« 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(10月号)316号 | トップページ | Wave Energy for South Africa / クリッピング The Energy Blog (南アフリカの波力発電システム) »

ドイツ 再生可能エネルギー拡大の雇用効果に関する研究報告書が完成 / クリッピング EICネット- 海外ニュース -

" ドイツ連邦環境省は、9月12日、研究報告書「再生可能エネルギー:雇用効果~国内雇用市場への再生可能エネルギー拡大の効果~」の完成を発表した。
..........
2020年までに、総エネルギー需要に占める再生可能エネルギーの割合を13.9%とすることが可能。電力需要に占める割合は、25.6%に引き上げることが可能。"-----EICネット- 海外ニュース -、2006.09.12

コメント
 再生可能エネルギーの話題は、各国の政策、施策において、重要な位置を占めたり、かならず言及されるようになってきている。風力、バイオマスが雇用創出効果が高いようですね。
 雇用創出効果については、欧米では一律に評価されている。

”●2020年までに、総エネルギー需要に占める再生可能エネルギーの割合を13.9%とすることが可能。電力需要に占める割合は、25.6%に引き上げることが可能。”

 さらに、可能性の面では、上記のようにさらなる発展が”可能”。

 しかし、あくまでも可能性。ドイツでもロシアから石油、フランスからの電力購入など、エネルギー政策でのエネルギー安全保障上の不安要因は、かなりあるとの話である。再生可能エネルギーに、そうした不安を語る産業、政治家もいるようだ。
 それでも自然エネルギーは若者、市民の強い支持を得ている。原子力政策を含めたブレは若干あるようだが、ドイツが再生可能エネルギーで主導的な立場をとり、風力に関してはスペインなどもかなり積極的に投資を行い続く構えだ。今後も、まだまだドイツの再生エネルギーへの取り組みは力強いもであることを期待したい。(t_t)

|

« 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(10月号)316号 | トップページ | Wave Energy for South Africa / クリッピング The Energy Blog (南アフリカの波力発電システム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ 再生可能エネルギー拡大の雇用効果に関する研究報告書が完成 / クリッピング EICネット- 海外ニュース -:

« 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(10月号)316号 | トップページ | Wave Energy for South Africa / クリッピング The Energy Blog (南アフリカの波力発電システム) »