« イベント 2/25 次世代エネルギーを探す旅 - アイスランドに学ぶ自然エネルギー - (神奈川) | トップページ | 「再生可能エネルギー」の研究開発拡大を・IEA / クリッピング NIKKEI NET »

将来有望、セルロースを使ったエタノール製造 / クリッピング HOTWIRED JAPAN

" 従来、エタノールのエネルギー収支は全体ではマイナスになると主張されていたが、『サイエンス』誌で紹介された新しい研究論文はこれが間違いだと指摘している。ただし、バイオ燃料が普及していくには植物のセルロースを使ったエタノール製造が前提条件になるという。 "-----WIRED NEWS - Technoloty -,2006年2月3日

コメント

 記事にある”トウモロコシの実を取ったあとの茎や葉、木くず、スイッチグラス[ロッキー山脈に自生する多年生植物]などの農業廃棄物をブドウ糖に変える酵素を開発している。”
 という技術すごいですね。こうした技術など、バイオテクノロジーの応用技術はまったくちんぷんかんぷんですが、酵素は生物(生命)産業の”錬金術”といわれているそうですから、今後さまざまな技術が登場しそうですね。
 つい先日、沖縄の エタノール燃料 アサヒ、沖縄で実験開始 / クリッピング Sankei ECONET をクリッピングしたばかりです。日本でもバイオマス資源の有効利用としての、エタノールという研究は、いずれにしろ注目分野のようですね。(t_t)

|

« イベント 2/25 次世代エネルギーを探す旅 - アイスランドに学ぶ自然エネルギー - (神奈川) | トップページ | 「再生可能エネルギー」の研究開発拡大を・IEA / クリッピング NIKKEI NET »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将来有望、セルロースを使ったエタノール製造 / クリッピング HOTWIRED JAPAN:

« イベント 2/25 次世代エネルギーを探す旅 - アイスランドに学ぶ自然エネルギー - (神奈川) | トップページ | 「再生可能エネルギー」の研究開発拡大を・IEA / クリッピング NIKKEI NET »