« バイオマス : 森林資源で発電 秩父市、来秋までに施設 - - 「吉田元気村」南側 /埼玉 /クリッピング MSN毎日インタラクティブ | トップページ | 中外合弁で中国太陽光発電市場を開発 / クリッピング 新華通信ネットジャパン »

風力発電事業 年度内に存廃判断へ / クリッピング 東京新聞

" 環境省の交付金事業を活用し、つくば市が市内の小中学校に設置した小型風力発電機の発電量が計画を大幅に下回っている問題で、市原健一市長は二十九日の記者会見で「風速計を二校に設置したので、その結果をみて検討する」と述べ、環境省と協議の上、本年度内に事業の存廃を判断する意向を示した。
..........
 市新エネルギー推進室によると、事業存続の基準は風力発電機の稼働率が年平均で10%以上。 "-----東京新聞、2005/11/30

関連記事(クリッピングサイト)
(茨城)つくばの発電風車 期待量の600分の1-----自然エネルギー市民の会、2005/11/10

参考サイト
つくば市環境保全部 新エネルギー推進室
つくば市まほろば事業

コメント

 つくば市のまほろば事業によれば”つくば市では全市立小中学校(52校)に小型の風力発電機を設置(平成16年度 - 平成18年度)します。また,その風力発電で得られた発電量の売電相当額を原資として地域通貨の実験を行います。”となっていた。その既設分が当初の予定どおり発電しないという話しは、風力発電を事業とする事業者の間に衝撃をもって伝わった。(11/10日の朝日新聞の記事は、すでにリンク切れだった。検索すると関連記事として上にあげさせていただいた情報サイトに全文が引用されていたのでそちらをご参照ください。)
 600分の一と報じられるようなことは、ちょっと考えられない見込み違いです。ただでさえ、小型風車の評判はあまり良くないので、もう少し具体的な情報をできる限り知りたいです。今後のユーザーの参考になるような話しが一つでもでてくることを期待したいと思います。(t_t)

|

« バイオマス : 森林資源で発電 秩父市、来秋までに施設 - - 「吉田元気村」南側 /埼玉 /クリッピング MSN毎日インタラクティブ | トップページ | 中外合弁で中国太陽光発電市場を開発 / クリッピング 新華通信ネットジャパン »

コメント

追加情報
・つくば市、風車設計した早大を提訴へ・ほとんど回らず-----NIKKEI NET,2006/3/17
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060317AT3B1702C17032006.html

コメント
 ほとんどの新聞、ネットの大手媒体で記事になってますね。小型風車がこんなに話題になったことは、よくも悪くも今回が初めてのような気がします。現象としては、残念ですが、小型風車の生き残りがかかっているという意味で、
 いろいろな意味で、契機なんでしょうね。

投稿: 追加情報 つくば市、風車設計した早大を提訴へ | 2006/03/18 23:49

つくばの風車の問題。
かなり注目を集め始めているようです。
このエントリーへのアクセスが、急速に増加してます。

投稿: 急速にこの記事のアクセスが増加してます | 2006/02/09 11:15

追加情報
・ニュースプリズム:「回らない」風力発電で監査請求 揺らぐ“理想の事業” /茨城-----毎日新聞 2006年2月3日
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/ibaraki/archive/news/2006/02/03/20060203ddlk08010153000c.html

コメント
 理想の事業。学校の校庭というところが、子供の気持ちを考えると、ますます深刻ですね。(t_t)

投稿: 追加情報 | 2006/02/08 01:19

「つくば市は、平成16年度環境省「環境と経済の好循環のまちモデル事業」地域に選定され、つくば市まほろば事業「草のNeco2(草のネコ:Grass Roots Networks for Exchange of CO2の略)ちっぷ事業:http://www.tsukumaho.net/about_f.html」( 平成16年度〜18年度)に着手した。このプロジェクトのハード面での中心は小形風力発電機で、導入機種として、早稲田大学と日本工業大学とが共同で開発したダリウス・サボニウス併結形風力発電機が採用された。初年度事業として、市立小中学校19校に23基の小形風力発電機(10kW/1基)が設置され、運転が開始された(写真1)。最終的には、全市立小中学校(52校)に、75基(10kW×75基)の風力発電機が設置される予定だ。発電された電力は小中学校で使用され、余剰電力は東京電力に売電し、その収入で地域通貨(草のネコチップ)を発行し、市民が環境にやさしい商品の購入に当て、環境と経済の好循環な町つくりを推進するもの。また、これを契機に、導入する風力発電設備を小中学校における環境教育に有効に、積極的に活用することが企図されている。早稲田大学では、理工学総合研究センターが窓口となって、風力発電機の設置から運用に至る支援に併せて、小中学校の環境教育に関しても、小中学校教育関係者と連携を密にし、学習プログラムの企画・実践面で協力していく。 今後は、環境教育にとどまらず、科学実験教室開催、教育プログラムの企画などへの支援が、より多様な形で、活発に行われるものと考える。

ダリウス・サボニウス併結形風力発電機」
-----!-!----
詐欺?

投稿: ----!-!-- 小型風力発電機による環境教育 つくば市とのコラボレーション | 2006/01/26 12:55

追加情報
・つくば市の小型風力発電機問題 早大の『虚偽調査』判明-----中日新聞、2006.1.25
http://www.chunichi.co.jp/00/ibg/20060125/lcl_____ibg_____000.shtml

投稿: つくば市の小型風力発電機問題 | 2006/01/25 12:50

・つくばの風力発電機『計画段階から破たん』市民団体批判の声-----東京新聞、2005/12/27
http://www.tokyo-np.co.jp/00/ibg/20051227/lcl_____ibg_____002.shtml
" つくば市内の小中学校に設置された小型風力発電機がほとんど発電していない問題で、設置された機種の年間消費電力が予想される年間発電量を上回っていることが二十六日、市の資料から明らかになった。 "

投稿: 追加情報 | 2006/01/05 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風力発電事業 年度内に存廃判断へ / クリッピング 東京新聞:

» こんなに小型風車が注目を集めることが、、、、残念 [しなやかな技術研究会β]
RSSキャプチャー / AsahiCom2006-03-19 第 ----- goo rss reader ----- ニュースランキング定点観測、2006年3月19日 コメント  ソフトエネルギーでもクリッピングしてきた、つくば市の発電しない風力発電機の話題。2006年03月18日のランキングで、2位「風車回らずほとんど発電しない」つくば市が早大提訴へ です。  こんなに小型風車が注目を集めるなんてことは、今までなかっただけに。複雑... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 11:33

« バイオマス : 森林資源で発電 秩父市、来秋までに施設 - - 「吉田元気村」南側 /埼玉 /クリッピング MSN毎日インタラクティブ | トップページ | 中外合弁で中国太陽光発電市場を開発 / クリッピング 新華通信ネットジャパン »