« 採蜜の革命! Flow Hive 蜜蜂巣箱の秘密は独自のハニカム構造にあり | トップページ | ホンダ、電動バイク EV-CUB を国内で販売へ »

2016/02/29

世界でもっとも”グリーン”なビルとは? シアトルのブリットセンター Bullitt Center の紹介

 ネットエネルギーゼロのビル。まず頭に浮かぶのが、極省エネにして太陽光発電で電力を賄うというような電力自給のビルディングです。
 ということでネットで調べてみると、世界でもっともグリーンな商業ビルはシアトルのブリットセンターだという記事を発見しました。この下の記事は、つい先日刊行された「The Greenest Building: How the Bullitt Center Changes the Urban Landscape(@amazon)」の紹介だったのですが、

The Greenest Building: How the Bullitt Center Changes the Urban Landscape-----Living Future Ins., January 21, 2016

 シアトルに2013年に建設された、ブリットセンター Bullitt Centerは、敷地面積4645平方mの6階建ての商業ビルです。当初から環境に配慮し、エネルギー的にも自立した設計を盛り込んで立てられています。同ビルの機能紹介のページには、紹介すべき17のポイントが紹介されています。その中でこのビルを特長づけていると思われるのは、屋根の太陽電池により電力はすべて賄われている。トイレのし尿は、コンポスト化され肥料と水分ともに植物の生育に供されている。暖房効率、快適さを実現するように屋内空気環境とその循環が整えられている。さらにこれらのエネルギーと水の利用量や、空気のデータは、リアルタイムに表示されて、利用者にこのビルの機能を知らせることができる、など。
 このビルの総工費は、約3000万ドル。建設されてから、数々の賞に輝いている。シンプルなデザインで、強省エネと先進のデザインを組み合わせたビルとなっているようです。


関連
Bullitt Center
Bullitt_center_hp
----image : 上記サイトより
/ Building Features


参考
 このビルの様子がわかる記事と動画を紹介しておきましょう。

Bullitt Center(ブリットセンター):シアトルで成功した太陽エネルギープロジェクト-----Mother Earth News,2015/10/23

Daniel Blumberg assignment 4 Precedent Conditions Research Bullitt Center

(Daniel Blumberg、2016/02/07 )

コメ-同ビルの建築中、運用中の写真を紹介するコーナーもおすすめです。働いている人も自由な感じで、くつろげそうなビルですね。


2016/2/26 のしなやかな技術研究会のクリッピング

・Twilog : 2016年02月26日(金)


おすすめエントリー
NEDO、カネカ 壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発-----ソフトエネルギー、2016/02/26

レジリエンスという言葉 resilience 名詞-----とびっきりの未来 Project 50/2050、2016.02.25

|

« 採蜜の革命! Flow Hive 蜜蜂巣箱の秘密は独自のハニカム構造にあり | トップページ | ホンダ、電動バイク EV-CUB を国内で販売へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/63267701

この記事へのトラックバック一覧です: 世界でもっとも”グリーン”なビルとは? シアトルのブリットセンター Bullitt Center の紹介:

« 採蜜の革命! Flow Hive 蜜蜂巣箱の秘密は独自のハニカム構造にあり | トップページ | ホンダ、電動バイク EV-CUB を国内で販売へ »