« 平成25年度 新エネ大賞の募集が開始されました | トップページ | 太陽光発電は、その結果を知り、計測して”なんぼ”の時代がやってくる »

2013/06/21

太陽電池の進化 ソーラーフロンティアとシャープの変換効率の話題

ソーラーフロンティア、CIS太陽電池の変換効率14.6%、量産モジュールベースで達成-----ソフトエネルギー、2013/06/20

シャープ、集光型太陽電池セルで世界最高変換効率44.4%を達成-----ソフトエネルギー、2013/06/21

 昨日のソーラーフロンティアと本日のシャープ、どちらも太陽電池の変換効率が向上したという話題です。ソーラーフロンティアの銅-Cu、インジウム-In、セレン-Seの頭文字をとって命名されているCIS、化合物系薄膜太陽電池の変換効率が、多結晶系の太陽電池並みになったということです。

 また本日のシャープの化合物3接合型太陽電池セルは、集光型太陽電池として、世界最高変換効率44.4%を達成したということです。

 すこしづつ、確実に進化する技術。さらに将来に期待しています。

[ カテゴリー : おすすめエントリー ]





ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。



greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 平成25年度 新エネ大賞の募集が開始されました | トップページ | 太陽光発電は、その結果を知り、計測して”なんぼ”の時代がやってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/57635609

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽電池の進化 ソーラーフロンティアとシャープの変換効率の話題:

« 平成25年度 新エネ大賞の募集が開始されました | トップページ | 太陽光発電は、その結果を知り、計測して”なんぼ”の時代がやってくる »