« 住友商事、ノルウェー社と太陽電池用シリコンウエハーの長期購入契約 / クリッピング nikkeibp.jp - 環境 - | トップページ | 京セラの住宅用ソーラー発電システム「ECONOROOTS」をモデルチェンジ / プレスリリース 京セラ »

The Time Is Now: A Vision for U.S. Renewable Energy / クリッピング (アメリカの再生可能エネルギー利用の現状と未来に関するリポート)

" Report finds America poised for a major energy shift.
American Energy: The Renewable Path to Energy Security, a report just released by the Worldwatch Institute and the Center for American Progress, details how the emerging renewable energy industries can address U.S. energy demands, national security, and the environment, as well as similar concerns around the globe. "-----Renewable Energy Access,2006/09/20

関連サイト
American Energy Now
" The United States led the world into the oil age in the 20th century. In the 21st century, we can lead the way out. With the security risks of petroleum dependence growing, and the environmental costs of fossil fuels becoming more apparent, the country faces compelling reasons to put renewable energy technologies to use on a large scale.

If there was ever a time when a major shift in the U.S. energy economy was possible, it is now. Three decades of pioneering research and development by both the government and the private sector have yielded a host of promising new technologies that turn abundant domestic energy sources-including solar, wind, geothermal, hydro, biomass, and ocean energy-into transportation fuels, electricity, and heat. "
/ The Time Is Now: A Vision for U.S. Renewable Energy(pdf書類を上記サイトよりダウンロードできます。

Center for American Progress

Worldwatch Institute / Just Released American Energy - The Renewable Path to Energy Security(Printed Ver.)Wb19
(image :カバーイメージも同サイトより)

コメント

 アメリカの2005年のエネルギーの自給率は、おおよそ40%。アメリカは、60%のエネルギー、主に石油を輸入している。リポート「」は、この現状をふまえて、アメリカのエネルギー安全保障のためには、再生可能エネルギーの積極的な推進が必要だという。背景は、石油は値が上がることはあっても長い目でみれば下がらないのではないかという予測がある。
 今日のアメリカは、すでに、再生可能エネルギーは、6%を占めているそうだ。リポートは、さらなる導入を説くが、アメリカは再生可能エネルギーに積極的な国のひとつであることを忘れてはならない。

"Today, renewable resources provide just over 6 percent of total U.S. energy, but that figure couldincrease rapidly in the years ahead."

 現状の内訳は、太陽(Solar :光と熱)が1%。風力が2%。地熱が、6%。水力が45%、バイオマスが47%だという。
 リポートは、同様の分析を日本でも行うことができればどのていどの数字なるのか、興味深い分析が随所でされている。たとえば、太陽電池を取り付けることが可能な既存の建物の半分に太陽電池を取り付けるだけで、
"Mounting solar panels on just half of this area could supply nearly 30% of U.S. electricity."(p.20)

 30%の電力を太陽光発電だけでまかなうことができるという。再生可能エネルギーを取り巻く現状、そして将来へむけてのヴィジョンを記した貴重なリポート、資料です。(t_t)

|

« 住友商事、ノルウェー社と太陽電池用シリコンウエハーの長期購入契約 / クリッピング nikkeibp.jp - 環境 - | トップページ | 京セラの住宅用ソーラー発電システム「ECONOROOTS」をモデルチェンジ / プレスリリース 京セラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Time Is Now: A Vision for U.S. Renewable Energy / クリッピング (アメリカの再生可能エネルギー利用の現状と未来に関するリポート):

« 住友商事、ノルウェー社と太陽電池用シリコンウエハーの長期購入契約 / クリッピング nikkeibp.jp - 環境 - | トップページ | 京セラの住宅用ソーラー発電システム「ECONOROOTS」をモデルチェンジ / プレスリリース 京セラ »