仏 Akuo Energy、西インド諸島マルティニークに16MW浮体式海洋温度差発電所"NEMO"建設へ

 フランスのエネルギー分野のベンチャーAkuo Energy社は、DCNS社と共同で、カリブ海の西インド諸島にある仏領マルティニーク島沖で最大出力16MWの浮体式海洋温度差発電所を建設します。(Googleマップでマルティニーク Martinique 島を見る

 今回のプロジェクトは、NEMO (New Energy for Martinique and Overseas)プロジェクトと名づけられ、欧州連合の助成プログラム(NER 300)に選出され、実施されるものです。ちなみに助成額は、72.1 百万ユーロ(約97.3億円)です。

欧州連合 EU、再生可能エネルギーと二酸化炭素貯留技術 CCS に10億ユーロの助成-----ソフトエネルギー、2014/07/24
".......... フランス 海洋エネルギー 72.1 百万ユーロ(約97.3億円) France – NEMO – Ocean energy The project is a 16 MWe floating ocean thermal energy conversion system. It is expected to be mounted within a floating barge moored some 5 km off the west coast of Martinique, with export cable landfall by the Bellefontaine oil-fired, thermal power plant. It aims to deliver approximately 395 GWh in the first five years of operation. .......... "

 マルティニーク島の沖5kmの所に浮かぶ特殊は浮体は、海水表面の温度25℃以上と深さ1000mの海水の温度、約5℃の温度差を利用し発電します。稼動予定は2018年で、最初の5年間で395GWhの発電量が期待されています。欧州の技術開発プログラムであるのに、カリブ海まで出張れるというところが、なんとも欧州の強みなのかもしれませんね。


プレスリリース / Akuo Energy, DCNS ,9.07.2014
Press Releases / 9.07.2014 Akuo Energy and DCNS win EU funding under the NER 300 program

Otec_nemo_1
-----image : 上下ともすべて同リリースより-----
Otec_nemo2Otec_nemo3

" After a 12-month audit by the European Investment Bank, the NEMO ("New Energy for Martinique and Overseas") project to create a floating Ocean Thermal Energy Conversion (OTEC) facility has been awarded funding as part of the European Commission's NER 300 program. .......... "
Otec_nemo4 -----image : 上記リリースより

関連
Akuo Energy and DCNS awarded European NER 300* funding: a crucial step for the marine renewable energy sector-----DCNS、2014/07/09
- Ocean thermal energy conversion
- First OTEC project

".....Réunion Island’s geographic location in the tropics makes it an ideal site for a plant generating electricity on a 24/7 basis by exploiting natural temperature differences between deep and shallow waters......"

Funding NEMO: Offshore OTEC project awarded in NER 300 program-----OTEC News,July 9, 2014


参考エントリー
ジャパンマリンユナイテッドと佐賀大学、AIP認証を取得。浮体式没水型海洋温度差発電開発にはずみ-----ソフトエネルギー、2013/09/11

久米島の沖縄県海洋深層水研究所で、50kW海洋温度差発電プラントが稼動-----ソフトエネルギー、2013/05/01

ゼネシス、IHIプラント、横河電機、沖縄県で海洋温度差発電の実証事業を開始-----ソフトエネルギー、2012/07/11

ロッキード・マーティン Lockheed Martin、中国で10MW海洋温度差発電プラント建設へ-----ソフトエネルギー、2013/05/07

[ カテゴリー : 海洋エネルギー-OTEC ]

続きを読む "仏 Akuo Energy、西インド諸島マルティニークに16MW浮体式海洋温度差発電所"NEMO"建設へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州連合 EU、再生可能エネルギーと二酸化炭素貯留技術 CCS に10億ユーロの助成

 欧州委員会 EUは気候変動対策として、全欧規模で実施される再生可能エネルギーと二酸化炭素貯留技術など、革新的実証プロジェクト19件に対し、10億ユーロの助成金を拠出することを公表しました。10億ユーロといえば、現在のレートで、約1365億5千円(1ユーロ =約136.5円換算 )です。

 具体的には、

クロアチア 地熱発電 14.7 百万ユーロ(1.35億円換算で、約19.8億円)

キプロス 太陽熱発電 CSP 60.2 百万ユーロ(約81.3億円)

キプロス スマートグリッド 11.1 百万ユーロ(約15.0億円)

デンマーク バイオエネルギー 39.3 百万ユーロ(約53.1億円)

エストニア バイオエネルギー 6.9 百万ユーロ(約9.3億円)

エストニア バイオエネルギー 25 百万ユーロ(約33.8億円)

フランス 地熱発電 16.8 百万ユーロ(約22.7億円)

フランス 海洋エネルギー 72.1 百万ユーロ(約97.3億円)

アイルランド 海洋エネルギー 23.3 百万ユーロ(約31.5億円)

イタリア 太陽熱発電(CSP) 40 百万ユーロ(約54億円)

イタリア スマートグリッド 85 百万ユーロ(約114.8億円)

ラトビア バイオマス発電(熱分解) 3.9 百万ユーロ(約5.3億円)

ポルトガル 太陽光発電 8 百万ユーロ(約10.8億円)

ポルトガル 海洋エネルギー 9.1 百万ユーロ(約12.3億円)

スペイン 風力発電 33.4 百万ユーロ(約45.1億円)

スペイン 風力発電 34 百万ユーロ(約45.9億円)

スペイン バイオエネルギー 29.2 百万ユーロ(約39.4億円)

スウェーデン バイオエネルギー 203.7 百万ユーロ(約275.0億円)

イギリス CCS 300 百万ユーロ(約405.0億円)

 となっています。最大のプロジェクトはイギリスの二酸化炭素貯留技術実証プロジェクト(CCS)で、約405.0億円の資金が投じられます。これは、EUにおける最初の大規模な二酸化炭素貯留技術プロジェクトとなるものです。今回の助成は、NER300プログラムの第2期選定分です。NER300プログラムは、欧州県内の新規参入者用排出枠分売却による収益による50%の共同融資プログラムの2012年実施の第一回(23件、12億ユーロ)に続く、第二弾となるものです。
 これにより、欧州県内の気候変動対策におけるエネルギー分野の具体的な対策がここに盛り込まれることになります。
 今回意外だったのは、海洋エネルギー関連が、3件あったことです。2030年代に実用化する技術として、予算的な限界がある中で、手厚く育てようとしている様が見えます。この3件については、具体的に日をあらためてみていきたいと思います。


プレスリリース / EUROPEAN UNION, 8 July 2014
Climate action: Commission uses polluters' revenues to fund clean energy projects across Europe

" The European Commission today awarded €1 billion funding to 19 projects to fight climate change under the second call of the so-called NER 300 funding programme. The funding for the projects comes from revenues resulting from the sale of emission allowances in the EU Emissions Trading System. This makes the polluters the driving force behind developing new low-carbon initiatives.

The funding will be used to demonstrate technologies that will subsequently help to scale-up production from renewable energy sources across the EU as well as those that can remove and store carbon emissions. The projects awarded co-financing today cover a range of technologies − bioenergy, concentrated solar power, geothermal power, photovoltaics, wind power, ocean energy, smart grids and, for the first time, carbon capture and storage (CCS).

Connie Hedegaard, EU Commissioner for Climate Action, said: "With these first-of-a-kind projects, we will help protect the climate and make Europe less energy dependent. The €1 billion we are awarding today will leverage some additional €900 million of private investment. So that is almost €2 billion of investment in climate-friendly technologies here in Europe. This is a contribution to reducing Europe's energy bill of more than €1 billion per day that we pay for our imported fossil fuels."
..........
NER 300
The NER 300 programme is so-called because it is funded from the sale of 300 million emission allowances from the new entrants' reserve (NER) set up for the third phase of the EU emissions trading system (EU ETS).

In its recent Communication: 'A policy framework for climate and energy in the period from 2020 to 2030', the Commission outlines the possibility of exploring an expanded NER 300 system in the post-2020 climate and energy framework. This could be a means of directing further revenues from the EU Emissions Trading System towards the demonstration of innovative low-carbon technologies in the industry and power generation sectors.
.......... "

関連
Questions and Answers on the outcome of the second call for proposals under the NER 300 programmeEUROPEAN UNION, 8 July 2014

欧州投資銀行、CCSプロジェクト資金を調達-----Global CCS Institute,29 Apr 2014

"EUのCO2排出枠3億単位の売却で調達された20億ユーロ以上の資金で、欧州における革新的な再生可能エネルギー実証プロジェクト及びCO2回収プロジェクトが恩恵に与ることになる。このことは、排出枠売却の第2フェーズが成功裏に完了した後、欧州投資銀行によって発表された。この売却は、欧州委員会、欧州投資銀行及びEU加盟国が共同で管理している資金調達手段であるNER300プログラムの一環として行われた。
......... "

EU 再生可能エネルギー・二酸化炭素貯留技術実証プロジェクトに10億ユーロの助成を決定-----EICネット、 2014.07.08


追加情報
仏 Akuo Energy、西インド諸島マルティニークに16MW浮体式海洋温度差発電所"NEMO"建設へ-----ソフトエネルギー、2014/08/20

続きを読む "欧州連合 EU、再生可能エネルギーと二酸化炭素貯留技術 CCS に10億ユーロの助成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UAEに世界最大規模 100MWの集光型太陽熱発電所(CSP) Shams 1が完成

UAE アラブ首長国連邦で100MWの集光型太陽熱発電所(CSP) Shams 1が完成しました。集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP) のシステムは、アベンゴア・ソーラー Abengoa Solarのパラボリック・トラフ Parabolic Troughです。2.5平方kmの敷地に、258,000の鏡で構成された半円形のパラボラ集光鏡が768基並び、UAEの平均的な家庭20,000軒分の電力が生み出されます。

 今回のプロジェクトの資金の6億ドルは、アブダビのMasdarが60%、Totalが20%、Abengoa Solar が20%を出資したものです。建設には3年の歳月がかかりました。

 さらに順調に資金調達が行われれば、Shams 2とShams 3プロジェクトも計画されています。


Masdar Launches Shams 1, The World’s Largest Concentrated Solar Power Plant In Operation-----Masdar,Mar 17, 2013

プレスリリース / Abengoa Solar,March 17, 2013
Masdar, Total and Abengoa Launch Shams 1, the World’s Largest Concentrated Solar Power Plant in Operation

20130317_np_sham_alta
-----image : 同リリースより

"The inauguration of Shams 1, a 100 MW solar thermal plant, is a major milestone in the development and deployment of renewable energy in the Middle East.

Masdar, along with its partners, today launched Shams 1, the largest concentrated solar power plant (CSP) in operation in the world. Masdar, Abu Dhabi’s renewable energy company, partnered with French energy company Total and Spain’s energy infrastructure company Abengoa. The 100 MW solar thermal project will power thousands of homes in the United Arab Emirates and displace approximately 175,000 tons of CO₂ per year. The 600 MUS$ project took three years to build.
..........
Located in the UAE’s Western Region, in the emirate of Abu Dhabi, Shams 1 was designed and developed by Shams Power Company, a joint venture between Masdar (60 percent), Total (20 percent) and Abengoa Solar (20 percent). With the addition of Shams 1, Masdar’s renewable energy portfolio accounts for almost 68 percent of the Gulf’s renewable energy capacity and nearly 10 percent of the world’s installed CSP capacity.
..........
Covering an area of 2.5 km², or 285 football fields, Shams 1 generates electricity to power 20,000 homes in the UAE. Also, because solar power is generated during peak demand, the UAE is able to reduce the need for “peak shaving” generators, which are expensive and idle most of the year.
..........
Incorporating the latest in parabolic trough technology, Shams 1 features more than 258,000 mirrors mounted on 768 tracking parabolic trough collectors. By concentrating heat from direct sunlight onto oil-filled pipes, Shams 1produces steam, which drives a turbine and generates electricity. In addition, the solar project uses a booster to heat steam as it enters the turbine to dramatically increase the cycle’s efficiency. The project also includes a dry-cooling system that significantly reduces water consumption – a critical advantage in the arid desert of western Abu Dhabi.
.......... "

関連
Abengoa Solar partners with Total and Masdar to build, own and operate the first large scale Solar Power Plant in the Middle East-----Abengoa Solar,June 10, 2010
20100609_np_abu_dhabi_img_02_baja
-----image : 上記リリースより-----
20100609_np_abu_dhabi_img_03_baja

"The Shams -1 concentrating solar power plant, with 100 megawatts of power output capacity, will be operational in 2012. Abengoa Solar and Total will own and operate the Shams-1 project in a joint venture with Masdar.
.......... "


Shams 1 Progress (October 2012)

(Masdar VideosChannel·,2012/11/01)

・Wikipedia : Shams solar power station
- Parabolic trough

追加情報(2014/10/17)
・Masdar Energy : Shams 1
Jan_2013_aerial_francois_site_photo
-----image : 上記サイトより

"Shams 1 CSP Plant Quick Facts
Among the largest concentrated solar power plant in the world
Land area: 2.5 Km2
Installed capacity: 100 megawatt
Displaces approximately 175,000 tons of CO₂ annually
Solar field will consist of 768 parabolic trough collectors
Construction commenced in June 2010 at Madinat Zayed, 120 kilometres from Abu Dhabi
Plant set to go online in 2013
For more information, visit: www.shamspower.ae"

Shams 1 Corporate Video

(Masdar VideosChannel,2013/01/27)

SHAMS
Shams_1flyer
-----image : Factsheet「Shams One Flyer [PDF]」より


参考エントリー
米エネルギー省、アベンゴア・ソーラー Abengoa Solarの世界最大規模250MW太陽熱発電所 Solana 建設計画に融資保証、建設へ!-----ソフトエネルギー、2011/01/11

集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP) / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2011/01/29


おすすめエントリー
週刊GreenPost 65号 2013/3/18- 日版 しなやかな技術研究会

続きを読む "UAEに世界最大規模 100MWの集光型太陽熱発電所(CSP) Shams 1が完成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大学、ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014フランス大会に参加決定

 昨年スペインのマドリッドで開催されたソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012に参加した千葉大学のチームは、2014年 6月にフランスのベルサイユで開催されるソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014フランス大会への出場を決めたとのことです。昨年12月実施された一次選考には、44 チームが応募し、その中から16ヵ国から20チームが選ばれたとのことです。

 ソーラー・デカスロンは、太陽光利用の普及・啓発と学生の教育を目的に、2002年にアメリカのエネルギー省が始めた大学対抗の国際エコ建築コンペです。これまでアメリカで 5 回、ヨーロッパで 2 回開催され、千葉大学はスペイン大会に継ぐ二度目の参加となります。千葉大学チームは、「ソーラー・チムニー」を換気装置や移動手段として活用し、太陽光を最大限に活かしたパッシブな住環境を提案するとのことです。

 なお、今年2013年は、10月にアメリカの本大会が開催され、はじめて西海岸のカリフォルニア州オレンジ郡のIrvineでこちらも北米を中心に20チームの学生がその腕を競います。


プレスリリース / 千葉大学、2013年1月28日
記者発表 - ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014参加決定-世界大学対抗ソーラー住宅建設競技の一次審査突破(PDF)

Sdeurope2012spain
-----image(上-ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ 2012 スペイン大会の様子、下-「ソーラー・チムニー」のダイアグラム) : 同リリースより-----
Sdeurope2014france_chibau

"千葉大学ソーラー・デカスロンチーム

 千葉大学(略)は,2014 年 6 月にフランス・ベルサイユで開催される『ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ 2014 フランス大会』の一次選考(2012 年 12 月実施)に応募し,応募 44 チームの中から参加チームの 1 校に選ばれた。本大会は,産学が連携し学生が主体となって次世代のソーラー住宅を設計,建設,発表する大学対抗の建設競技で,日本からの参加は千葉大学のみである。
 『ソーラー・デカスロン』は,太陽光利用の普及・啓発と学生の教育を目的に,2002年にアメリカ合衆国エネルギー省が始めた国際大会で,これまでアメリカで 5 回,ヨーロッパで 2 回の開催歴があり,千葉大学は昨年 9 月にスペイン・マドリードで開催された 2012 年スペイン大会に続いて二度目の出場となる。

 2014 年フランス大会は集合住宅がテーマで,高効率のソーラーパネルを用いたエネルギーの自給だけでなく,都市との関係や住民の移動手段(モビリティ)も新たに審査対象となる。千葉大学は,「ソーラー・チムニー」を換気装置や移動手段として活用し,太陽光を最大限に活かしたパッシブな住環境を提案する。
 2014 年 6 月には,世界 16 カ国から集まった 20 チームが,計画に基づく住宅をベルサイユに建設し,公開二次審査が行われる。測定や審査によって,デザイン性,省エネ性,快適性,革新性など 10 種目(=デカスロン)の得点を競い,総合順位を決める。
 今後,工学部建築学科が中心となり,全学をあげてプロジェクトを進める。前回大会を経験した学生も数多く参加し,グランプリを狙う。
.......... "

関連
Chiba University Japan Solar Decathlon Europe 2014(RENAI HOUSE 公式サイト) - Renai House by Chiba University Japan, Solar Decathlon Europe 2014 (YouTube) - Participants Solar Decathlon 2014 (Renai House - Japon)(YouTube)

Solar Decathlon Europe2014に千葉大チームが参加します!-----千葉大学大学院工学研究科 建築・都市科学専攻 建築学コース、2014.4.14

Solar DecathlonEurope : 2014 France / English
- monitoring(最終結果)
- THE RULES V.1 IS AVAILABLE
- SDE 2014: 20 TEAMS ARE SELECTED !

U.S. Department of Energy Solar Decathlon 2013 : Oct. 3–13, 2013 Orange County Great Park in Irvine, California
- Solar Decathlon Blog


追加情報


ソーラー・デカスロン2014が今夏フランスで開催-----在日フランス大使館、11/06/2014

地域未来構想 千葉県 千葉大学 ソーラー・デカスロンへの挑戦-----Project Design、2014年1月号

【ZEH】千葉大が再びソーラー・デカスロン・ヨーロッパに挑む-----建築通信新聞公式ブログ、6/01/2014

参考エントリー
ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012のすべて

SDEurope2012 参加の千葉大学チーム、おもてなしハウスの建て込みが開始されました-----ソフトエネルギー、2012/09/04

イベント9/14-30 ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012-----ソフトエネルギー、2012/05/01

ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe、6月にスペインで開催-----ソフトエネルギー、2010/02/15

ソーラーデカスロン Solar Decathlon / おまとめサイト-----自然エネルギー、2011/09/16


おすすめエントリー
週刊GreenPost 58号 2013/1/28-2/1日版 しなやかな技術研究会

続きを読む "千葉大学、ソーラー・デカスロン・ヨーロッパ2014フランス大会に参加決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EUは、再生可能エネルギー実証プロジェクト合計23件に12億ユーロ(1400億円超)の助成を決定

 EU、欧州委員会(European Commission)は、昨年末に再生可能エネルギー実証プロジェクトに対して合計23件に12億ユーロの助成を決定しました。このプログラムの名前は NER300 funding programmeで、今回決定されたのはバイオマス(フィンランド、イタリア、ポルトガル、フランス、オランダ、スウェーデン[2件]、ドイツ、)、浮体式洋上風力発電(フランス、ポルトガル)、風力発電(スウェーデン、オーストリア)、太陽熱発電(キプロス、ギリシャ[2件]、スペイン)、スマートグリッド(ベルギー)、地熱発電(ハンガリー)、潮流発電(イギリス[2件])、波力発電(アイルランド)、洋上風力発電(ドイツ[2件])という内訳で、内容は調査、実証、新設・運用など様々な内容に対する助成となっています。(参考

 ちなみに、12億ユーロは、今日の参考レートでは、約1千400億円です。プロジェクト一件に対する助成の割合は50%。今回の第一回選定プロジェクトは、再生可能エネルギーに回ったが、第二回には、CCS(二酸化炭素回収貯留)技術に対して2億7500万ユーロが予定されています。

 この助成により、雇用が生まれ、産業が興り、ヨーロッパ全体の技術力の向上にもつながり、それがやがては輸出にもつながる。欧州の希望も感じる手当てだと思いました。


プレスリリース / European Commission(欧州委員会),18/12/2012
Climate action: Commission awards EUR 1.2 billion to kick-start 23 innovative

Dv791028
-----image : 関連記事より

"The European Commission today awarded over €1.2 billion funding to 23 highly innovative renewable energy demonstration projects under the first call for proposals for the so-called NER300 funding programme. Projects will be co-financed with revenues obtained from the sale of 200 million emission allowances from the new entrants' reserve (NER) of the EU Emissions Trading System.

The projects cover a wide range of renewable technologies - bioenergy (including advanced biofuels), concentrated solar power, geothermal power, wind, ocean energy and distributed renewable management (smart grids).
..........
Collectively, the award winning projects will engage several thousands of full-time workers during the construction phase (next 3-4 years). Once operational, about a thousand full-time workers will be engaged for the next 15-20 years to keep the installations running. Positive growth and employment effects are also intended along the supply chain feeding the sector.

NER300 funding will provide up to 50% of the 'relevant costs' of the project, a term in essence meaning the additional costs compared to existing, proven technologies; the rest will be covered by private investment and/or additional national funding. NER300 funding will be made available on an annual basis, based on proven performance (the amount of green energy produced) and the meeting of knowledge-sharing requirements.
.......... "

関連
European Commissio - Climate Action : NER300
/ Questions and Answers on the outcome of the first call for proposals under the NER300 programme(助成決定リストがここに掲載されています。*)
- NER300 - Large-scale Stirling dish power plants with solar to electric efficiency of over

*)当初、助成決定先をドラフト版を参照して書いてしまったので、以下のリストには、太陽熱関連のところと助成金額に混乱があります。暇を見て直します。正確な対象とリストは、上のQ&Aを参照してください。

NER300 - Finance for installations of innovative renewable energy technology and CCS in the EU / First call - Award Decision(NER300第一弾助成決定内容ドラフト版)

EU 再生可能エネルギー実証プロジェクト23件に12億ユーロの助成を決-----EICニュース、 2012.12.18

First call for proposals under the NER300 programme-----EU Business,20 December 2012

Renewables set to get bulk of NER300 funding-----EWEA, 21 Dec 2012

Four CSP projects awarded by EU with €203.3 M under the NER300 programme-----CSP World,19 December, 2012


コメント続き

続きを読む "EUは、再生可能エネルギー実証プロジェクト合計23件に12億ユーロ(1400億円超)の助成を決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランスの浮体式風力発電システム、ベンチャー企業イデオル IDEOL の技術

 フランスの浮体式風力発電のプラットフォームを開発したべンチャー企業 IDEOLの記事が以下のように掲載されました。

フランスの再生可能エネルギーはいま(6)中国の脅威を跳ね返すのは、社員12人の新興企業-----nikkei BP net,2012年12月13日

".....では、フランスはどうか。ドイツに大きく遅れをとったフランスは、2012年に海洋だけでも2000MWの風力発電の候補の決め、2020年までに発電総量6000MWをめざして2回目の公募を2012年12月末までに行うと発表したばかりだ。....."

 この IDEOLについては、英語版のWikipedieで見て、前から知っていましたが実証試験がこれからなので、このタイミングでは注目していませんでした。しかし、上の記事でフランスが2000MWの洋上風力発電の候補地を決めたという記述を読んで同社のサイトを見ると、実用化に向けて大きく動きだしているようです。記事ではさらにローコストとその洋上での動作について結構詳しく記載されています。評価されているということです。

 ということで、今回ベンチャー企業イデオル IDEOLについてみてみました。
 同社の9月のリリースによると2014年からの実証試験に向けて具体的に動き出しているとのことです。ただ、資金については調達済みとされているものの、金額や調達先は明らかにされていません。ただパートナーにはアメリカの国立再生可能エネルギー研究所(NREL)も名を連ねています。

 同社のパテントは、浮体中央の四角いプールによる波の揺れを抑制するしくみと、海中に張られたアンカーを利用して、一つづつの風力発電所の向きと位置をずらすことで、風向が変わっても効率よく発電するしくみから成り立っています。同社は、前者をDamping Pool (R : 振動減衰プール)と呼び、後者のしくみをモビリティ・ソリューション(風力最適化動作) Mobility solutionと表現しています。プラットフォームは、コンクリート製で量産が効き、動作も挙動も単純なので、メンテナンスも少なくローコストであることとされています。

 実物を目にするのは数年後ですが、フランスが具体的に洋上風力発電に着手するならば、まだどの国も本格的な浮体式洋上風力発電所を建設できていないので、フランスがリードする事態も十分に考えられます。結局、新分野では、官学財がどこまで資金と開発資源を本気で賢くつぎ込むかということにかかっています。日本でも開発が始まっていますから、この浮体式の分野で現実味のあるソリューションを提供してくれる動きを国内にも期待していきたいところです。


プレスリリース / IDEOL,September 17, 2012
Damping Pool (R), IDEOL unveils its floating offshore wind foundation and announces its industrialisation

Ideolsite
-----image : 同社のサイト、より

"After two years of development, IDEOL announces the industralisation of its floating offshore wind foundation and unveils its key features.

The IDEOL solution represents a technological breakthrough from the current bottom-fixed foundation technologies.

Thanks to the exceptional dynamic behaviour of the Damping Pool® system, developed and patented by IDEOL, the floating foundation is compatible with any commercial offshore wind turbines without modification. Damping Pool® achieves reduction in floater motion by using the hydrodynamic properties of a water mass entrapped into a central well, the oscillations of which are, by design, opposed to the excitation force generated by the waves.


Based on a concrete hull built in partnership with major civil engineering companies, the IDEOL solution can scale to mass production for very large wind farms, with on-site construction, high local content and versatile construction methods, depending on site conditions and local procurement options.

Finally, with half the construction and installation costs of any other floating foundation, the IDEOL solution is competitive with bottom-fixed foundations starting from 35m water depth, making it suitable not only for the emerging deep-water market, but also for projects currently under development in the North Sea.

Initiated at the end of 2010, development of the IDEOL solution encompassed the detailed design of the foundation for several sites, representative of conditions from the most extreme North Sea projects to Mediterranean ones.

Since then, comparisons and tests have confirmed the price competitiveness of the solution and its excellent dynamic behaviour.

Basin test campaigns have been performed with a wide range of wave, wind and current conditions, with waves up to 25m height and wind up to 90 km/h, representative of the most severe operating conditions.


Finally, strategic partnerships and financing for the industrialisation phase have been secured.

This industrialisation will include the installation of two demonstrators as soon as 2014, allowing the certification of the solution on a commercial scale.

According to Paul de la Guérivière, IDEOL CEO, «The IDEOL technological breakthrough enables utilities to develop offshore wind farms without water depth constraints, looking for the best sites with the strongest wind conditions and the lowest conflicts of use. It also highlights the potential of innovations in the renewable industry to propose new solutions for the economic and energetic challenges our world is facing».
.......... "

関連
Offshore Wind: the floating foundation in the process of industrialization-----Got Powered,Sep 24 2012

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識

- 初出
週刊GreenPost52号 しなやかな技術研究会 2012/12/10-14日版 p2

- 参考
France to build 2 GW of offshore wind power as costs of nuclear exposed-----EWEA Blog,11 Apr 2012


コメント続き
 Damping Pool (R)のしくみについては、同社の解説ビデオを、モビリティ・ソリューション Mobility solutionについては、以下のビデオクリップをご覧ください。

IDEOL, floating offshore wind energy

(pcoulombeau, 2011/03/30)

 日本でも浮体式風力発電の実証実験が複数開始されようとしています。問題は、日本の海に適した技術の開発をできるだけローコストに開発することです。
 ということで、浮体式風力発電の情報のまとめです。

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識


おすすめエントリー
週刊GreenPost53号 2012/12/17-21日版 しなやかな技術研究会

続きを読む "フランスの浮体式風力発電システム、ベンチャー企業イデオル IDEOL の技術"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルストム Alstom、潮流発電の Tidal Generation Limited (TGL) 社をロールスロイス社から取得

 フランスの発電事業などを手がけるアルストム Alstomは、潮流発電の Tidal Generation Limited (TGL) 社をロールスロイス社から取得したと発表しました。潮流発電の Tidal Generation Limited (TGL) 社は、スコットランドの欧州海洋エネルギーセンター European Marine Energy Centre (EMEC) の海洋エネルギー開発用のテストサイトにおいて、2010年9月より500kWの潮流発電装置のテストを行い。合計100MWhの発電を行い、同センターの行った初めての商用電源網への連系の初めてのケースとなった実績をもっています。このEuropean Marine Energy Centre (EMEC)での実証実験は、今後1MW機の開発へと駒を進める予定です。これにより、本格的な潮流発電機の開発へとつなげることが期待されています。

 海底で巨大なプロペラを回す潮流発電機に関しては、その実現性について若干の疑問を持っていましたが、今回の Tidal Generation Limited (TGL) 社のものは、一定の実証も済ませ、さらに大型の実証機を稼動させる段階に到達しています。
 さらにフランスの発電、送電、鉄道インフラの世界で大企業たる地位を確保しているアルストム傘下に加わったということは、潮流発電に積極的な発言が目立ち始めたフランスの海洋エネルギー開発において、その活躍が期待され、これまでの動きが評価されているということですから、1MW機の実証試験への興味が湧いてきます。

プレスリリース / Tidal Generation Limited,25 September 2012
Rolls-Royce, the global power-systems company, today announced the sale of Tidal Generation Limited (TGL) to Alstom

"・Innovative Tidal Stream Power Generation Project First to Supply 100MWh to Scottish Grid
・Demonstrates Rolls-Royce Commitment to Developing Next Generation of Cleaner Energy Solutions

Rolls-Royce, the global power systems company, has achieved a significant milestone in the deployment of tidal energy technology with confirmation that its prototype tidal turbine, located subsea off the Orkney Islands, Scotland, has successfully generated and fed over 100 megawatt hours (MWh) of electrical power into the national grid.

Harnessing the reliable and predictable energy of tidal streams, the 500 kilowatt (kW) tidal turbine prototype was designed and built by Rolls-Royce wholly owned subsidiary Tidal Generation Limited.

Robert Stevenson, Rolls-Royce, Vice-President – Power Ventures said: “Rolls-Royce has injected its world-class engineering expertise and incubation processes to deliver this innovative renewable energy project. Reaching the 100 megawatt hours milestone highlights the significant potential of cleaner, greener tidal power as part of a diversified UK energy mix. Having proven the capability of tidal energy, Rolls-Royce is well placed to meet any future demand with larger, more efficient technology on a commercial scale.”

As a reliable and predictable energy source, deep water tidal stream power generation could make a valuable contribution to meeting the electricity demands and carbon emissions reduction objectives of many industrialised nations, including the UK, Canada, Australia and the U.S.A. For example, Rolls-Royce tidal technology could generate up to 30TWh (terawatt-hours) of UK electricity, equivalent to around 7.5 per cent of existing UK electricity needs or enough to power 3 million homes.

Harnessing the Energy of Tidal Streams

 Installed as part of the Deep-Gen III project, co-funded by the UK government-backed Technology Strategy Board, the Rolls-Royce prototype tidal turbine is currently deployed at the European Marine Energy Centre’s (EMEC) offshore test site off the Orkney Islands, Scotland. It is the first EMEC located project to both receive Renewable Obligation Certificates and to reach 100 MWh of supply to the grid.

The tidal unit’s three-bladed turbine is attached by a tripod to the seabed and can operate, fully submerged at water depth of 40 meters. Its innovative design allows the turbine to continually rotate to face the incoming tide at an optimal angle. In addition, the turbine unit is semi-buoyant and can be easily towed to and from the point of operation, minimising installation and maintenance costs by avoiding the need for specialist vessels.

Neil Morgan, Head of Energy at the Technology Strategy Board said: “This is a significant milestone for the UK marine renewables industry. The UK is well-placed to exploit tidal stream energy resources and, if commercialised on a large scale, this technology could be an important part of the renewable energy mix we’ll need in the future, and could create jobs and exports for the UK.”

As part of the Energy Technologies Institute funded ReDAPT (Reliable Data Acquisition Platform for Tidal) consortium project, Rolls-Royce is currently building a 1MW tidal turbine demonstration unit that will be deployed in mid-2012 at EMEC in Orkney. The project will deliver detailed environmental and performance information never before achieved at this scale in real sea conditions. Rolls-Royce is also working with a number of developers in advancing demonstration arrays, systematic arrangements of turbines, which will lead to large scale commercial deployment.
.......... "

関連
Alstom intends to acquire Tidal Generation Ltd from Rolls-Royce-----Alstom,25/09/2012

Oceantidalturbineinstallation2
-----image(上-”Tidal turbine installation”、下2点も) : 上記リリースより-----
Oceantidalturbinecutawayenglish
Oceantidalturbineinstallationsea

"Alstom has signed an agreement with Rolls-Royce to acquire Tidal Generation Limited (TGL), a wholly owned subsidiary of Rolls-Royce Plc, specialised in the design and manufacture of tidal stream turbines. Alstom’s acquisition of TGL is expected to be completed within the next few months, subject to closing conditions.

TGL is at the forefront in the design, development and manufacture of tidal stream turbines which capture and convert the energy of tidal streams to generate electrical power. TGL’s first 500kWe unit was successfully installed at the European Marine Energy Centre (EMEC) at Orkney in Scotland. It generated and fed into the grid over 250MWh of electricity – enough power to supply the equivalent of 300 homes - averaging 12 hours of operation each day.

This acquisition reinforces Alstom’s position in renewable power as the company with the broadest and most complete range of products and systems, from hydro to wind, geothermal, biomass and solar. It will complement Alstom’s on-going research and development activities on ocean energies that are based in Nantes, France. It gives Alstom the opportunity to build a complete portfolio of tidal products and technologies which is necessary to cover the wide range of site conditions and to meet all customer needs.

TGL, which is based in Bristol, UK and employs 29 people, will benefit from Alstom’s experience in the energy industry, its global presence in 100 countries and its integrated offer including power generation and transmission.

TGL was the first EMEC located project to receive UK Renewable Obligations Certificate. As part of the Energy Technologies Institute commissioned and co-funded ReDAPT (Reliable Data Acquisition Platform for Tidal) consortium project, TGL’s 1MW tidal turbine will be installed in EMEC’s water by the end of 2012 and will be tested in various operational conditions off Orkney over a two-year period. Detailed environmental and tidal stream information will be measured to help the marine renewable industry understand the challenges that must be addressed for tidal technology to be developed on a commercial scale.

“With this acquisition, Alstom strengthens its position in a promising market and complements an already large offer of cutting-edge renewable energy technologies” said Jérôme Pécresse, President of Alstom Renewable Power. “This new step sets Alstom as a leader in ocean energies, with its Haliade™ 150 offshore wind turbine and its stake in AWS Ocean Energy Ltd, Scotland’s pioneering company in the wave energy, with whom we will provide wave devices for the world's largest wave farm off the coast of Orkney in Scotland. We now intend to be rapidly in a position to participate to pilot farms projects and develop a tidal turbine commercial offer” added Jérôme Pécresse.
.......... "

Rolls-Royce signs agreement to sell Tidal Generation Limited to Alstom-----Rolls-Royce,25 September 2012

French firm signs deal to buy Bristol tidal energy company-----This is Bristol, September 26, 2012

Energy Technologies Institute : Marine

"ReDAPT(Reliable Data Acquisition Platform for Tidal)
ETI Investment £12.6m
Date announced January 2009
Completion date Summer 2014

Project Partners
Rolls-Royce
Tidal Generations
EMEC
E-ON
EDF Energy
Garrad Hassan
PML (Plymouth Marine Laboratory
The University of Edinburgh
Overview
One of the key developments of the marine energy industry in the UK is the demonstration of near commercial scale devices in real sea-state conditions. Project ReDAPT will install an innovative 1MW tidal generator at the
European Marine Energy Centre in Orkney. The project will test the performance of the tidal generator in different operational conditions. Its aim is to increase public and industry confidence in tidal turbine technologies by providing a wide range of environmental impact and performance information, as well as demonstrating a new, reliable turbine design."


参考エントリー
イギリス、スコットランド、2020年までに1.6GW規模の海洋エネルギー開発を行うプロジェクトを正式にスタート-----ソフトエネルギー、2012/08/21

欧州海洋エネルギーセンター European Marine Energy Centre(EMEC) / 情報のまとめ-----ソフトエネルギー、2012/03/14

洋エネルギー開発の中心地から スコットランド EMEC / YouTubeから-----自然エネルギー、2012/01/17

川崎重工、海洋エネルギー開発、潮流発電システム開発に着手-----ソフトエネルギー、2011/10/21

[  カテゴリー : 潮汐力・海流など海洋エネルギー  ]


おすすめエントリー
週刊GreenPost 43号 - しなやかな技術研究会 2012/10/9-12日版

続きを読む "アルストム Alstom、潮流発電の Tidal Generation Limited (TGL) 社をロールスロイス社から取得"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

000b_bookmarks | 000c_bookmarks_ | 000YouTubeから | 001クリッピング | 001クリッピング2006 | 001クリッピング2007 | 001クリッピング2008 | 001クリッピング2009 | 001クリッピング2010 | 002企業プレスリリース | 003イベント案内 | 007適正/中間/代替 技術 | 009自然エネルギー全般 | 010太陽電池 | 015太陽熱利用 | 016パッシブソーラー | 020風力発電 | 021小型風力発電機 | 030水力発電 | 040 海洋エネルギー-OTEC | 040潮汐力・海流など海洋エネルギー | 045浸透膜発電 | 050fバイオ燃料 | 050バイオガス/メタン | 050木質、森林/バイオマス | 052汚泥・廃棄物/バイオマス | 060温泉、地熱、地中熱 | 070家庭用ハイブリッドシステム | 071産業用 省エネルギー技術 | 075電力、マイクログリッド | 076電力変換/蓄電、蓄熱、水素など | 077 燃料電池 | 078 熱利用・熱回収/廃熱・余熱 | 090その他のエネルギー | 093人工光合成 / 光触媒 | 099世界 | 099世界 Index | 100国内 | 101アメリカ | 102d デンマーク | 102d ドイツ | 102e イギリス | 102f フランス | 102i イタリア | 102m メキシコ | 102n オランダ | 102s スウェーデン | 102s スペイン | 102sスイス | 102南アメリカ | 102欧州 | 102bブラジル | 103ロシア | 104東ヨーロッパ | 105iアイスランド | 105n ノルウェー | 110オセアニア | 111カナダ | 114中東 | 115s 南アフリカ | 115アフリカ | 120アジア | 121中国 | 122台湾 | 122韓国 | 123インド | 2020 | 2025 | 2030 | 2050 | Googleマップ(Earth) | Green Movement | おすすめサイト | おもちゃ、雑貨 | アップロード画像(非公開) | エネルギー | グリーン・ポスト[PR] | ニュース | プレスリリース | リポート、資料 | 住まい・インテリア | 島の自然エネルギー | 情報のまとめ | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 画像 下書き公開用 | 経済・政治・国際 | 趣味 | 車関係 | 過去記事クリッピング-2003cripping | 鉄道/電車関連 | 音楽