伊藤忠商事関連 スカテック・ソーラー、南アフリカ共和国でアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工

伊藤忠商事が37.5%を出資するノルウェーのスカテック・ソーラー Scatec Solar は、南アフリカ共和国でアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工しました。今回着工したのは、2012年5月の入札で南アフリカ共和国政府より優先契約交渉権を獲得した第2期太陽光発電事業の合計115MWp分です。
 これは、南アフリカ共和国政府が将来的に電力需要の約2割を太陽光をはじめとする再生可能エネルギーにより賄うという目標を達成するために推進されている、South African Renewable Energy Independent Power Producer Program(REIPPP、南アフリカ再生可能エネルギーエネルギー独立プログラム)に基づき実施されるものです。スカテック・ソーラー Scatec Solar は、昨年末よりは、南アフリカの北西州(North-West Province)のKaklbultにおいて、すでに75MWpのメガソーラーの建設を開始し、太陽電池の設置はほぼ完了し、稼動に向けて最後の調整が行われています。この75MWpと今回の115MWpを合計し、2014年末ごろに190MWpのアフリカ最大どころか、世界最大規模の巨大太陽光発電所が完成する見込みです。

伊藤忠商事、南アフリカ共和国における 75MWp メガソーラープロジェクトを発表-----ソフトエネルギー、2012/12/12

 今回の、115MWpの事業では、160haの敷地に約46万枚の太陽電池パネルを敷き詰められるそうです。この容量で、年間225GWh以上の発電量が見込まれています。設備利用率を計算すると22%を超えます。日本における設備利用率が12%程度とされていることを考えると実に驚くべき数字です。いかに日射量が多いかがわかります。

 のホームページに、先行する75MWp分の工事の様子、Kalkbult Solar PV Plantのスライドショウが公開されていました。前々からその具体的な様子が気になっていたので、参考になりました。


プレスリリース / 伊藤忠商事、2013年6月 7日
南アフリカ共和国でアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工

"日本、アジア、中近東での展開を拡大

伊藤忠商事株式会社(略)が37.5%を出資するScatec Solar社(ノルウェー、以下「スカテック・ソーラー」)は、2012年5月の入札で南アフリカ政府より優先契約交渉権を獲得した第2期太陽光発電事業(合計115MW)について、2013年5月9日付で20年間の売電契約を国営電力会社Eskomと締結しました。また、同国の銀行との融資契約も締結し、2014年末頃の稼働開始を目指して建設着工致しました。本事業においては160haの敷地に約46万枚の太陽電池パネルを敷き詰めることで年間225GWh以上の発電量を見込んでおり、約53,000世帯相当分の消費電力を賄うと同時に、年間190,000tのCO2削減効果が期待されます。

南アフリカ政府が将来的に電力需要の約2割を太陽光をはじめとする再生可能エネルギーにより賄うという目標を設定する中、本案件はREIPPP制度(*)に基づき推進されるものです。スカテック・ソーラーの同国における太陽光発電設備容量は第1期(75MW)と合計で190MWとなり、大型太陽光発電所の開発から建設・保有を手がける太陽光システムインテグレーターとしてのアフリカでの地位を確固たるものとします。

また、スカテック・ソーラーは太陽光発電設備を世界中に普及させるため、電力需要が急速に高まっている新興国において、他アフリカ各国での開発、中近東における現地有力パートナーとの事業展開を進めるなど様々な取組を展開しています。日本においても伊藤忠商事との戦略的な取り組みの一環として、メガソーラー事業を協働展開していきます。ドイツ、イタリア、フランス、チェコ等の欧州諸国や南アフリカ等で培ってきた大型メガソーラー案件組成の経験・ネットワークを活用し、目下の目標として100MW相当の太陽光発電所の開発・建設を進めて参ります。
(*)REIPPP制度;南アフリカ政府が同国内での再生可能エネルギー導入を推進する為、政府保証の元、国営電力会社ESKOMを通じて再生可能エネルギーにて発電された電力を買い取る制度。Renewable Energy Independent Power Producer Procurementプログラムの略称。
.......... "


関連
Scatec Solar démarre la construction de 115 MW supplémentaires de solaire photovolta-----Scatec Solar,13.05.2013
- May 13th, 2013 Scatec Solar ready to build another 115 MW of solar PV in South Africa – good progress on its first 75 MW project
Kalkbult_1a_may_2013
-----image(”catec Solar's 75 MW Kalkbult project is progressing well. 156 km of substructure and 315 000 solar panels will be installed before the park is completed.”) : 上記リリースより

- Construction of the Kalkbult Solar PV Plant is progressing as planned.
Kalkbult_solar_pv_plant_1
-----image : 上記サイト

Southafricakalkbult
-----image : Googleマップで、南アフリカ、Kalkbult近辺


コメント続き

 南アフリカの日射量の資料が公開されていました。Kalkbult Scatec Solarの水平面全天日射量(GHI)は、2300kWh/平方メートル・年を超えています。日に直すと、6.3kWh/平方メートル・日にも達しています。高温による発電ロスを考えても、日本約2倍にも達する太陽エネルギー資源を保有していることになります。

参考
Pv_insider_south_africa_ghi_map
-----image(”Annual sum of global horizontal irradiation, average 1994-2011 GHI index”) : PV-Insider.com、「PV Plants Map 2012
South AfricA - PV Project Development Summit South Africa 5-6 September 2012, Johannesburg」よ[ (No.16が、Kalkbult Scatec Solar 72.5(MWp) Kaklbult, North-West Province ]


 他地域で工事が進んでいるメガソーラーもありますが、南アフリカ共和国に2014年末ごろに190MWpのメガソーラーが完成するとすると、当然メガソーラーランキングにも入ります。

参考エントリー
メガソーラー世界ランキング(100MWp以上) 再生可能エネルギー豆知識

続きを読む "伊藤忠商事関連 スカテック・ソーラー、南アフリカ共和国でアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アフリカ、最初の大規模ソーラーは200kWpの小規模分散型電源!

 日本は、16日に衆議院選挙ですが、南アフリカでも将来に影響を与える政治的な選択が実施されようとしているようです。アフリカの中では、経済が好調でだと伝えられていたものの、2010年のワールドカップの開催前には、貧富の格差の拡大や治安状況の悪化がその大会に与える影響なども明らかになっていました。
 最近の南アフリカ情勢について知りたいと考えていたら、ちょうどいい記事が日経(FT)に掲載されました。

[FT]マンデラ時代の輝きを失う南アフリカ-----日本経済新聞、2012/12/13

"(2012年12月13日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 ネルソン・マンデラの独特の輝きが消えつつある――。先週末、94歳の元南アフリカ大統領が肺感染症を再発し、妻のグラサ・マシェルさんはインタビューで悲嘆の表情を見せた。同様に、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカの輝きが色あせつつあることを多くの国民が嘆いている
.......... "

 そんな南アフリカが今進めようとしている再生可能エネルギーの導入政策は、いま始まったところです。今後次々と建設されるメガソーラー計画については、先日お伝えしました。

伊藤忠商事、南アフリカ共和国における 75MWp メガソーラープロジェクトを発表-----ソフトエネルギー、2012/12/12

 この記事の75MWp以外のも十以上のプロジェクトが今後推進される予定です。そんな中で、南アフリカの大規模太陽光発電の第一号についてのリリースが南アフリカ政府によって報じられていましたので、今日はこれについてお伝えします。

 南アフリカ第一号となった大規模ソーラー発電施設は、ハウテン州のエクルレニ市 Ekurhuleni (Wikipedia : エクルレニ都市圏) のベノニ(Benoni)郊外のWattvilleに建設された、860枚の太陽電池から構成される200kWpの太陽光発電所です。政府の広報によれば、133戸のローコストハウスで消費される電力に相当するとされていましたので、一戸当たり1.5kWp見当の掲載です。設置された地域の日照条件がわかっていないのでいいかげんなことも書けませんが、先日しらべた日射条件によれば、日本の平均の倍近くあることがわかっていますし、設置されたのが2500mの高地であることを考えれば、かなり発電してくれるはずです。倍と考えれば、日本の3kWpのシステムに匹敵する電力を供給してくれるはずです。このLeeupan solar power plantは、独立系ではなく、系統連系システムで運用されていますが、バッテリーを備えた夜間照明施設なども設置されているということです。
 アフリカの土地に適した日干し煉瓦やストローベイルや泥壁(コブハウス)、さらには草屋根やパッシブソーラーなどのエコハウスの建築方法を採用するすることで、ローコストで快適な暮らしの実現に寄与することが可能と記されています。これからメガソーラー計画が目白押しの南アフリカで、小規模分散型電源としてのメリットとエコなデザインの総合的な採用という文脈が記述された技術体系の中での太陽光発電の一つのあり方がしめされた意欲的なプランとなっています。

 この総合プラン「Ekurhuleni's Energy Strategy」(ENERGY & CLIMATE CHANGE STRATEGY FOR EMM)によれば、200kWpの太陽光発電施設は、あと2ヶ所に合計3ヶ所建設され、エクルレニ市のエネルギーに関する総合プロジェクトの一翼を担う計画です。大規模ソーラー以外では、独立系太陽光発電の街灯、太陽熱温水器などとともに、地元の泥を活用したエコハウス作りによる、総合的なエコシティの建設まで言及された、エネルギーと自治を非常に強く打ち出しています。

プレスリリース / South African Government News Agency,12 Oct 2012
SA's first solar plant unveiled in Ekurhuleni

Southafrica200kwppv1
-----image : 上下とも、South African Government News Agency資料「ENERGY & CLIMATE CHANGE STRATEGY FOR EMM Tshilidzi Thenga Director: Energy Services 2012」より-----
Southafrica200kwppv2

"Benoni - The City of Ekurhuleni showed its commitment to promote low carbon technologies when executive mayor, Mondli Gungubele officially unveiled the first and only solar plant in the country in Wattville, outside Benoni, on Friday.

The solar power plant, situated at the environmentally friendly OR Tambo Precinct, produces about 200 kW of electricity through 860 PV (photovoltaic) solar panels on 2,500 m of land generating enough energy to power about 133 low cost houses.

Gungubele said the solar power is a sign of human care by the City in terms of improving the living conditions of residents. "This solar plant is also signaling greater things to come in our City," he said.
..........
Thenga said as the City's energy Division, they are committed to proactively promote Green Energy as a key for creating a sustainable future for their Metropolitan municipality.

He said the energy to be produced from the solar pant will be connected into the grid using 18 inverters and one combiner unit.

”We are envisaging connecting a 300 m cable from the combiner unit, laid into a cable trench to an existing power grid via 380 V kiosk, he said, adding that a 25 metre high Mast Pole with 6 LED spot lights and separate PV panels will be used to serve as a security light to aluminate the site at night.

This he said will be done to reduce the level of theft during the night.

The solar PV plant is made up of solar panels mounted on a support steel structures and are connected together in strings.

An inverter located in the storage house converts direct electricity current generated by the solar generator into alternating current that are fed into the municipal power grid.
.......... "

関連
・資料 : Ekurhuleni's Energy Strategy
ENERGY & CLIMATE CHANGE STRATEGY FOR EMM
Director: Energy Services City of Ekurhuleni
Google検索 : south africa Energy Climate Change Strategy For EMM
  [ http://www.energy.gov.za/files/
IEP/presentations/
EnergyClimateChangeStrategy
ForEMM_29MArch2012.pdf ]

Ekurhuleni Metro paves the way with the OR Tambo solar plant-----infrastructurene.ws,25 October 2012.

South African Government News Agency : South Africa to build world’s largest Solar Park

South African PV market in position to promote local manufacturing growth-----PV Insider,Jun 1, 2012

Developers fret over financial close delays in South Africa-----PV Insider,Aug 14, 2012


コメント続き
 アフリカの土地に適した日干し煉瓦やストローベイルや泥壁(コブハウス)、さらには草屋根やパッシブソーラーなどのエコハウスの建築方法を採用するするというエクルレニ市の計画は、地元の暮らしの充実というだけでなく、アフリカの文化を世界に発信するという意欲的な都市計画にのっとていました。下の写真、ストローベイルや日干しレンガなどを使ったアフリカの大地の上に生きる暮らしの建設の象徴的な風景としてアップしておきます。
 
Southafricastrawbale
-----image : South African Government News Agency資料「ENERGY & CLIMATE CHANGE STRATEGY FOR EMM Tshilidzi Thenga Director: Energy Services 2012」より

おすすめエントリー
週刊GreenPost 52号 しなやかな技術研究会 2012/12/10-14日版

COP18 第18回 気候変動枠組条約締約国会議 再生可能エネルギー関連まとめ

2012年は、国連持続可能エネルギー年 Sustainable Energy for All


デザーテック DESERTEC、2016年にチェニジアの2GW集光型太陽熱発電(CSP)で発電し、高圧直流送電線(HVDC)でイタリアに送電する計画を発表-----ソフトエネルギー、2012/03/09

ケニアの地熱発電所建設に関して東芝、三菱重工、富士電機、そして仏アルストムの4社が応札予定-----ソフトエネルギー、2011/02/02

[ カテゴリー : アフリカ ]

続きを読む "南アフリカ、最初の大規模ソーラーは200kWpの小規模分散型電源!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊藤忠商事、南アフリカ共和国における 75MWp メガソーラープロジェクトを発表

 伊藤忠商事は、37.5%を出資するノルウェーのScatec Solar社が、75MWの太陽光発電事業について、2012年11月5日付で20年間の売電契約を国営電力会社Eskomと締結致したと発表しました。この事業の総費用は約2億ユーロで、Northern Cape地方に、2014年1月の稼働開始を目指して着工の運びとなるということです。105haの広大な敷地に30万枚以上の太陽電池パネルを敷き詰めるこの計画は、南アフリカの大地にどんな形で建設され、その姿を現すのか、大いに注目です。この75MWpの太陽光発電所により、年間145GWh以上の発電量が見込まれているということです。
 この事業は、昨年12月に南アフリカ政府より優先契約交渉権を獲得していたもので、さらにScatec Solar社は、計115MWの優先交渉権を落札しているということです。南アフリカは、石炭火力への依存度が85%にも上り、2020年迄に電力供給源の多角化を計画し、再生可能エネルギーを6GW規模まで拡大する計画があるということです。これまで、過去二度の入札において太陽光発電で1GWを許可しているということです。

 南アフリカ政府が推し進める再生可能エネルギーの導入計画は、Renewable Energy Independent Power Producers Program (REIPPP) と呼ばれ、それで成し遂げようとしている内容は、2030年までに合計3725MWの再生可能エネルギーを外資を活用しながら積極的に導入しようとするものです。この内訳は、風力発電が1850MW、そして2番目が1450MW(p)の太陽光発電です。三番目の規模が、200MWの太陽熱発電ですから、陸上風力と太陽光発電がこの計画の柱となります。

 それにしても南アフリカの日射量の強さは半端ではありません。現在多くの大規模太陽光発電所の建設計画が進められている南アフリカ中央部の地域の平均の水平日射量の平均は、2000kWh/平方メートル以上あります。強いところになると、2300kWh/平方メートル(Annual sum of global horizontal irradiation, average 1994-2011 *PV Plants Map 2012 South AfricA - PV Insider) 以上になります。この値は、日に直すと、6.3kWh/平方メートル・日です。日本の倍程度の値となります。この豊富な太陽エネルギーの”資源量”を生かして、南アフリカが建設するメガソーラー事業は、他のアフリカ諸国からも注目されています。


プレスリリース / 伊藤忠商事、2012年11月30日
南アフリカ共和国における75MWの太陽光発電事業を本格開始

"伊藤忠商事株式会社(略)が37.5%を出資するScatec Solar社(ノルウェー、以下「スカテック・ソーラー」)は、昨年12月に南アフリカ政府より優先契約交渉権を獲得した75MWの太陽光発電事業について、2012年11月5日付で20年間の売電契約を国営電力会社Eskomと締結致しました。
 本事業の総費用は約2億ユーロで、Northern Cape地方に建設するものです。Standard Bank(南ア)との間で締結した融資契約に基づく第一回の融資実行を2012年11月19日に受け、2014年1月の稼働開始を目指して着工の運びとなりました。105haの敷地に30万枚以上の太陽電池パネルを敷き詰めて年間145GWh以上の発電量を見込んでおります。これにより約35,000世帯相当分の消費電力を賄うと同時に、年間125,000tのCO2削減効果が見込まれます。更に利益の一部を教育や公衆衛生の向上等へ還元し地元経済にも貢献致します。
 また、今年5月に実施された同国第二回入札においてもスカテック・ソーラーは計115MWの優先交渉権を落札しております。BRICSの一角として新たな世界の成長エンジンと期待される同国において、電力供給の拡大は喫緊の大きな課題となっています。同国では石炭火力への依存度が85%にも上るため、電力供給源の多角化の為2020年迄に再生可能エネルギーを6GW規模まで拡大する計画であり、過去二度の入札において太陽光発電で1GWを許可しています。
 更に、スカテック・ソーラーは世界銀行傘下のIFC(International Finance Corporation)とアフリカ中部での太陽光発電事業について提携しており、同地域での事業展開を図っております。アフリカ大陸の40%以上の発電量を有する南アフリカを起点にアフリカ大陸での太陽光発電事業を推し進めていくと共に、その他地域の新興国でも同事業の積極的な推進を検討しています。
.......... "

関連
Scatec Solar starts construction of a 75 MW solar PV plant in South Africa-----Scatec Solar,08.11.2012

Renewable Energy Independent Power Producers Program (REIPPP) / About us

"South Africa has a high level of Renewable Energy potential and presently has in place a target of 10 000 GWh of Renewable Energy. The Minister has determined that 3 725 megawatts (MW) to be generated from Renewable Energy sources is required to ensure the continued uninterrupted supply of electricity. This 3 725 MW is broadly in accordance with the capacity allocated to Renewable Energy generation in IRP 2010-2030.

This IPP Procurement Programme has been designed so as to contribute towards the target of 3 725 megawatts and towards socio-economic and environmentally sustainable growth, and to start and stimulate the renewable industry in South Africa."

South Africa's renewable energy shift-----SouthAfrica.info,6 November 2012

PV PLANTS MAP FOR SOUTH AFRICA

・Energypedia : South African Renewable Energy Feed-in Tariff
(South Africa RenewableEnergy Feed-in Tariff (REFIT)Draft Guidelines 15th May 2008)

Renewable Energy Independent Power Producer Program

(ABNDigital, 2012/05/21)

"(www.abndigital.com)
Nineteen successful bidders in Department of Energy's Renewable Energy Independent Power Producer Program were announced on Monday in a second round of bidding which closed at the start of March. ABN's Thomas Maree investigates what this potential for renewable energy investment will mean for the South African economy."

追加情報
アフリカ最大となる75MWのメガソーラーが南アで発電開始、新規雇用に配慮-----メガソーラービジネス、2013/11/15

"ノルウェーScatec Solar社は11月、南アフリカに建設した出力75MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)が、予定より3カ月前倒しで送電網に接続したと発表した。
..........
年間予想発電量は、一般家庭約3万3000世帯の電力使用量に相当する約13.5万MWh
.......... "

伊藤忠商事関連 スカテック・ソーラー、南アフリカ共和国でアフリカ最大級の太陽光発電設備建設に着工-----ソフトエネルギー、2013/06/10


参考
Suntech, Siemens and Mainstream Renewable Power Collaborate on 100MW of Solar Projects in South Africa-----Energy Trend,2012-12-11

追加情報
南アフリカ、最初の大規模ソーラーは200kWpの小規模分散型電源!-----ソフトエネルギー、2012/12/14


コメント続き

続きを読む "伊藤忠商事、南アフリカ共和国における 75MWp メガソーラープロジェクトを発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

000b_bookmarks | 000c_bookmarks_ | 000YouTubeから | 001クリッピング | 001クリッピング2006 | 001クリッピング2007 | 001クリッピング2008 | 001クリッピング2009 | 001クリッピング2010 | 002企業プレスリリース | 003イベント案内 | 007適正/中間/代替 技術 | 009自然エネルギー全般 | 010太陽電池 | 012太陽光/照明、殺菌、清掃など | 015太陽熱利用 | 016パッシブソーラー | 020風力発電 | 021小型風力発電機 | 030水力発電 | 040 海洋エネルギー-OTEC | 040潮汐力・海流など海洋エネルギー | 045浸透膜発電 | 050fバイオ燃料 | 050バイオガス/メタン | 050木質、森林/バイオマス | 052汚泥・廃棄物/バイオマス | 060温泉、地熱、地中熱 | 070家庭用ハイブリッドシステム | 071産業用 省エネルギー技術 | 075電力、マイクログリッド | 076電力変換/蓄電、蓄熱、水素など | 077 燃料電池 | 078 熱利用・熱回収/廃熱・余熱 | 090その他のエネルギー | 093人工光合成 / 光触媒 | 099世界 | 099世界 Index | 100国内 | 101アメリカ | 102d デンマーク | 102d ドイツ | 102e イギリス | 102f フランス | 102i イタリア | 102m メキシコ | 102n オランダ | 102s スウェーデン | 102s スペイン | 102sスイス | 102南アメリカ | 102欧州 | 102bブラジル | 103ロシア | 104東ヨーロッパ | 105iアイスランド | 105n ノルウェー | 110オセアニア | 111カナダ | 114中東 | 115s 南アフリカ | 115アフリカ | 120アジア | 121中国 | 122台湾 | 122韓国 | 123インド | 2020 | 2025 | 2030 | 2050 | Googleマップ(Earth) | Green Movement | おすすめサイト | おもちゃ、雑貨 | アップロード画像(非公開) | エネルギー | グリーン・ポスト[PR] | ニュース | プレスリリース | リポート、資料 | 住まい・インテリア | 島の自然エネルギー | 情報のまとめ | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 画像 下書き公開用 | 経済・政治・国際 | 趣味 | 車関係 | 過去記事クリッピング-2003cripping | 鉄道/電車関連 | 音楽