新たな道、鉱業国有化に向かうか?

大竹財団主催講演会のお知らせ 「かばって生きる」 講師:最首 悟さん

沸騰水型原発(BWR)に制御棒引き抜け事故が多発していた(2) 小泉 好延

風車嫌いを味方にせよ エコ・エネルギー拡大策 井田 均

資料・本紹介 日本の蓄電池併設という風力発電政策を批判

公開シンポジウム 「ユニバーサルな対話の中のイスラーム-ヒロシマ体験とその記憶をめぐって-」 大竹 宇蘭

<大竹財団主催講演会報告> 有害物質の規制とわたしたちのくらしを考える(2) 中地 重晴さん "

-----------

定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元 財団法人 大竹財団 "

詳細、お問い合わせは、
市民エネルギー研究所の記事 2007-7-3 をご覧ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)

|

« EU、バイオ燃料の取引・生産で国際ルール提案 / クリッピング 日経Ecolomy | トップページ | イベント 自然エネルギー学校・京都 2007(8/25より全5回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(7月号)325号:

« EU、バイオ燃料の取引・生産で国際ルール提案 / クリッピング 日経Ecolomy | トップページ | イベント 自然エネルギー学校・京都 2007(8/25より全5回) »