« 中国の風力発電CDMプロジェクトへの参加について / プレスリリース 東京電力 | トップページ | 既築住宅への太陽光発電システム搭載 累積で1万棟突破! / プレスリリース 積水化学工業 »

"緑色革命!?"、ニュージーランド発の色素増感太陽電池の色はグリーン

 シリコン太陽電池の十分の一のコストで太陽光発電が可能。そうした言及は、色素増感太陽電池がこの世界に発表されて以来、なんども繰り返されてきました。しかし、問題は、いくら安くて簡単に作れても、使えなかったのです。何よりも、普通の色素では、発電しても寿命が短いということがあります。色素は、紫外線で退色するからです。逆に色素でも高価な色素では、あまり意味がありません。また、根本的には変換効率が低いことも問題となります。世界でさまざまな色素が試され、実用化、製品化にむけてしのぎを削っています。
 そして、今回のものは、ニュージーランドで光触媒と同じ原料である二酸化チタンを利用した合成葉緑素だということです。色はまさに緑。シリコン系太陽電池が直達日射を必要とするのに対して、窓や壁に装着し、散乱光でも効率よく発電するということです。

クリッピング / Renewable Energy Access,2007/04/19
Taking Nature's Cue for Cheaper Solar Power

" Solar cell technology developed by Massey University's Nanomaterials Research Centre in New Zealand may one day enable the country's residents to generate electricity from sunlight at a tenth of the cost of current silicon-based photovoltaic solar cells. Dr. Wayne Campbell and researchers in the Centre have developed a range of colored dyes for use in dye-sensitized solar cells. "

----------

 世界でさまざまな色(材料、製造方法)が試されている色素増感太陽電池。別に色が決めてではないという話ですが、以前、染料について話す機会があって、「日光堅牢度の高い色素は、藍じゃないの」という話がでました。
「すくもから藍立てすると、緑、銀、黒、青といった色を見ることができます。これらの色は日光でも退色しずらい、強固な色素が取れる。だから案外太陽電池にも使えるんじゃない」
 みたいな会話でした。
 だから、ニュージーランドで開発中の緑にも期待したいです。

 さまざまな色素で太陽電池作りにチャレンジされているサイトがありました。緑もあります(t_t)

参考サイト
Shinji Wakasaさんのサイト / 色素増感太陽電池

色素増感太陽電池ホームページ

日経エレクトロニクス用語 : 色素増感型太陽電池

参考エントリー

大日本印刷 印刷方式による有機太陽電池を開発 / プレスリリース-----ソフトエネルギー、2007/04/02

-----ソフトエネルギー"Googleサイト検索": 色素増感-----



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)

●nifty clip --- ●はてなブックマーク

|

« 中国の風力発電CDMプロジェクトへの参加について / プレスリリース 東京電力 | トップページ | 既築住宅への太陽光発電システム搭載 累積で1万棟突破! / プレスリリース 積水化学工業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "緑色革命!?"、ニュージーランド発の色素増感太陽電池の色はグリーン:

« 中国の風力発電CDMプロジェクトへの参加について / プレスリリース 東京電力 | トップページ | 既築住宅への太陽光発電システム搭載 累積で1万棟突破! / プレスリリース 積水化学工業 »