« 産業用太陽電池事業を強化 / プレスリリース シャープ | トップページ | ”オレンジの皮がエネルギー源” »

燃料電池ビークルでアイスランドを一周 / プレスリリース グリーン・エナジー・アドベンチャー

0504iceland
image (pop up ) & text : アイスランドプロジェクト ニュースリリース(pdf)、G.E.A.,2005 年3 月吉日より
" - アイスランドプロジェクト “サスティナブルエナジーを探す旅” -
グリーン・エナジー・アドベンチャーは、燃料電池と自然エネルギーを活用したビークルにより、水素社会先進国アイスランドを一周するプロジェクトを実行します。
2005 年6 月、燃料電池、太陽電池、風力により作られた電力を動力源としたビークルにより、アイスランドの大地を走ります。ツアー中にメンバーの生活や通信に必要とされる電力も太陽光発電や風力発電によりまかなうことで、自然エネルギーと燃料電池のハイブリットによる地域の特性に合った独立型発電の可能性を提示してゆきます。
また同時に国際児童交流プログラムとして、ツアー中に日本とアイスランドの小学校を衛星回線で結びテレビ会議を実施。クリーンエネルギーを通じた文化交流を行います。
水素社会実現のために世界に先駆けた取り組みをはじめたアイスランド、この地から持続可能(サスティナブル)な社会実現に向けて、次世代のエネルギーを探す冒険がスタートします。

問合せ先『グリーン・エナジー・アドベンチャー』(G.E.A.)

■プロジェクト主要コンテンツ

(1)レイキャビック(ペルトラン)をスタート/ゴールとし、アイスランドを一周。(国道1 号線約1,400km )。
燃料電池・太陽電池・風力で発電した電力により走行する1 人乗りのビークル“ハイドロパフィン(Hydro Puffin)”1 台はすでに開発・製作しテスト走行中。
野営の際は、太陽電池・風力で発電した電力の一部もビークルに供給してゆきます。
(2)ツアー中の電力を自活供給
ビークルの走行に限らず、移動中にサポート・メンバーが必要とする電力(通信、撮影、生活、調理等)は太陽電池・風力で発電した電気により賄います。
(3)テレビ会議システムによる国際児童交流プログラム
NPO 法人「横浜教育サポートフォーラム」と共同で日本(横浜市立太田小学校)とアイスランドの小学校を衛星回線で結びテレビ会議を実施。
学校と衛星回線で結びツアーの様子を中継し質疑に応えてゆきます。
(4)HP での情報発信
ツアーの準備段階から実行中に得られた情報を、HPまた、ツアー中の相互コミュニケーションも対応。
ツアー中も日本の小等で発信・共有してゆきます。

■スケジュール
6 月 5 日(日)日本出発・アイスランド(レイキャビック)着-7 日(火) ハイドロパフィンレギュレーション取得-8 日(水) 国際児童交流プログラム実施-11 日(土) アイスランド一周ツアー・スタート(レイキャビック、ペルトラン)-25 日(土) ゴール(レイキャビック、ペルトラン)
※スタート・ゴールの日程は気候など諸々のコンディションにより変更があり得ます。
■協 賛
アイスランド大使館(アイスランド外務省),アイスランデックニューエナジー社,KDDI (株),(株)KDDI ネットワークソリューションズ,(株)コスモウエーブ,(株)シグナスミル,(有)G2 クリエイト,大同メタル工業(株),(有)テラリウム,(株)日本製鋼所,Panasonic,NPO 法人「横浜教育サポートフォーラム」
※協賛企業・団体を随時募集中
■後 援
横 浜市,(財)横浜ボランティア協会,横浜市教育委員会(申請予定)
■番場 健司(プロジェクトリーダー)
大学入学と同時にハンググライディングに没頭。85 年、ハンググライダー世界選手権常勝国であったイギリスに留学、その当時世界一の規模であったAirwave Gliders 社にて就業しながら理論・技術を学ぶ。その後、アメリカでのソーラープレーン『タンポポ号』の開発・制作の為渡米、Solar Flight Research 社のマーケッティング・ディレクターとして働きエンジニアリング、テストフライト、スポンサー獲得活動に携わる。1990 年北米大陸
横断飛行の成功後に帰国。出版社勤務を経て、2000 年4 月には冒険家・大場 満郎氏の率いた「北極圏を目指す冒険ウォーク2000 」に参加、環境調査を手伝いながらカナダ・レゾリュートから北極圏・北磁極までの700km を徒歩による到達に成功。環境と人間が共存できる技術を使っての冒険に取り組む。"

関連サイト
・問合せ先『グリーン・エナジー・アドベンチャー』(G.E.A.)

コメント
 いよいよですね、番場さん。応援してます。是非現地から、メールで画像送ってください。疾走するパフィンはもちろん、もっていかれる風車、太陽電池、暮らしのようすの画像がほしいです。気が向いたら、送ってください。(t_t)

|

« 産業用太陽電池事業を強化 / プレスリリース シャープ | トップページ | ”オレンジの皮がエネルギー源” »

コメント

アイスランドプロジェクトのアイスランド日記がはじまりました。メンバーのみなさん、楽しげですねー
http://www.g-e-a.net/project/diary/050605/index.html

投稿: 追加情報 | 2005/06/14 15:23

追加情報
・燃料電池:どれだけやれるか 燃料電池車でアイスランド一周に挑戦−−川崎の市民団体-----毎日新聞 2005年6月4日
http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/06/04/20050604dde041040069000c.html
英訳 Japanese group to try clean energy circumnavigation of Iceland
http://mdn.mainichi.co.jp/news/20050604p2a00m0dm012000c.html

投稿: 追加情報 | 2005/06/06 22:35

追加情報
・光・風力を併用燃料電池車で周回 省エネを探す旅 / クリッピング 東京新聞 4/27
http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20050427/mng_____thatu___000.shtml
"  環境に優しいエネルギー技術の普及を目指す団体「グリーン・エナジー・アドベンチャー」(川崎市多摩区)が今年6月、燃料電池を搭載した1人乗り三輪車「ハイドロ・パフィン」で、自然エネルギー利用先進国のアイスランド1周に挑戦する。番場健司代表(42)らは「これからのエネルギーを探す旅」と位置づけ、極北の大地を駆け抜ける。"

投稿: 追加情報 | 2005/04/27 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池ビークルでアイスランドを一周 / プレスリリース グリーン・エナジー・アドベンチャー:

« 産業用太陽電池事業を強化 / プレスリリース シャープ | トップページ | ”オレンジの皮がエネルギー源” »