« An Assessment of Solar Power on Rooftops / クリッピング New Rules Project | トップページ | 日本で最初の水力発電所があるのは、どこですか? »

イベント 5/21 エイモリー・B・ロビンス講演会 化石燃料から分散型自然エネルギー時代へ

-----イベント案内-----より
" - 「スモール・イズ・プロフィタブル」出版記念 -石油依存経済からの脱却と小規模分散型社会について
日時:2005年5月21日(土)13:30〜15:40 (受付開始13:00)
場所:早稲田奉仕園 小ホール 
参加費:2000円(資料代:主催者会員1000円)
※但し、当日販売されている「スモール・イズ・プロフィタブル 〜分散型エネルギーが生む新しい利益〜」(定価4,800円) を購入される方は、参加費と書籍費を併せて5,000円と させていただきます。
主催:NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク(GEN) "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。
 
コメント
 スモール・イズ・ビューティフルから”スモール・イズ・プロフィタブル”。

 その軸は、石油ショック後の世界から、京都議定書の発効、つまり環境への人間の影響と責任、そしてそれが人という種がすこやかに生きることができるのか、という究極の課題への取り組みを考えにいれはじめた人類の今の軸へとシフトしはじめた。小規模分散型社会について、誰かに語ってもらいたいと思うとき、まっさきに浮かぶのがエイモリー・B・ロビンスだ。今、ロッキーマウンテン研究所のホームページをのぞけば、長年の氏の取り組みを見ることができる。さらに、そこはエコロジカルなビジネス展開を刺激する、ナチュラル・キャピタリズム、エネルギー分野の具体的な取り組みであるNational Energy Policy Initiativeなどへの扉である。そして、RMIのフォトツアーに参加すれば、その思考が具体的なライフスタイルに裏付けされているのが見えてくる。この講演は、要チェック。五つ星お勧めです。(t_t)

参考図書(ずっと品切れ中/ユーズドをお探しください) 
ソフト・エネルギー・パス—永続的平和への道
ソフト・エネルギー・パス—永続的平和への道-----amazon.co.jpへ
 エイモリー・ロビンズ, 室田 泰弘, 槌屋 治紀

|

« An Assessment of Solar Power on Rooftops / クリッピング New Rules Project | トップページ | 日本で最初の水力発電所があるのは、どこですか? »

コメント

関連情報
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2005051000014&genre=H1&area=S00
 脱石油の社会考える 近江八幡でセミナー 米学者ら講演-----京都新聞、2005年5月10日

コメント
 京都でも開催されたようです。持続可能な未来の家をデザインする
 http://www.eco-mura.net/info_01.html
 というタイトルで、ピーター D. ピーダーセン氏らも参加して開催されたようです。小舟木エコ村にも注目です。

投稿: 関連情報 | 2005/05/10 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イベント 5/21 エイモリー・B・ロビンス講演会 化石燃料から分散型自然エネルギー時代へ:

« An Assessment of Solar Power on Rooftops / クリッピング New Rules Project | トップページ | 日本で最初の水力発電所があるのは、どこですか? »