« 太陽電池メーカーがNY上場、中国本土企業で初 / クリッピング 中国情報局 | トップページ | Accelerated deployment of renewables is needed to combat climate change ( 気候変動と戦うために、さらなる再生可能エネルギーを ) / クリッピング reFOCUS »

Honda、次世代型薄膜太陽電池の量産化を決定 / プレスリリース ホンダ

" Hondaは、製造時の必要エネルギーやCO2発生を従来の半分に抑える事を可能にした独自開発の非シリコン系次世代型薄膜太陽電池を、2007年より熊本製作所内に年産27.5MW(メガワット)の太陽電池量産用新工場を設け生産開始する計画を決定した。
 また販売については、生産技術開発子会社 ホンダエンジニアリング(株)(社長:岩田秀信、本社:栃木県芳賀郡芳賀町 略称EG)にて生産する太陽電池を2006年秋より地域限定で開始する予定である。
..........
Hondaの2010年ビジョンでは、新領域へのチャレンジや、地球に優しい持続可能なエネルギー技術の開発を謳っており、この度の独自開発による太陽電池事業進出はこの2010年ビジョンを具現化したものである。

新量産ライン概要
場所 : 本田技研工業(株) 熊本製作所 現敷地内を予定
設立時期 : 2007年後半立ち上り
建屋面積 : 12,000平方メートル
規模 : 年間27.5MW(メガワット)(一般家庭一軒を3.5KW分とすると約8千世帯分に相当)
用途 : 個人住宅用及び公共産業用 "-----ホンダ、2005年12月19日

関連記事
・ホンダが太陽電池に進出 熊本で07年から量産 / クリッピング FujiSankei Business i.
" ホンダは、二〇〇六年から太陽電池事業に進出する。〇七年には熊本製作所(熊本県大津町)の敷地内に、年産能力二七・五メガ(一メガは百万)ワットの太陽電池の工場を建設して量産を開始し、既存の製品より割安な価格で拡販する計画だ。 "-----FujiSankei Business i.,2005/12/19

コメント

 ホンダといえば、車以外のエネルギー関連の機器への取り組みも多い。エコウィルのエンジンの製造も行っている。好調のようだ。さらに過去のエントリーには、
家庭用水素供給システム「Home Energy Station III」の実験稼動を開始 / プレスリリース ホンダ-----しなやかな技術研究会、November 18, 2005
 という記事をクリップした。家庭用燃料電池、燃料電池車(ハイブリッド技術の経験が生きる)、そして、太陽電池。自動車メーカーが、家庭用エネルギー関連機器の製造、販売、そして企画までも行う時代は、それなりに楽しみだ。電力 vs ガス会社の対決で、オール電化にいったんは軍配があがりそうだが、ガス会社+自動車メーカーの反攻というシナリオもありかもしれない。
 そして、当然、強引なシナリオとしては、一般家庭の電力そしてエネルギーの自己管理型能力の向上という方向が”総合的な省エネ”を誘導し、最終的には低炭素放出型住宅を出現させてくれるかもしれない。まあ、コストが多いに問題なのだが、、、、(t_t)
 
関連情報
ホンダエンジニアリング、次世代型薄膜太陽電池を開発-----ホンダ、2002年4月11日発表

|

« 太陽電池メーカーがNY上場、中国本土企業で初 / クリッピング 中国情報局 | トップページ | Accelerated deployment of renewables is needed to combat climate change ( 気候変動と戦うために、さらなる再生可能エネルギーを ) / クリッピング reFOCUS »

コメント

Honda san need to catch up Daystar's plan to mass producing of 1000MW per year,120 mln usd fund recieved.We need to keep our eyes on Applied Material's ambious coming up in solar industries.
God Bless Japan!

投稿: Mart Tian 南玻集团 | 2006/10/21 12:52

・ホンダ、非シリコン系太陽電池を限定販売-電気変換効率11・1%-----Yahoo News,9月28日(日刊工業新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000020-nkn-ind

"  ホンダはモジュールの電気変換効率が11・1%で非シリコン系薄膜型のCIGS太陽電池の限定販売を10月からスタートする。
..........
このCIGS電池は1モジュールが縦1417ミリ×横791ミリメートルでフレームの厚さは37ミリメートル。125ワットを出せる。 "

コメント
 ホンダさんに問い合わせました、少なくとも今年は、実験的な限定販売により市場をみながら、体制をととのえ、来年以降に本格的な販売を行うとのことでした。カタログもまだないそうです。

投稿: 追加情報 ホンダ太陽電池を販売開始 | 2006/10/03 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/7694067

この記事へのトラックバック一覧です: Honda、次世代型薄膜太陽電池の量産化を決定 / プレスリリース ホンダ:

» CIGS系太陽電池 [環境特捜隊]
現在太陽電池のシェアは シリコン系のソーラーパネルが ほぼ独占していますが CIGS(銅、インジウム、ガリウム、セレン)系 (カルコパイライト系)のソーラーパネルに 熱い視線が・・・ CIGS系は 太陽光の利用効率ではシリコン系に及びませんが 製造コストがかな..... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 02:01

« 太陽電池メーカーがNY上場、中国本土企業で初 / クリッピング 中国情報局 | トップページ | Accelerated deployment of renewables is needed to combat climate change ( 気候変動と戦うために、さらなる再生可能エネルギーを ) / クリッピング reFOCUS »