« 国産最大の2,400kW風車 初受注 / プレスリリース 三菱重工業 | トップページ | シャープ、太陽電池増強 生産能力600MWで独走態勢 / クリッピング FujiSankei Business i.(米では、集光型を展示会に出品し、アピール) »

BP Solar Unveils New Mono2(TM) Prototype / クリッピング Renewable Energy Access(BP solarの Mono2が米イベントでお披露目)

" New Screen Printing and Silicon Growth Processes Result in More Efficient and Cost Effective Cells and Modules "-----Renewable Energy Access,2006/10/16

関連サイト
New Silicon Growth Process Yields Higher Efficiency in Commercial Cells and Modules -----プレスリリース / BP Solar North America ,Release date: 20 July 2006

コメント
 次世代の太陽電池の開発が急ピッチで進められるなかで、BPのMONO 2プロジェクトは、新方式(結晶シリコン薄膜の新合成法 Screen Printing and Silicon Growth Processes)で”単結晶なみの信頼性と変換効率と多結晶セルなみのコストを目指す”意欲的なプロジェクトだ。結晶膜を成長させることで、薄膜を形成し、かつ劣化や効率の問題も克服し、さらにはコストまでも競争力のある製品を出荷する可能性があります。
 Solar Power 2006 というカリフォルニアで開催されたイベントでBPソーラーがお披露目した模様。


Spotlight on Solar Power 2006(Renewable Energy Access,2006/10/16 )

 注目されるのは、製品の出荷時期だが、早ければ2007年中にも予定されているようだ。薄膜とはひとくくりにできそうにない太陽電池だが、さまざまな方式が発表、工場が現実に建設されるなかで、信頼性、効率、コストという三拍子をどのメーカーがいち早く実現するのか、開発競争はますます激化して面白くなってきました。(t_t)

|

« 国産最大の2,400kW風車 初受注 / プレスリリース 三菱重工業 | トップページ | シャープ、太陽電池増強 生産能力600MWで独走態勢 / クリッピング FujiSankei Business i.(米では、集光型を展示会に出品し、アピール) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BP Solar Unveils New Mono2(TM) Prototype / クリッピング Renewable Energy Access(BP solarの Mono2が米イベントでお披露目):

« 国産最大の2,400kW風車 初受注 / プレスリリース 三菱重工業 | トップページ | シャープ、太陽電池増強 生産能力600MWで独走態勢 / クリッピング FujiSankei Business i.(米では、集光型を展示会に出品し、アピール) »